2017年04月23日

西国三十三所(二)・善峯寺

次に向かったのは、20番札所・京都市西京区にあります善峯寺
巡礼一度目の日記はコチラ
紫陽花の季節に参拝したときの日記はコチラ

1716年建立の山門。
IMG_1225.JPG

1692年建立の観音堂(本堂)。
IMG_1230.JPG
こちらのご本尊様は、十一面千手観世音菩薩さま。
毎月第2日曜にご開帳されるそうなので、また日を合わせて来よう!

手水舎は、竹を使ったもので、とても珍しい形(〃▽〃)
IMG_1233.JPG
(写真ではわからないですね汗)

お守り納めどころの犬・・・前回とは別の角度で撮ってみました笑
IMG_1234.JPG
右側のワンコがお気に入り( *´艸`)

善峯寺では、あちらこちらで【九目結紋(ここのつめゆいもん)】を見かけます。
灯籠にも。
IMG_1238.JPG
これは桂昌院さま(徳川家光の側室で、5代将軍・綱吉の生母)のご紋なんですねぇ。

日本一の遊龍の松。 樹齢600年以上、全長37m。
IMG_1246.JPG

絵馬奉納所となっている経堂。
IMG_1242.JPG

1621年建立の多宝塔(重文)。
IMG_1244.JPG

「白山 桜あじさい苑」は、しだれ桜がだいぶ葉桜になっていました。
IMG_1252.JPG

奥之院の薬師堂へ。
IMG_1272.JPG
こちらの薬師如来さまは
桂昌院さま出生の由緒により、玉の輿へと導いた「出世薬師如来」と崇められ、
「開運出世」の信仰を集めているそうです。

このあたりで咲いていた 乙女椿。
IMG_1271.JPG

けいしょう殿のあたりは、八重桜が満開でした。
IMG_1275.JPG

阿弥陀堂から本坊へと下る道。
IMG_1285.JPG

高野山よの移植された、樹齢300年の高野槙。
IMG_1286.JPG

本堂脇の、閼伽井の井戸。
IMG_1291.JPG

駐車場から見た文珠寺宝館(無料)。
IMG_1297.JPG
平成12年に建立されました。
約300点の仏像・絵画・書跡・染織・陶器などの文化財が所蔵されています。

いただいた御朱印です。
IMG_0001.jpg
裏の墨がにじんだところがあります (lll-ω-)ズーン
御朱印帳、紙が薄いのかな? 
間に紙をはさむのを忘れないよう要注意。

そして散華。
IMG_1298.JPG
posted by のりたま at 23:00 | 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西国三十三所(二・再)・三室戸寺

午前中はコーラスの練習に参加し、午後一番で向かったのは京都。
昨日に続いて、今日も西国三十三所、巡礼の旅へ。
本日参拝した札所は、10番と20番。
IMG_6997.JPG

まずは10番札所、宇治市の三室戸寺
4年ぶり5度目の参拝です。 前回の日記はコチラ
IMG_1151.JPG

山門のあたりは、ベニバナトキワマンサクが、満開です。
IMG_1150.JPG

IMG_1153.JPG

手水舎の水は、霊泉不動水というそうで
IMG_1154.JPG

石像の不動明王様。  なかなかの怖い形相。
IMG_1155.JPG

「源氏物語」宇治十帖の浮舟の古跡碑。
IMG_1157.JPG

鐘楼で鐘を撞き
IMG_1169.JPG

三重塔
IMG_1179.JPG

このあたりには、かわいいドウダンツツジが咲いていました。
IMG_1180.JPG

本堂へ。
IMG_1185.JPG

本堂に安置されているご本尊、千手観世音菩薩様は秘仏なので
本尊厨子の前には、二臂のお前立ち様がおられます。
このお前立ち様が、めっちゃ可愛くて大好きです♡

本堂の屋根を支える軒下の・・・虹梁(こうりょう)っていうんでしょうか。
IMG_1160.JPG
彫刻がすてき。

阿弥陀堂。
IMG_1181.JPG

三室戸寺でも、西国三十三所草創1300年記念の特別拝観として
4月1日から30日のあいだ、宝物館にて 重要文化財の仏像のご開帳が。
IMG_1164.JPG
阿弥陀三尊(阿弥陀如来・観世音菩薩・勢至菩薩)、釈迦如来、毘沙門天(いずれも藤原時代)。

毘沙門天様の手前に、小さな小さな宇賀神さまが!!
のぞきこんで見ないとわからないところに。

観世音菩薩・勢至菩薩さまは正座をされていて、後ろから見ると足の裏が拝めるそうで
毎年11月の土日祝に、特別拝観(観音様の足の裏を拝する会)が行われます。

参拝後は、広い庭園を散策♪ 5000坪だそうです。
枯山水庭園
IMG_1193.JPG

左下のピンクの花、なんの花でしょうか・・・
IMG_1206.JPG

2万株のツツジは残念ながらもう少し先のようです。
1千本のシャクナゲは、ツボミが多かったのですが、咲いているものもありました。
IMG_1199.JPG

IMG_1202.JPG

参道からは茶畑に見えたこんもりした緑は、近づいてみると
シャクナゲだったんですね!
IMG_1219.JPG
ゴールデンウイークごろ、見頃かもしれません。

八重桜も満開でした。
IMG_1216.JPG

相方がいただいた御朱印と
IMG_0003.jpg

私がいただいた重ね印。
IMG_0002.jpg
5年前と同じ方が書いて下さったようですね!

散華です。
IMG_1299.JPG
posted by のりたま at 21:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

粉河の古民家カフェでほっこり

和歌山県紀の川市、JR「粉河」駅からすぐのところに
とても素敵なお店をみつけました!!

