安産・子授け祈願の帯解寺

奈良市今市町の安産祈願のお寺・子安山 帯解寺(おびとけでら)へ。 妊婦さんがたくさん来られるお寺なので、近くにはたくさんの無料駐車場があります。 手水場 鐘楼で鐘を撞きました。 境内図です。 3月と11月に秘仏公開があり、今年の3月は3日~17日までの公開ということで、本日は最終日。 本坊にて拝観料@500円(通常時は400円)を納め、本堂へ。 …

続きを読む

敦賀の地魚をいただける、奈良のお寿司やさん

奈良県大和郡山市の酒舟寿司へ。 1日5食限定という『プレミアムランチ』@1800をいただきました。 本日のお造り、今週の一品、サラダ、にぎり5ヶ、赤だし、コーヒー・デザートつき。 サラダ お造り 甘エビが美味しくて、おかわりしたくなりました♡ こちらのマスター、福井県の敦賀港まで自ら仕入れに行かれるそうで 海のない奈良県で、敦賀の美味しいお魚がいただけま…

続きを読む

近江最古の大社・白髭神社

滋賀県高島市の白髭神社へ。 湖中大鳥居 鳥居の向こうに見えるのは、びわ湖に浮かぶ有人島・沖島。 もっと近づいて撮影したかったのですが、道路は横断禁止。 手水場 本殿と拝殿(重文) 猿田彦命が祀られています。 別の角度から(向かって左側が本殿、右側が拝殿)。 拝殿は、折上小組格天井という格式の高いものになっています。 境内図…

続きを読む

スダジイの巨木・大清寺

滋賀県高島市の びわ湖108霊場・第20番の高光山 大清寺(だいせいじ)へ。 鐘楼で鐘を撞きました。 庫裡のブザーを鳴らし、拝観希望を申し出ると、ご住職の奥様が出て来られ 本堂の扉を開けて下さいました。 外陣から拝ませていただきました。 須弥壇にご本尊の阿弥陀如来様と、脇侍に勢至菩薩様と観音菩薩様。 美しい阿弥陀様です。 脇侍の小さな菩薩様も…

続きを読む

僧侶が座禅しているような花・ザゼン草

座禅草(ザゼンソウ)っていう植物をご存知でしょうか? 私は全く知らなくて、滋賀県高島市のことを調べているときに めーっちゃ気になるお花を発見!! 高原の湿地帯などに自生していることが多く 平地で観られるのは、高島市今津町だけだそうです。 ざぜん草群生地へ。 駐車場に示されていた地図 そしてこれが、ザゼンソウ。 お坊さんが座禅を組む姿に似ていることか…

続きを読む

田舎総菜バイキング

道の駅くつき新本陣にあるお食事処さとへ。 1080円(税込)で田舎総菜のバイキングがいただけます。 道の駅でバイキングって、珍しい~!! 種類はそんなに多くないのですが、おばちゃんたち(私もおばちゃんですが)の 手作り感あふれるお料理が美味しいです。 かぼちゃの煮つけ、サバの塩焼き、紅白なます、白見魚のフライ、ナスの天ぷら、きんぴらごぼうetc. お味噌汁が具沢山…

続きを読む

朽木の名刹・興聖寺

滋賀県高島市にある関西花の寺二十五ヶ所の第14番高巌山 興聖寺(こうしょうじ)へ。 司馬遼太郎の『街道をゆく』の第1巻「湖西のみち」で紹介されているお寺だそうです。 冠木門 苔に覆われ、気持ちのいい境内 鐘楼は撞いていいかわからず、遠慮しました。 庫裡にて拝観を申込@300円。 庫裡から廊下を渡って、本堂内へ。 須弥壇の上…

続きを読む

葛川息障明王院と地主神社

滋賀県大津市葛川坊村町にある明王院こと阿都山 葛川息障明王院(かつらがわそくしょうみょうおういん)へ。 近畿三十六不動尊27番、びわ湖108霊場18番札所で、比叡山無動寺の奥之院です。 駐車場に車を停め、ふと見ると・・・霜が降りています。 大阪は暖かいので油断していましたが、滋賀県は寒かった。 赤い三宝橋を渡ります。 政所表門(重文)から入り 納経…

続きを読む

読書記録2018.10~2019.02

昨年10月から今年2月までに読んだ本。 なんとたった4冊(^_^;) 『夏の裁断』 島本理生 文春文庫 読み始めてすぐに、主人公に興味がなくなってしまい、 なかなか読み進めることができず(^_^;) 「本を自炊する」という言葉を初めて知りました。 『宮崎勉事件 塗り潰されたシナリオ』 一橋文哉 新潮文庫 1988年から約1年間にわたり起きた、幼女を対象とした連続誘拐殺人…

続きを読む

広重に描かれた石薬師寺

三重県鈴鹿市にある西国四十九薬師霊場第33番札所・高富山 瑠璃光院 石薬師寺へ。 歌川広重が東海道五十三次の44番目「石薬師宿」に、このお寺の全景を描き 山下清も同じく東海道五十三次に「冬の寺」と題して、まさにここから見える景色をペン画で描いています。 手水場 本堂前の燈籠には「日光遍照」と「月光遍照」と書かれています。 …

続きを読む

伊勢神宮(内宮・月読宮)