創 -HAJIME- Cafeです。

木・金・土のみの営業だそうです。
IMG_1013.JPG

築100年以上の古民家を改装されたお店。
IMG_1009.JPG
向かって左側に入口があります。

いい雰囲気〜♪
IMG_1008.JPG

IMG_1006.JPG

このテーブルと椅子、いいなぁ〜。。。
IMG_1002.JPG

広い土間にはテーブル席と、一人でも座りやすいカウンター席があり
靴を脱いで畳の部屋に上がるとと、いくつか座卓がありました。
最初、座卓に座ろうとしたんだけど、相方の体格では座れないことがわかり(笑)
土間のテーブル席へ( *´艸`)

ランチは2種類。
定番の熊野牛カレーのランチと、季節の限定ランチ@1000
IMG_1003.JPG

季節のランチをいただきました。
IMG_1005.JPG

・春キャベツと野菜たっぷりメンチカツ
・洋風たまご蒸し
・お豆の一品
・ブロッコリーのスープ
・サラダ ・ピラフ

このメンチカツ、おかわりしたかったです(〃▽〃)
ピラフやブロッコリーのスープも、美味しい。

相方は、食後のコーヒー(+250円)を。
ご飯を食べ終わるころに、自家焙煎の豆を挽いて、ハンドドリップで淹れて下さいました。
(写真はなし)

店内はとても静かで、ゆったりした気持ちいい時間が流れていました。

お庭に咲いていた オステオスペルマム・ナシンガ
IMG_1014.JPG

蔵の前に、喫煙できるスペースもありました。
IMG_1010.JPG

創-HAJIME-cafeカフェ / 粉河駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

posted by のりたま at 23:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもんやさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西国三十三所(二)・施福寺

本日最後は、和泉市にある第4番札所・施福寺(せふくじ)へ。
6年半ぶり、二度目の参拝です。一度目の日記はコチラ
槇尾山の山腹、標高530mほどのところにあるお寺で、
最寄りのバス停留所や駐車場から、徒歩で1km、片道30分ほど山道を登ります。
IMG_1142.JPG

少し行くと、八丁の石碑。
IMG_1141.JPG

めちゃ急な坂を10分ほど登ると、楼門があります。
ここで六丁(1丁は約110m)。
IMG_1100.JPG
1845年の山火事で、唯一無事だった楼門は、施福寺で一番古い建築物です。

これまでは、舗装された急坂を登る感じでしたが
いよいよ山道に入っていきます。
IMG_1107.JPG

さらに20分ほど登ると、ようやく一丁の石碑(〃▽〃)
IMG_1108.JPG

弘法大師様のご剃髪所跡。
IMG_1109.JPG

山吹がきれいに咲いています。
IMG_1112.JPG

その先には、弘法大師御髪堂。
IMG_1113.JPG
施福寺は、若き日の空海(弘法大師様)が剃髪・得度したお寺だそうです。

そしてやっと見えてきた本堂。
IMG_1116.JPG

手水舎で手と口を清め
IMG_1131.JPG

本堂へ。
IMG_1123.JPG

灯籠の細工が素敵!
IMG_1126.JPG

こちらのご本尊は秘仏で、毎年5月1日〜15日に御開帳されるそうなのですが
西国三十三所草創1300年記念事業の一環で、今回 ご開帳されていました!
ボランティアの方が、案内して下さって、内陣に入ります。

お寺のご本尊様は、真ん中 丈六の弥勒菩薩坐像。
丈六(じょうろく)とは、仏様の背丈の一基準で、1丈6尺 (約4.85m)のこと。
坐像の場合は、その半分の背丈です。
弥勒菩薩様を中央に、左手に西国三十三所の十一面千手千眼観音様、右手は文殊菩薩様。

隣の部屋に移動すると、今度は丈六の方違大観音像。
日本で唯一の方違観音様です。

さらに奥、弥勒菩薩様の裏側へ。
空海と最澄、眷属(けんぞく)28部衆、なで仏様などが祀られていました。

最後の部屋では、60年ぶりにご開帳されたという馬頭観音様。
なんと! 
まるでビリケンさんのように、膝を立て、足の裏をこちらに向けて座られています。
このような姿勢の仏さまは初めてみました。

西国三十三所の各観音様が集められた観音堂。
IMG_1120.JPG

花山法皇が3番札所の粉河寺から施福寺に向かう途中で道に迷い、
馬に導かれて無事に着いた・・・という伝説にちなんだ馬の像。
IMG_1128.JPG

朗報です! お寺のトイレが新しくなってました!
中には入っていないので、水洗かどうかは未確認ですが、おそらく(ノ∀`*)ペチョン

相方がいただいた御朱印と
IMG_0003.jpg

私がいただいた御朱印。
IMG_0007.jpg

散華です。
IMG.jpg
posted by のりたま at 22:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十禅律院(粉河寺隣接)

粉河寺(紀の川市)の、奥の院か塔頭かと思われる場所に
十禅律院(県指定文化財)という天台宗のひっそりとしたお寺がありました。
竜門づくりの「築地門」から入ります。
IMG_1085.JPG

IMG_1061.JPG

シャガ(射干)がたくさん咲いています。
IMG_1083.JPG

大きな木は、伊吹。
IMG_1068.JPG

護摩堂。
IMG_1071.JPG
オオデマリがきれいです(〃▽〃)

阿弥陀如来様が安置されている本堂。
IMG_1073.JPG

庫裏の玄関から入り、枯山水庭園・洗心庭へ。
IMG_1075.JPG

庫裏から本堂へ向かう回廊にある鐘。
IMG_1077.JPG

お寺の方にお話を聞くと、もともと粉河寺の塔頭でしたが、独立して別宗のお寺となったそうです。
檀家さんがおられず、最近はあまり手入れをされていないとのことで
あちらこちらが痛んでいるのが痛々しく、物悲しい気持ちになりました。
posted by のりたま at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西国三十三所(二・再)・粉河寺

次に向かったのは3番札所、紀の川市にある粉河寺
1回目の日記はコチラ、2回目の日記はコチラです。
ということで、こちらも3度目の参拝です。

広い境内なので、まずはパンフレットの境内図を。
IMG_0001.jpg

大門(重文)1706年建立、総欅造り。
とても貫禄がありますよね!

IMG_1016.JPG

不動堂。
IMG_1019.JPG

童男堂。1679年建立。
千手観音の化身、童男大士さまが祀られています。ご開帳は毎年12月18日。
IMG_1022.JPG

童男大士さまが出現したとされる「出現池」。
IMG_1030.JPG

隙間から中を見ると
正面には童男大士さま、三角堂には千手観音さまが祀られています。
IMG_1026.JPG

念仏堂。
IMG_1032.JPG

ここね、毎回 思いますが・・・斬新ですよねぇ〜。
IMG_1033.JPG

放生池。
IMG_1034.JPG

手水舎。
IMG_1037.JPG

身代わり地蔵尊。
IMG_1038.JPG

中門(重文)。1832年建立。
IMG_1039.JPG

丈六堂。1803年建立。
阿弥陀如来様が安置されています。
IMG_1041.JPG

国指定名勝・粉河寺庭園(桃山時代)。
IMG_1042.JPG
本堂を仰ぎ見る前景として築かれた石組み。
日本庭園の中でも先例のない様式だそうです。

そして、本堂(重文)。770年創建。現存の本堂は1720年に再建。
西国三十三所の中では、一番大きな本堂です。

IMG_1043.JPG

IMG_1047.JPG

柱にもこんな装飾。ステキ!
IMG_1090.JPG

こちらの香炉、とても印象的! 象さんかなー??
IMG_1044.JPG

ご本尊さまは、絶対秘仏でお前立様もありません。
受付をされている方にお聞きすると、厨子の中に井戸のようなものがあって、
その中に祀られているそうです。
内陣背面に安置された「裏観音」の千手観音さまに手を合わせました。
内陣には、野荒らしの虎も。(写真は看板を撮影したもの)
IMG_1097.JPG

千手堂(重文)では、3月25日から5月7日まで、西国三十三所草創1300年記念の一環で
千手堂のご本尊、千手観音様が9年ぶりに御開帳されていました。
IMG_1046.JPG

千手堂でいただいた御朱印です。
IMG_0004.jpg

鐘楼。
IMG_1057.JPG

立派なクスノキ。
IMG_1054.JPG

六角堂。
IMG_1088.JPG

本堂で、相方がいただいた御朱印です。
IMG_0002.jpg

私は重ね印で。
IMG_0006.jpg
「大悲殿」と書かれています。

散華には「力」の文字。
IMG_0010.jpg
posted by のりたま at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西国三十三所(二・再)・紀三井寺

西国三十三所 巡礼の旅。
先週に引き続き、今週も行ってまいりました、和歌山( *´艸`)

本日 参拝したのは、札所の2番から4番。
IMG_6964.JPG

まずは2番札所、和歌山市の紀三井寺へ。
1回目の日記はコチラ、2回目の日記はコチラです。
ということで、3度目の参拝となりました。

到着したのは、8時45分。まだ参道のお土産屋さんも閉まってます。
楼門(重文)1509年建立。
IMG_0934.JPG

紀三井寺には、名前の由来となった三つの井戸(三井水)があります。
楼門の手前右側に「懺悔と招福の水場」というのが出来ていました。
ここに流れているのは「清浄水」の湧き水。
IMG_0937.JPG

楼門から入り・・・
231段の石段を登るのですが、これがけっこう急なのでちょっと怖い。
左側の石垣がすごいです!
IMG_0939.JPG

途中、「清浄水」の湧き水が、滝になっているところがあります。
IMG_0942.JPG

さらに上がると
少し脇道にそれたところに、「楊柳水」もありました。
IMG_0951.JPG

あと一ヶ所・・・「吉祥水」は、みつけることができませんでした (lll-ω-)ズーン
帰ってから、じっくりパンフレットを見ると、裏門の近くにあったようです。。。
IMG_6965.JPG

もとい。 手水舎で手と口を清め
IMG_0958.JPG

本堂(1759年建立)へ。
IMG_0984.JPG

IMG_0960.JPG

西国三十三所草創1300年の特別拝観ということで
本堂内陣に入らせていただけました(5月7日までの土日祝限定)。
秘仏の十一面観世音菩薩さまと千手観世音菩薩さまのお前立様。
厨子の中には、二体仲良く 安置されているそうです。
50年に一度のご開帳、次回は2020年。3年後ですね!

多宝塔(重文)1449年建立。
IMG_0971.JPG

大師堂。
IMG_0978.JPG

立派な楠木。
IMG_0979.JPG

鐘楼(重文)1588年建立。
IMG_0983.JPG

六角堂。1750年建立。
IMG_0986.JPG

仏殿には・・・
IMG_0987.JPG

木造の立像としては日本最大(12m)の大千手十一面観世音菩薩様。
IMG_0996.JPG
フラッシュを焚かなければ、撮影OKだそうです。

こちらの3階からは、いい眺め。
IMG_0990.JPG
沖ノ島も見えました。

伽藍もよく見えます。
IMG_0994.JPG

相方がいただいた御朱印です。
IMG_0001.jpg

そして私がいただいた重ね印。
IMG_0005.jpg
「救世殿」と書かれています。

散華です。
IMG_0009.jpg
posted by のりたま at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

福菱本店限定・生かげろう

大阪から那智勝浦へ向かう高速道路にて、ものすごく気になる看板を発見!
一瞬で通り過ぎたので、文言などは記憶があいまいですが
和歌山銘菓「かげろう」の【生かげろう】が、白浜にある福菱さんの本店のみで食べられるというもの。

かげろう、好きなんです〜。
しかも本店でしか食べられない【生】のかげろう。
気になります! 行きたい!