伊勢神宮の外宮・月夜見宮・倭姫宮の参拝後、10分ほど車で移動。 内宮の駐車場は1時間待ちになっていますΣ(゚д゚lll)ガーン 外宮に行く前に通った時は、まだ余裕があったのになあ・・・ 「あと3台だけは入れますよ~」と誘われるままに、 神宮会館の駐車場に停めました(2時間800円) 前回の参拝は、2013年3月です。 宇治橋のあたりは、すごい人です。 内宮(ないくう)は右…

続きを読む

伊勢神宮(外宮・月夜見宮・倭姫宮)

三重県伊勢市の伊勢神宮へ。 前回の参拝は、2013年3月で、その前は小学校の修学旅行。 外宮を先に参る方が正式とされているので、まずは外宮(げくう)から。 境内図。 表参道火除橋を渡ります。 外宮は左側通行。 手水舎で清めます。 神楽殿 五丈殿・九丈殿 正宮の古殿地(こでんち) 前回の遷宮まで御殿が立っていた場所…

続きを読む

オーシャンビューな浜の雅亭・一井

今回の1泊は急に思い立って、家を出てから車で移動中に、お宿の予約をしましたので 希望していた伊勢市からはちょっと離れた鳥羽市のお宿。 相差温泉 浜の雅亭 一井です。 【お部屋から見る絶景に感動!夕食は伊勢エビ+あわび+和牛!美人の湯で癒される温泉旅行】プラン。 目の前は、誰もいない海~(〃▽〃) お部屋もオーシャンビュー! 夕食は、残念ながら部屋食ではありませ…

続きを読む

伊勢シーパラダイスで超ふれあい体験♪

夫婦岩のすぐ近くにある、伊勢シーパラダイスへ! 入場料@1600のところ、JAF割引にて@1520にて。 ペンギン、セイウチなどの雛飾りがお出迎え~♪ 入ったのは、15時すぎ。 駆け足で洞窟水槽エリアやペンギンの森を見て 15:20からの「セイウチお散歩タイム」に合わせ、海獣広場へ。 めっちゃデカイ! めっちゃ近い! 「大きなくりの木の下で」の手遊びなどを…

続きを読む

お伊勢参りの前に・二見興玉神社

明日は伊勢神宮に参拝予定なので、その前に・・・ 三重県伊勢市の二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)へ。 古来、伊勢神宮に参拝する前は、清き渚と称される二見浦で禊を行うのが慣わしだったそうです。 前回の参拝は、2013年3月で、その前は小学校の修学旅行(笑) まずは龍宮社。 海の守り神である綿津見大神を御祭神とする神社です。 夫婦岩 沖合約7…

続きを読む

伊勢神宮の奥之院の奥之院・庫蔵寺

三重県鳥羽市の丸興山 庫蔵寺(こぞうじ)へ。 伊勢神宮の鬼門を守る寺として、朝熊山の金剛證寺は伊勢神宮の奥之院と呼ばれています。 その金剛證寺の奥之院が、丸興山 庫蔵寺です。 825年に弘法大師様によって開かれた古刹。 拝観は要予約とのことなので、電話をしましたが、どなたも出られず・・・ とりあえず向かってみることにしました。 「鳥羽レストパーク」(墓地)を通り過ぎ この看板の…

続きを読む

丹生大師こと神宮寺

三重県多気町の西国四十九薬師霊場第35番札所・丹生山 神宮寺 成就院へ。 「ふれあいの館」の駐車場に車を停めました。 太子堂 仁王門は修復工事中でした。 再建以来400年ぶりの修復だそうです。 2019年10月20日に落慶法要が行われます。 弁天社 蔵かと思ったら、閻魔堂だったようです(^_^;) 鐘楼で鐘を撞きました。 …

続きを読む

ひのやくし法界寺

京都市伏見区の西国四十九薬師霊場第38番札所・東光山 法界寺へ。 「ひのやくし」として知られています。 庫裡にて、拝観料@500円を納めます。 鐘楼は境内の一番奥にあり、撞くことはできません。 まずは本堂の薬師堂(重文)へ。 秘仏のご本尊・薬師如来様(重文)と十二神将(重文)が祀られている内陣は全く見えませんが、ご本尊様の写真が飾られていました。…

続きを読む

石段は覚悟して上るべし・桑實寺

滋賀県近江八幡市の、西国四十九薬師霊場第46番札所・繖山 桑實寺(くわのみでら)へ。 標高433メートルの繖山(観音寺山)の中腹にあります。 「桑實寺会議所」の前に車を停めました。 安土町のマンホール 永楽通宝銭がデザインされています。 約400m、600段以上の石段を登って行きま~す! 山門 境内図 石橋を渡り 上ります。 …

続きを読む

長浜の美味しいラーメンやさん

滋賀県長浜市、麺屋 號tetu にて、美味しいラーメンをいただきました。 専用駐車場はなく、すぐ近くにある100円パーキングに駐車。 この駐車場の入口が、ちょっとわかりにくいので要注意です。 ラーメンやさんに近い、一見 入口に見えるところは出口なので、 その道を北に向かい、一筋目を左折すると駐車場の入口があります。 開店は11時半。 私たちが着いたのは、11時15分。5名…

続きを読む