まずは本日の目的地・青岸渡寺へ行き、帰りに少し遠回りしてもらうことに。
紀勢自動車道を降り、白浜に寄ってもらうことにしました。

白浜の福菱本店内にあるKagerou Cafeでーす。
IMG_0923.JPG

IMG_0924.JPG

生かげろうのプレーンと、季節限定いちご生かげろうをいただきました♡
IMG_6889.JPG
飲み物は、塩キャラメルラテ。

生かげろうは、中のクリームが生クリームなんです♡
美味しい(〃▽〃)(〃▽〃)(〃▽〃)
生地はサクサクで、お口に入れるとホワ〜っと消えていきます。

テラス席は、目の前に漁港があり、素敵なロケーション♪

帰り際、ふと目に入ってしまった【アイスかげろう】
IMG_0925.JPG
あ。一回開けて、何気に戻してのパチリw

駐車場で食べましたが、こちらもモナカのようで、なかなか美味!
IMG_6893.JPG

白浜に行く機会があれば、ぜひぜひ( *´艸`)

福菱 Kagerou Cafeカフェ / 白浜駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


posted by のりたま at 23:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもんやさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩屋崎・串本・すさみ・白浜

青岸渡寺・那智大社に向かう途中、気になったポイントがいくつかあり
帰り道に寄ることにしました。

まずは国道42号線、那智勝浦町・岩屋崎の奇岩です。
蜂の巣状の風蝕痕がスゴイ。
IMG_0859.JPG

観光地ではないので、車を停めるところがなく、少し行った先に停め・・・
走って戻り、トラックやバスにひかれそうになりながら撮影しましたっ!
良い子は真似しないで下さい(笑)

そして、本州最南端・串本町の奇岩群・橋杭岩
IMG_0877.JPG
約40の岩が、南西一列におよそ850メートルにわたって、そそり立っています。
圧巻!

まん中に写っている後ろ姿がワタクシ( *´艸`)
IMG_0879.JPG
1400万年前のマグマと、その後の隆起・海水による彫刻がもたらした自然のオブジェ。
外国からの観光客がたくさん。

小さく見える石も、近づくとけっこう大きい。
IMG_0883.JPG

橋杭岩を眺めながら、道の駅「くしもと橋杭岩」でいただいたのが、
天然まぐろのメンチカツバーガー!(相方の手ですw)
IMG_6878.JPG

そして1日限定10食の天然まぐろカツサンド。
IMG_6879.JPG
二人で分け合ったのですが、お味がシンプルすぎて、ちょっと物足りなかったなぁ。

次は、串本海中公園
強風につき、残念ながら海中観光船は欠航。

どうしても気になることがあったので、海中展望塔へ行き、
IMG_0897.JPG
係員の方に・・・今まで35年間、ずっと謎だったことを尋ねたくて、話しかけてみました。

「昔、ラジオのCMで流れてましたよね〜・・・」
係員の方、めちゃ若い人だったので、ラジオCMのことはご存じではなく
それ以上は尋ねることができませんでした。

串本の海、めっちゃきれい〜!
IMG_0890.JPG

水族館の中に入らなくても、ウミガメを見ることができました\(^o^)/
IMG_0903.JPG
めちゃデカイ!!

疑問がとけず、悶々としたまま帰る道すがら、
橋杭岩で撮った自撮り写真を Facebookに載せると
なんと串本町が地元だという友達から返信が!
さっきの疑問を問いかけてみました(〃▽〃)

私が学生の頃、いつも聞いていた毎日放送ラジオ「ヤングタウン」。
合間に流れるCMで
♪ここは〜串本、海中こ〜えん、海のき〜れいは、日本いぃ〜ち♪の歌のあと
「串本節の町長やけ、ヤニコええさけ、また見んに来てくらんしよ」というセリフ。
ヤニコってなんやろ???
記憶違いやろか・・・聞き間違いやろか・・・
そんな疑問を元同級生に投げかけてみると、なんと「ヤニコ」=「凄く」やて!
ヤニコで合ってた〜(^_^)v すっきり! ありがとう!!

そしてこの旅で、気づいたこと。
和歌山の国道には隧道(ずいどう)が多い!
IMG_6885.JPG
右側には「和深トンネル」の看板がありますが、よく見ると左側には「和深隧道」の表示。
私・・・隧道が好きということに気が付いてしまった( *´艸`)

隧道 = トンネルなんですが
トンネルという言葉が浸透する前の、日本語表記なんですね。
だから「隧道」という看板がついたトンネルは、暗くて狭くてちょっと怖い。
でも、なんともいえない情緒を感じる私って・・・変?(笑)

その先、ケンケン漁で有名な、すさみ町の道の駅へ。
すさみ町立エビとカニの水族館が併設されています。

こちらでは、イノブタ(イノシシが父、ブタが母)のフランクがいただけました。
IMG_0913.JPG
臭みはなく、ジューシーで美味しかった〜♡

少し遠回り(紀勢自動車道を降り)、贅沢な寄り道。
白浜の福菱本店(日記は後述します)でお茶をして
最後にとれとれ市場南紀白浜に寄り
しっかり夕食のお寿司も買って、無事に12時間の旅を終えました。
相方、お疲れ様でした〜(〃▽〃)
posted by のりたま at 22:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊野那智大社・那智大滝

青岸渡寺に参拝したあとは、隣接している熊野那智大社へ。
IMG_0824.JPG
青岸渡寺が三度目ならば、熊野那智大社も三度目ですw
一度目の日記はコチラ、二度目はコチラ

上の写真は、青岸渡寺からの入口で
こちらが参道からの鳥居。
IMG_0845.JPG
桜がきれいです♪

こちらは今年、創建1700年だそうです!!
IMG_0828.JPG

御縣彦社(みあがたひこしゃ)と八咫烏の銅像。
IMG_0830.JPG

樟霊社(しょうれいしゃ)。 樹齢約850年の樟が御神木。
IMG_0836.JPG

願い事を書いた護摩木@300円を持って、中に入りました。
IMG_0839.JPG

幹が空洞になっていて、いわゆる「胎内くぐり」です。
IMG_0825.JPG

かなり急なハシゴで木の反対側に出ます。
なかなか貴重な体験♡
IMG_0840.JPG
出口の先に、護摩木を納めるところがありました。

八咫烏のおみくじ。
IMG_0837.JPG
写真ではわかりませんが、正面から見るとちゃんと3本足が描かれています。

那智大社参拝後は、参道を少し下り、熊野那智大社の別宮、飛瀧(ひろう)神社へ。
IMG_0854.JPG

世界遺産・那智御瀧です。
IMG_0848.JPG

高さ133m・銚子口の幅13m ・瀧壺の深さは10m。
流下する水量は普通毎秒1トン程度。
滝自体が御神体なので、本殿も拝殿もありません。
あたりはマイナスイオンで満ちていて、とても清々しい。

でも・・・お腹がすいてきたので、早々に退散(^▽^;)
posted by のりたま at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西国三十三所(二・再)・青岸渡寺

西国三十三所 巡礼の旅。
2010年10月から1年かけて、バスツアーに参加して、無事に満願。
2012年4月、二度目の満願目指して、出発しましたが
半分ほどまわったところで、諸事情により中断しておりました(T_T)

5年ぶりに心機一転、第1番札所青岸渡寺(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)から やり直すことにしました!
1回目の日記はコチラ、2回目の日記はコチラをどうぞ!

今度の相棒は相方です。新しい道が出来ていて、かなりスムーズに行けました(*^▽^*)
6時15分に家を出て、一度休憩をはさみ、9時40分に到着。
IMG_0782.JPG

青岸渡寺は、過去2回ともバスツアーで行ったので、手水場をじっくり見たのは初めてかも。
IMG_0792.JPG

香炉をのぞきこんでいるような獅子が、めちゃカワイイ( *´艸`)
IMG_0789.JPG

本堂(重文)にて読経。
IMG_0791.JPG
唱えるお経は
開経偈(かいきょうげ)1回、懺悔文(さんげもん)1回
般若心経 1回、延命十句観音経 3回
御本尊真言 3回 (青岸渡寺は如意輪観世音菩薩様なので「おんばらだはんどめいうん」)
回向文(えこうもん) 1回

ご本尊、如意輪観世音菩薩様は秘仏で、年に3回(2、4、8月)ご開帳があるようなのですが
はっきりとした日にちはわかりません。
とてもきれいで優美なお姿のお前立様が祀られています。
HPの方をぜひ見て下さい。

日本一大きな鰐口(直径1.4m)の重量は450s。
鳴らすと落ちてこないかと心配になるほど。

階段を少し登って、初めて拝ませてもらったのが、大黒堂(如法堂)。
大黒天様と六福神が安置されています。
IMG_0816.JPG

大黒堂から見た鐘楼。
IMG_0817.JPG

左が水子堂で、右端に少し写っているのが、重文の宝篋印塔(^_^;)
IMG_0798.JPG

1972年、400年ぶりに再建された三重塔は、残念ながら鉄筋コンクリート造り。
IMG_0800.JPG
今回、初めて中に入ってみたのだけど、三重塔は遠くから眺めるだけの方が良かったかも。。。

塔内からは、那智大滝が滝壺まで見えました。
IMG_0804.JPG

さてさて今回あらたに購入したものは
ピンク色の輪袈裟(相方用)。
金糸で刺繍されているのは、「那智山寺」の文字と輪宝。
IMG_0930.JPG

いただいた御朱印には、「普照殿」と書かれています。
法華経に出てくる「普明照世間」という言葉からとられたそうです。
IMG_0002.jpg
左上の朱印が、西国三十三所草創1300年記念の特別印(^-^)
2018年、西国三十三所は草創1300年を迎えるので、今年の1月から始まったそうなんです。

私は重ね印でいただきました。
IMG_0001.jpg
このご朱印帳は、西国三十三所専用のご朱印帳なので、
寺名・ご本尊・ご詠歌・宗派・開基などが印刷されています。

いただいた散華です。
IMG_6897.JPG
これはJRの企画ものなのですが、西国の札所で御朱印を受けると、誰でもいただけます。
各札所の山主(ご住職)が観音経の一字を書かれたものだそう。

ちなみにこちらは、一度目の満願で完成した特製散華。
IMG_6919.JPG
この時とデザインが変わっているので、また完成させるぞ〜♪

最後に、素晴らしい地図をみつけたので、貼っておきます!感謝!
posted by のりたま at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

小野小町ゆかりの寺

次は京都市山科区の、随心院へ。

駐車場からは、まず 弘法大師様が祀られている大乗院。
IMG_6816.JPG

総門から入り
IMG_6799.JPG

庫裏へ。
IMG_6800.JPG

入口には、絶世の美女・小野小町の歌碑があります。
IMG_6801.JPG

奥書院と表書院に囲まれたあたりには、大きなシャクナゲの木がありました。

表玄関の内側から見た薬医門。
IMG_6807.JPG

表書院から本堂を。
IMG_6808.JPG
本堂には、ご本尊の如意輪観世音菩薩さまなどが安置されています。

本堂前の庭園。
IMG_6810.JPG

廊下の電灯がカワイイ♡
IMG_6811.JPG

小野小町化粧井戸です。
IMG_6812.JPG
透明な水がたまっていました。

小野梅園の梅は、まだ花をつけていたので
梅と桜の競演が楽しめました♪
IMG_6814.JPG

posted by のりたま at 23:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

醍醐の桜と三宝院

京都市伏見区にあります世界遺産・醍醐寺の桜を見てきました。
突然行ったので、ご朱印帳もお賽銭用の大量の5円玉もミラーレスカメラもなし。
写真はiphoneにて撮影です。

到着したのは、午後2時。曇り空の平日でも超満員!
IMG_6732.JPG

総門を入ると、三宝院の付近に、拝観券の臨時販売所が開設されていました。
伽藍・霊宝館・三宝院の拝観がセットになっていて1500円です。
ちょっと高いかな・・・と思われるかも知れませんが
醍醐寺は伽藍はもちろんのこと、霊宝館(宝物館)も三宝院(塔頭・門跡寺院)も、見逃すわけにはいきません。

桜の向こうに仁王門。
IMG_6734.JPG

大好きな五重塔。
IMG_6745.JPG

2年前の写真とほぼ同じ構図のものは省略〜w
金堂・観音堂・弁天堂などは、前回の写真をどうぞ〜。

そして霊宝館の醍醐深雪桜。
IMG_6759.JPG
ちょっと違う角度から撮影。まさに満開になったところ。
全く色褪せたり散った花びらもなく、一番きれいな時です! 
晴れてたらなぁ。。。
ちなみに霊宝館には、たくさんの国宝・重文の仏像が安置されています。

醍醐寺の本坊的な存在の「三宝院」に入ると、なんと!嬉しいお知らせ! 
前回は禁止だった写真撮影が、お庭だけOKになってました(*^▽^*)

右奥に見えるのが唐門(国宝)。
天皇家の「菊の御紋」と豊臣家の「五七の桐」が大きく金色に輝いています。
IMG_6775.JPG

豊臣秀吉が基本設計をしたと言われる、池泉回遊式の三宝院庭園。
まずは国宝の表書院から見たお庭。
IMG_6776.JPG
奥の黄緑色の五葉松は亀島。
右側の松が鶴島。

通常拝観は、ここまでなのですが
西国三十三所草創1300年特別拝観の一環として、純浄観・弥勒堂・奥宸殿に入らせてもらうことができました!
(拝観料は500円。5月7日まで)

純浄観から見たお庭(少しだけ高い位置から眺められます)。
IMG_6781.JPG

左奥に三段の滝があり、塀の向こうには仁王門がかすかに見えていました。
IMG_6783.JPG

本堂(弥勒堂)のわきにある「酒づくし」の庭。
苔と白砂だけで瓢箪徳利、盃等を表しているとか。
IMG_6785.JPG

本堂の奥に五社明神があり、その拝殿だけを見ることができました。
IMG_6786.JPG

聖天堂。
IMG_6787.JPG

純浄観の裏側。 
IMG_6791.JPG
池が表の三宝院庭園とつながっています。

純浄観から見た茶室・松月亭。 
IMG_6788.JPG
写真では分かりませんが大きな丸窓があります。

奥宸殿には「天下の三大名棚」のひとつ、「醍醐棚」がありました(撮影禁止)。
特別拝観はかなり見ごたえがあり、良かったです!!
posted by のりたま at 20:00 | 大阪 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

SING/シング

アニメーション映画『SING/シング』を観ました♪
sing.jpg

劇場に活気を取り戻すために開かれた歌のコンテスト。
町中の動物たちがスターを夢見て、コンテストに参加する・・・

ミュージカルアニメと言ってもいいかも。
私が見たのは、吹替え版。
というのも、吹替え版の出演者がすごい。
コアラ:劇場支配人=うっちゃん(内村光良)
ゾウ:アガリ症だけど一番の歌唱力=MISIA
ゴリラ:ギャングの息子=大橋卓弥(スキマスイッチ)
ヤマアラシ:パンク好きの女の子=長澤まさみ
ブタの主婦:25匹の子ブタ達の育児に追われる主婦=坂本真綾
ブタ:斎藤さん(トレンディエンジェル)
ハツカネズミ:山寺宏一

何を隠そうワタクシ、映画館でアニメ作品を観るのは
生まれて初めてです( *´艸`)
楽しめるかどうか、正直 不安でしたが
めっちゃ感動しました!!

名曲がいっぱい流れ、吹替え出演者たちの歌声も素晴らしい。
一番びっくりしたのは、長澤まさみ。
この映画のオリジナル曲を歌っているんやけど、かなりいいっ!
そして、ゴリラとゾウの歌声に泣かされるという・・・ね。
だって大橋くんとMISIAなんだもん。

豚の奥さんは、子どもたちをシッターに頼めず、めっちゃ工夫をするんやけど
それがとても私のツボやった。こーゆーの好き(笑)
昔のTVアニメで見たような。
コアラと羊の洗車シーンは、可愛くて笑けるし泣けるし。

ララランドに続いて、やっぱり音楽っていいな!!!と思える映画でした(〃▽〃)
posted by のりたま at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

琵琶湖を見ながらマクロビランチ

大津のなぎさ公園・湖畔に並ぶ4つのカフェ。
その中で、玄米菜食を中心としたお料理のレストラン「なぎさWARMS」へ。
IMG_6654.JPG

IMG_6655-2.JPG

「お好きなお席へどうぞ〜」と案内いただき、1階の窓際の席に座ったのですが
2階にも席があるとわかり、ワガママ言わせていただいて、2階席へ。
窓際のカウンター席が空いていたので、ラッキー♪
IMG_6663.JPG

琵琶湖を眺めながらいただいたのは、
マクロ美ランチプレート(有機野菜のサラダ&味噌汁付) @1280
IMG_6661.JPG

近江の有機野菜が使われているそうです。
動物性の食材や化学調味料を使わないヴィーガン料理(完全菜食)の盛り合わせ。
肉・魚・卵・牛乳などが使われていません。
ごはんは、雑穀米と玄米を選べたので、私は玄米を。

ごぼうがものすごく柔らかくてビックリ。
厚揚げと炊いた舞茸が美味しい。
そうめんを使ったお料理もお気に入り。
ミンチカツのようなものも、とても美味しかったんやけど、何が入ってたんかなー??
メニューの説明をして欲しかったです。。。

琵琶湖側から見ると、こんな感じ。
IMG_6664.JPG
右端のお店がWARMSさんです。

なぎさWARMSイタリアン / 石場駅島ノ関駅大津駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

posted by のりたま at 20:19 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもんやさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

東海の日光・おせんげんさま

静岡市葵区にあります静岡浅間(せんげん)神社へ。

こちらは神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社からなり
さらに境内には、麓山神社・八千戈神社・少彦名神社・玉鉾神社があります。

長谷通りにある石鳥居。
IMG_0733.JPG

総門(重文)
IMG_0734.JPG

楼門(重文)
IMG_0736.JPG

舞殿(重文)
IMG_0738.JPG

神部(かんべ)神社・浅間(あさま)神社を拝む大拝殿(重文)
IMG_0740.JPG
高さ25メートルで木造神社建築としては、日本一!

八千戈(やちほこ)神社(重文)。
IMG_0741.JPG

50年に一度の漆塗りが終わったばかりでピカピカの大歳御祖(おおとしみおや)神社(重文)。
IMG_0747.JPG

階段を登ると・・・なんと!賤機山古墳(国の史跡)があります!
IMG_0754.JPG

人が近づくと、センサーにより内部の照明がつく仕組みになっていました。
IMG_0751.JPG

わたし的には、門の鳳凰がかわいくてお気に入り。
この古墳から出土された大刀円筒柄頭に施された銀象嵌文様をデザイン化したそうな。
IMG_0752.JPG

さらに山道を進むと、麓山(はやま)神社の拝殿(重文)。
IMG_0757.JPG

同じく本殿(重文)。
IMG_0758.JPG

階段を降り、修復工事中の少彦名(すくなひこな)神社(重文)。
IMG_0767.JPG
すっぽりと幕がかかっていて残念でしたが、幕に写真が貼られていたので
雰囲気だけでもわかって良かったです。

玉鉾(たまほこ)神社。
IMG_0768.JPG

このあたりからは、神部神社・浅間神社の本殿(重文)が少し見えました。
IMG_0771.JPG

いただいた御朱印です。
IMG_0771-2.jpg

静岡浅間神社とは全然関係ありませんが・・・
この旅の最後、浜名湖SAにて、浜松名物をいただきました!
浜松餃子と
IMG_0771-5.JPG

浜名湖産のあおさが入ったラーメンです♪
IMG_0771-4.JPG
フードコートに入ったとき、あおさのいい匂いが充満してたんよね。

そして浜名湖。
IMG_0771-7.JPG
見所満載、美味しいもんいっぱいの2泊3日の旅でした。
ありがとう、静岡! 相方、車の運転お疲れ様!
でも、まだ見てないところもいっぱいあるので、また来るよ〜!!
posted by のりたま at 22:00 | 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登呂遺跡と芹沢_介美術館

静岡市駿河区にある特別史跡・登呂遺跡へ。
面積約7haの登呂遺跡公園の中に、弥生時代の集落・水田遺跡が復元されています。
IMG_0680.JPG

祭壇。
IMG_0696.JPG

竪穴式住居。IMG_0681.JPG

中に入ると、けっこう広い!
IMG_0693.JPG

相方が火おこし体験をしていると、たくさんの人が集まってきました(;´・ω・)
IMG_0686.JPG

恐らく地域のボランティアの方たちかな?
土器炊飯と称して、土器で赤米を炊いておられました。
IMG_0702.JPG

登呂遺跡からの出土品は、近くの登呂博物館に保管されています。


登呂遺跡に隣接している「芹沢_介美術館」へ。
IMG_0708.JPG

IMG_0711-2.JPG

ちょうど本日まで静岡市立芹沢_介美術館開館35周年記念の展示
『パリのセリザワ「Serizawa」展から40年』展が開催されていました。
IMG_0709.jpg

入場券には「心の字」のデザインが使われていて素敵!
IMG_0709-4.jpg

美術館パンフレットの英語版に使われている表紙、めっちゃ好きー♡
IMG_0709-3.jpg

型絵染で人間国宝に認定された芹沢_介さん、琉球紅型風の作品も素敵だし
文字を独創的なデザインで描いた屏風などのセンスが素晴らしい!

中は撮影禁止なので、残念ながら作品の紹介はできませんが
興味のある方は、ぜひ美術館のHPの「作品について」というページをご覧くださいね!
私は昭和30〜40年代の作品が特に好きです。

こちらの建物は「石水館」と呼ばれ、白井晟一さんによる建築です。
IMG_0712.JPG

IMG_0714.JPG

建物の中からは、こちらの景色が見えました。
もう少ししたら、しだれ桜が咲くのでしょうね。
IMG_0715.JPG

美術館を出ると、すぐ近くに 芹沢_介の家があり
日曜日と祝日のみの公開ということで、拝観させていただきました。
IMG_0721.JPG

宮城県から移築してきた板倉の家です。
IMG_0722.JPG

IMG_0725.JPG

IMG_0727.JPG

横から見ると、2階の縁側が1階よりも前に張り出しています。
IMG_0731.JPG

「ぼくの家は、農夫のように平凡で、農夫のように健康です。」
芹沢_介氏が残したこのセリフは、なんとも深い。
無駄がなく簡素な雰囲気が素敵でした。
posted by のりたま at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久能山東照宮といちご

静岡旅行3日目は、久能山東照宮へ。
1159段の石段を登るか、日本平からロープウェイで行くか迷いましたが
徒歩で登ることにしました。

一ノ鳥居。
IMG_0595.JPG
さー、がんばって登りますよ!

途中で見える景色。 駿河湾と・・・石垣いちごのハウスがたくさん!
IMG_0603.JPG

山下より17曲がりの石段を登ったところに、一ノ門。
IMG_0605.JPG

門衛所。
IMG_0606.JPG

さらに石段を登ります。
IMG_0608.JPG
石垣もあって、ちょっとお城っぽい・・・と思ったら
こちらが東照宮になったのは江戸時代になってからで、室町時代のころは久能城だったそうです。
(もっとさかのぼると飛鳥時代は、久能寺だったとか)

旧宝物館の横には、勘助井戸。
IMG_0611.JPG

鮮やかな楼門(重文)。
IMG_0615.JPG

左右の格子戸内に随身(守護神)。一人は阿、もう一人は吽の口。
IMG_0669.JPG

反対側から。色合いがかわいいですよね。
IMG_0616.JPG

金ピカに緑色の狛犬。
IMG_0618.JPG

徳川家康公の手形があり、重ねてみると、私とほぼ同じ大きさ(〃▽〃)
ちょっぴり小太り?
IMG_0617.JPG
ちなみに 家康公とワタクシ、誕生日が同じです( *´艸`)

神厩(重文)
IMG_0620.JPG

久能稲荷神社
IMG_0666.JPG

明治時代初期の神仏分離によって解体されてしまった五重塔あと。
IMG_0623.JPG

鼓楼(重文)
創建当時は、鐘楼として鐘をついていましたが、神仏分離の際に、太鼓に替えられたそうです。
IMG_0624.JPG

神饌所(重文)
IMG_0626.JPG

神楽殿(重文)
IMG_0628.JPG
中には入れませんでしたが、たくさんのお雛さんがぶら下がっていました。

神楽殿の横っちょには、なぜかプラモデル!?
IMG_0629.JPG
久能山東照宮の造営の際に、優秀な人材が集められ、その技術が今の模型製作などにつながったとか。
静岡には、バンダイや田宮模型など、有名な模型メーカーがたくさんあります。

御社殿へと続く石段。
IMG_0631.JPG
この石段からは登れず、横の階段を登り、日枝神社側から入ることができます。

校倉造りの神庫(重文)
IMG_0633.JPG

山の神様が祀られている日枝神社(重文)
IMG_0634.JPG

いよいよ御社殿です。拝殿・石の間・本殿(権現造り)が国宝指定。
IMG_0635.JPG

IMG_0643.JPG

唐門を横から
IMG_0638.JPG

IMG_0636.JPG
彫刻や金具が色鮮やかで、とてもきれい!!

周囲にはりめぐらされた玉垣には、106枚の透かし彫りがあり、見ごたえがあります。
IMG_0639.JPG

IMG_0646.JPG

廟門(重文)から廟所参道を通り(写真は振り返ってパチリ)
IMG_0650.JPG

本殿後方にある徳川家康公の神廟。
IMG_0652.JPG
家康公の御遺命により西向きに建てられています。

その奥には、家康公愛馬のお墓も。
IMG_0654.JPG

頂いた御朱印です。
IMG_0671-2.jpg

また長い石段を降り、一ノ鳥居の手前にある「久能山徳恩院」へ。
慈限大師様により開かれたお寺で、御本尊は家康ゆかりの薬師如来様。
IMG_0673.JPG

一ノ鳥居から出ると、いちごやさんがいっぱい。
このあたりは「久能石垣いちご」が有名で、いちご狩り発祥の地だそうです。
さっそくいちご狩り! と行きたいところですが、そんなに食べられそうになかったので
いちごを1パック買って、お店で食べることにしました。
IMG_0675.JPG
章姫という品種で、一粒がめっちゃ大きい!甘い!美味しい!そして安い!
思わず追加で、もう1パック食べてしまいました(ノ∀`*)ペチョン

フレッシュないちごジュースも、とてもとても美味しかった〜♪
IMG_0677.JPG
posted by のりたま at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

清水港の河岸の市にて

清水区といえば、清水港。
少し早めの夕食ですが、清水魚市場河岸の市へ。
IMG_0592-4.JPG
駐車場はけっこうな行列です。

まぐろ館の2階に行くと、新鮮な魚介類を堪能すべく
どのお店も行列!

そんな中で、比較的 早く入れそうな「どんぶり処 丼兵衛」へ。
IMG_0593.JPG

相方は「清水みなと満足セット」を。
IMG_0592-8.JPG
ミニ丼が4つと小鉢がついています。
生桜エビと生しらす、ネギトロ、サーモンとスズキ、中トロとホウポウ。

私は、20種の中から選べる5色丼を。
IMG_0592-9.JPG
真鯛、中トロ、サーモン、生しらす、生桜エビを選び
いくらをトッピング(+300円)しました。

どのお魚も新鮮で、とても美味しかった!!

丼兵衛魚介・海鮮料理 / 清水駅新清水駅入江岡駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3

posted by のりたま at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもんやさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御穂神社と三保松原と静岡おでん

羽衣伝説ゆかりの社、御穂神社(清水区)へ。
IMG_0574.JPG

舞殿。
IMG_0570.JPG

神馬舎。
IMG_0571.JPG

拝殿。
IMG_0572.JPG

いただいた御朱印は、すでに書かれたものを貼り付けるタイプでした。。。
IMG_0575-2.jpg

そして神の道を通り
IMG_0577.JPG

羽衣の松に圧倒されましたが・・・
IMG_0583.JPG

残念ながら三保の松原から、富士山は見えず (lll-ω-)ズーン
IMG_0587.JPG
うっすらと白く見えるのが、富士山の雪なんかなぁ。
めっちゃいいお天気やったのに。
春は霞んでアカンね。 黄砂とかPM2.5とか、いろいろ舞ってるもんね。
空気の澄む季節がオススメです。
先ほど富士宮で見た富士山を思い出し、三保の松原でも、心の目でしっかりと見ました!

穏やかな波。
IMG_0588.JPG

こちらの売店「松見屋」さんで、静岡おでんをいただきました。
IMG_0589.JPG
どのネタも1本100円(税込)

普通のおでんに味噌だれをかけ、鰹節と青のりをトッピングして食べるっていう感じです。
IMG_0590.JPG

相方は、名物の黒はんぺんと牛すじ。
私は大根と糸こんにゃく。
味噌だれが甘くて美味しい♡
私は普通のおでんより、こちらの方が好き(〃▽〃)

余談ですが・・・
清水銀行の建物の上に飾られた羽衣の天女像が素敵。
IMG_0592-2.JPG

そして、道路工事中のところの、単管バリケードが、なんか可愛くて
私のツボでした( *´艸`)
IMG_0592-3.JPG
posted by のりたま at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする