2016年09月17日

但馬&丹後の旅(城崎温泉)

城崎温泉駅前に待機している旅行組合の無料送迎バスで、お宿まで送っていただきました。
但馬屋さんです。
IMG_8552.jpg
チェックインして荷物を預け、目指すは温泉寺((((=・o・)ノ ゴーゴー♪

ところが・・・
城崎温泉ロープウェイに乗ろうと、乗り場に行くと「本日終了」の札がΣ(゚д゚lll)ガーン
IMG_8546.jpg
時計を見ると、16時20分。まだ最終があるはずなのに・・・ショック。

宿に戻る途中、ハンモック広場で遊んでしまいました(ノ∀`*)ペチョン
IMG_8549.jpg

お宿に戻ると、貸切の露天風呂が空いているとのことで、3人で入ることに。
いい感じ〜!! 
IMG_5392.jpg

浴衣を着て、お宿でいただいたお揃いの足袋ックスを(〃▽〃)
IMG_8571.jpg

夕食は、お部屋でいただく「但馬牛のしゃぶしゃぶ&ステーキプラン」
食前酢(城崎ビネガー)、くみあげ湯葉
前菜盛り(ニシ貝・ニジマス・栗・むかご真丈・鯛)
但馬牛のしゃぶしゃぶ(1人前100g)、野菜一式
IMG_8560.jpg
しゃぶしゃぶは、竹炭塩やポン酢でいただきます。
お肉は口に入れると、とろける〜♡

舞茸とフグとアラレの天ぷら
IMG_8565.jpg

但馬牛ステーキ(100g)、お吸物、ごはん、香の物
IMG_8567.jpg

デザート
IMG_8568.jpg
どのお料理も美味しくて、お腹いっぱいになりました。

お酒は・・・城崎ビールのピルスナー「空のビール」と、スタウト「黒のビール」
そして但馬3種飲み比べ。
IMG_8564.jpg
純米大吟醸・本醸造・柱仕込。

食後は、外湯を楽しむことに。
バスタオルなどは、お宿が貸して下さったカラフルなカゴバックで持ち歩き。
IMG_8589.jpg

7つの外湯が無料で入れる通行手形「ゆめぱ」。
IMG_8572.jpg
バーコードを読み取らせるだけでOKなんですね!

美人の湯「御所の湯」に入りました。
IMG_8580.jpg
立ったまま入る深いお風呂や、滝の露天風呂などがあって気持ちいい〜♪

一の湯あたりまでお散歩。
IMG_8577.jpg

一夜明け、朝ごはんも部屋食です。
エタガレイ・だしまき玉子・あんかけ茶わん蒸し・豆乳鍋などなど
朝からお腹いっぱい( *´艸`)
IMG_8585.jpg

早々にチェックアウトして、お宿の車で駅まで送っていただき
天橋立へ向かいます。
posted by のりたま at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光と巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

但馬&丹後の旅(玄武洞公園)

香住で大満足のランチをいただき、次は玄武洞へ向かいます。
玄武洞公園に行くには、城崎温泉駅or豊岡駅からタクシーに乗るか
玄武洞駅まで渡し船に迎えに来てもらうか、全但バスに乗るか。
時間を有効に使うために、行きは城崎温泉駅→タクシーで行くことにしました。

まず乗ったのは、特急「はまかぜ4号」。ウルトラマンみたい( *´艸`)
IMG_8499.jpg
香住から23分間で、本日二度目の城崎温泉駅に到着。

城崎温泉駅からは、タクシー約5分で、山陰海岸国立公園・玄武洞公園に到着。
IMG_8500.jpg

入口を通り過ぎると、もうまさに いきなり!という感じで現れるのが
国の天然記念物・玄武洞。
IMG_8506.jpg
六角形などの石が美しく並び、その迫力に圧倒されました。
これは写真では伝わらないやろね(;^ω^)

こちらも国の天然記念物・青龍洞。
IMG_8514.jpg
長い柱状節理は15メートルにも及ぶそうです。

白虎洞。
IMG_8517.jpg
こちらは断面のかなり近くまで行って見ることができます。

南朱雀洞。
IMG_8518.jpg

北朱雀洞。
IMG_8520.jpg
ふと、上の方が動いた気がして、見上げると

野生の鹿が、数頭(〃▽〃)
IMG_8524.jpg
なんかラッキー☆

玄さんには会えませんでしたが、こんな顔出しがありました。
IMG_8527.jpg

ちなみに玄武洞とは・・・
【約160万年前の噴火によって噴出されたマグマが冷却され、玄武岩溶岩の厚い層が形成された。
その後、河川による侵食により玄武岩塊がむき出しとなった。
玄武洞の玄武岩はマグマが冷却される際に体積が小さくなることでできる割れ目(節理)が顕著で切り出しやすかったこともあり、これを人々が採掘し、その採掘跡が洞窟として残った。
つまり洞窟は天然のものではなく、坑道・採掘跡地である。】Wikipediaより
ふむふむ。

玄武洞ミュージアムの売店で、渡し船を申し込みをすると
玄武洞駅から乗る交通機関の発車時刻に合わせて船を出して下さるそうで
指定された時間に船着き場に行くと、なんと貸切\( 'ω')/

売店にいた方が、船を押さえてて下さり、ドキドキしながら乗り込みました。
貸してもらった救命胴衣を着て、モーターがブィーン!と出発。
けっこうなスピード。気持ちいい〜!!
3分間、アッという間の船旅でしたが、かなり気持ち良かったd(-ω☆) グッ!!
IMG_8539.jpg
※写真は到着してから撮ったもので、向こう岸に見えるのが玄武洞公園です。

JRよりバスの方が、早く来るということで
バス停を探すと・・・なんともレトロな( *´艸`)
IMG_8541.jpg

全但バスに乗って、本日三度目(笑)の城崎温泉駅へ向かいます。
IMG_8542.jpg
posted by のりたま at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光と巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のどぐろ・八鹿豚・ハタハタ

香住のランチは、干しもん屋 KANICHI へ。
IMG_8478.jpg

入口を入ると、左側が物販スペースになっていて
干物や燻製、こだわりの調味料、*snowpeakのアウトドアグッズなどが売られています。
生簀には、解禁になったばかりの香住の黄金カニも!

レストランスペースは、天井が高く、ゆったりとオシャレな空間が広がっていて
窓際のテーブル席からは、香住浜海水浴場が見えます。
IMG_8485.jpg

プレートランチか単品のパスタ等を食べるかで迷ったのですが
本日のスペシャルメニューを見て、単品注文に決定!

まずはスペシャルの中から、のどぐろの姿造り。
IMG_8487.jpg
のどぐろの姿造りなんて、初めて(〃▽〃)
岩塩プレートに こすりつけていただきます。
身がプリプリで、めっちゃ美味しい! 
醤油よりも岩塩の方が、身の甘さが引き立ちますね!
盛り付けも、キュウリの飾り切りなどがあり、高級和食店のように素敵です。

サワラときのこのトマトソースパスタ。
IMG_8490.jpg
パスタの麺は、リングイーネかな? ちょっと平たくてモチモチ。
サワラは魚の臭みなどがなく、トマトソースがめちゃ美味しい。

ピザは、八鹿豚と干市トマト・ナスのクリームソース。
IMG_8491.jpg
石窯で焼かれているそうで、注文してからけっこうすぐに提供されましたd(-ω☆) グッ!!
ピザ生地はもっちり、豚肉は柔らかく、チーズもうまうま〜♡
八鹿豚(ようかぶた)って聞いたことがなくて、帰って調べてみると
養父市八鹿町の山奥で育った幻の豚とのこと。

そして・・・これ、書いちゃっていいのかな?(*´艸`*)
ダメ元で聞いちゃったんですよね〜。
「こちらで売られている干物を焼いてもらうことって・・・お願いできますか??」
あつかましいオバチャンですよね、ほんとすんません(汗)
そしたらお店の方が、まさかの「いいですよ!」と。

店内を物色し、ずらーっと干されているハタハタを発見!
一串に10尾ぶらさがっていて、1000円で販売されています。
「このハタハタ、3尾だけ焼いて欲しいんですけど。。。」
さすがにこれはアカンやろと、ちょっと縮こまりながらお願いしてみた。
ほんなら まさかまさかの「いいですよー!」
ほんまでっか!? きゃ〜(〃▽〃)(〃▽〃)(〃▽〃)
大阪のオバチャン3人、テンション上がる♪

IMG_8492.jpg
なんと、オリーブオイル・レモン・乾燥ラズベリーまで添えていただいて
お値段そのまま3尾分の300円!!!
めっちゃ美味しい! 美味しすぎる! つい今の今まで干してたんですもんね。
KANICHIさん、感動しました! 本当にありがとうございました。

干しもん屋 干市レストラン(その他) / 香住駅

昼総合点★★★★ 4.5

posted by のりたま at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもんやさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

但馬&丹後の旅(香住海岸遊覧船)

同期仲間と1年ぶり、二度目の一泊旅行〜♪ (昨年は、福岡の弾丸ツアー)
今年はどこ行く??と、飲み会のたびに相談し、
但馬&丹後の大自然の素晴らしさを満喫し、グルメ列車に乗るたびに決定!!
またまた弾丸の予感( *´艸`)

まずはお宿と、グルメ列車の丹後くろまつ号、遊覧船の予約をし
おとなびWEB早得」で、城崎行の特急列車券を予約し、
今年も「旅のしおり」を作りました(笑)
IMG_0001.jpg

しかし・・・9月に入ってから天気予報は雨マークばかり。
秋雨前線と台風のダブルパンチ。 
旅行の一週間前あたりから、メンバー3人意気消沈で、LINEも鳴りをひそめてました。

ヤキモキしながら迎えた当日は、いいお天気(〃▽〃)
京阪の丹波橋駅・6時55分に到着する急行電車に各自 乗り込み、いざ!!

京都駅で、おとなび予約した乗車券と特急券を発券し、朝食を買い込み
ホームに降りると・・・あれ?? 城崎方面行は、めっちゃ遠い〜!
「きのさき1号」に乗り込み、席に着いたとたん、列車が動き出しました。セーフ!
2時間半で、城崎温泉駅に到着。 
IMG_8396.jpg

IMG_8399.jpg
いったん改札を出て、コインロッカーに荷物を入れ、香住行の切符を購入し、再びホームに戻ります。

山陰本線・浜坂行に30分ほど乗って
IMG_8405.jpg

香住に到着。 ホームにカニ爪!(笑)
IMG_8497.jpg

カン迎!? カニ迎?( *´艸`) 何かとお茶目な香住駅。
IMG_8413.jpg

タクシーで約5分、香住港に行き「遊覧船かすみ丸」に乗船。
IMG_8419.jpg

チケットには、二代にわたる三姉妹船長が。
IMG_0007.jpg
私たちが乗船したのは、親世代三姉妹の次女さんが操縦しながら案内してくれました。

90分・60分・30分の、3つのコースがあるのですが、この日は30分のコースのみ。
IMG_0002-2.jpg

IMG_8430.jpg

海水が緑色♪
IMG_8435.jpg
 
黒島(五色洞門)
IMG_8447.jpg
洞門の入口まで船の先端が入ったのですが、私たちは一番後ろのデッキに出ていたので
洞門の中の写真は撮れず(^▽^;)

カエル島
IMG_8448.jpg

みもん島
IMG_8453.jpg

白石島
IMG_8438.jpg

近づくと、牛のような白い岩
IMG_8455.jpg

わかるかな? はさまれた小さな岩は、絶対に落ちないそうです。
IMG_8457.jpg

海の安全を守る神様がまつられています。
IMG_8464.jpg

真ん中の石が、ハート形♡
IMG_8466.jpg

足の裏の形をした石も。
IMG_8470.jpg

90分コースでは、国指定天然記念物の「鎧の袖」や「釣鐘洞門」も見れるそうなので
ぜひまた乗ってみたいのですが、この遊覧船、今年の11月末で終了されるそうです(T_T)
船を降りると、再び5分ほどタクシーに乗り、ランチタイムへ〜(つづく)
posted by のりたま at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光と巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

ガンマGTPが正常値に!!

お酒を常習的に飲むのをやめ、上手にお酒と付き合えるようになろうと決意して
2ケ月が過ぎました。

最初の2日飲まなかっただけで、すぐに効果を実感。
朝、駅の階段を上る足が、軽くなったのです!
そして一週間もしないうちに、下腹のポッコリがマシになり
脇腹から背中にかけての【ハミ肉】が、すっきりしてきました!

9日間、アルコールを飲まず、10日目に女子会で生ビールを3杯ほど。
恐れていた翌日は、お酒を飲まなくても普通に過ごせたので
今度は12日目、焼鳥屋さんで生ビールを1杯だけ飲んでみました。
これまでの私は、1杯でも飲むと、
スイッチが入ったかのように、お酒に手が出ていたのですが
1杯だけでやめることができました!(*^ω^)v
それからは、週末ごとに飲む機会がありましたが、翌日からはまた飲まない日々。
まさに私が目指していた「お酒と上手に付き合う」が出来てる(〃▽〃)

最初、お酒がないと眠れないんじゃないかと不安がありましたが
飲まない日の方が、しっかり眠れことがわかりました。
常用薬のようになっていた整腸剤も、服用しなくて良くなりました。

全ては、炭酸水のおかげ♡
お気に入りは、サンペレグリノ。
IMG_5066.JPG
微炭酸がクセになりました。
お酒をセーブしたい人には、本当にオススメできます!

さて 血液の数値は、どうなっただろう・・・と気になり
年に一度の健康診断はまだ少し先なので、近所の病院で調べてもらってきました。

IMG_5364.JPG

いや〜、ガンマGTPに※マークがついてない!!
中性脂肪も正常値! ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
LDLコレステロールだけは、あいかわらず高いので、課題は残ってますが
お酒に関する数値は、心配なくなりました! これを継続しなくちゃ。


posted by のりたま at 22:44 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒飲みですw | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

奈良にて中華粥と飛鳥風麺

奈良のランチは、商店街の「きらっ都奈良」というビルの1階にある『穀雨』へ。
IMG_8355.jpg

奈良は茶粥で有名ですが、こちらは中華粥のお店です。

相方が頼んだのは、節季粥の膳@1080
名前のとおり、二十四節季ごとにお粥の中に入る食材が変わるそうで
今は、キノコとホタテでした。
この中華粥が、優しい味わいでめっちゃ美味しい。
しかも一杯、おかわりが無料です!
添えられた奈良漬と柚子胡を、少し入れるとまた味わいが変わって美味。
豚の角煮もトロトロ。 
IMG_8352.jpg

プチデザート(スイカとキウイの入ったゼリー)もついてます♡
IMG_8353.jpg

そして私がいただいたのは、飛鳥風担々麺@880
ピリ辛を、牛乳がマイルドにしてくれています。
ゴマ風味が美味しくて、スープをほとんど飲んでしまいました。
麺もおいしい!
IMG_8351.jpg
メニューに「奈良名物飛鳥鍋にヒントを得て・・・」と書かれていて調べてみると、
飛鳥鍋というのは、牛乳ベースのだしで鶏肉を煮込んだ郷土鍋のことらしいです。

ごちそうさまでした(〃▽〃)

穀雨中華粥 / 近鉄奈良駅奈良駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

posted by のりたま at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもんやさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめドライブウェイ

奈良・若草山の頂上を目指して、いざ!奈良奧山ドライブウェイへ♪

東大寺の裏あたりに、料金所があり、まずは新若草山コースの往復代金(普通自動車=¥520)を支払いました。

この有料道路は、「新若草山コース」という、若草山の山頂まで行って戻ってくるコースと
「高円山コース」という、高円山の石仏を愛でるコースと
二つのコースの間に、一方通行で砂利道の、世界遺産・春日山原始林を挟んで全区間を走る「奈良奧山コース」があります。
IMG.jpg

地図のA地点から走り始めてすぐに、大仏殿ビューポイントが。
IMG_8358.jpg
遠くに五重塔も見えて、いい感じ〜♪

そしてしばらく行くと駐車場があり、さらに300mほど歩いて、若草山の山頂です。
IMG_8371.jpg
わっ! ここにも鹿がいます♡

想像以上の絶景(〃▽〃) 風がめっちゃ爽やか!
IMG_8368.jpg

枕草子に詠まれた鶯塚古墳もあります!
IMG_8366.jpg
このあたりには、人もほとんどいなくて、めちゃめちゃ気持ちいい。

最初に払った料金は、ここまでの往復なのですが
あとで追加料金¥1320を払えばOKとのことで、全区間を行くことにしました。

地図を見ていただくと、B地点からC地点は、一方通行になっていて
車が一台しか通れない幅の砂利道。
大原橋から横道(ここは狭いけれど対面通行)に逸れ、駐車場に車を停めて石段を降りて行くと
鶯の滝がありました。
IMG_8374.jpg
めーっちゃ気持ちいい!

世界遺産「春日山原始林」のモニュメントもあります。
IMG_8380.jpg
樹齢400年以上の春日杉の巨木がたくさん!!

C地点に入ってすぐ、山の中に入っていくと、春日山石窟仏が。
IMG_8381.jpg

IMG_8384.jpg

もっと奥に進めば、朝日観音・夕日観音・寝仏・首切地蔵などが見れるのですが
まさか山の中に入るとは思わず、靴に難ありで、あきらめることにしました。

全行程約13kmのあちこちに見所がありました。
桜や紅葉の季節にまた来てみたいなぁ〜!!
posted by のりたま at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光と巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初の同時公開! 二つの塔

奈良 興福寺 国宝特別公開2016
五重塔/三重塔 初の同時開扉!
IMG.jpg

ということで、朝一番に行ってきました、興福寺
まずは五重塔。
IMG_8356.jpg
5回の被災、再建を経て、1426年頃に再建されたもので、塔高50.1mの本瓦葺き。
東に薬師如来さま、南に釈迦如来さま、西に阿弥陀如来さま、北に弥勒如来さまが安置されています。

そして三重塔。
IMG_8337.jpg
こちらは以前、南円堂と北円堂のご開帳の際に、南円堂の回廊から撮影した写真の方がいいので
良かったら、コチラも見て下さいね!
1180年に被災、再建されたもので、塔高19m。
内部の四天柱をX線状に結ぶ板には、4面のそれぞれに千体の仏さまが描かれています。
南面の板に描かれた仏さまはまだそれらしく見えるのですが、北面はかなり風化が激しい。
東面には高さ38.5cmの弁財天さまと、十五童子像が安置されています。

内部公開はありませんが、西国三十三所・第九番札所の南円堂。
IMG_8332.jpg

香炉の形が、かわいい(〃▽〃)
IMG_8333.jpg

こちらでいただいた御朱印です。
IMG_0001.jpg
「令興福力」とは、福力を興さしめる、福を作るという意味のようです。

通年 拝観することができる東金堂(国宝)。
IMG_8357.jpg
重文の薬師如来さま、日光月光菩薩さま
文殊菩薩さまや、四天王、十二神将など、国宝の仏像がたくさん安置されています。

扉にかけられた幕に、鹿が描かれているのが奈良らしくてかわいい♡
IMG_8341.jpg

さて 興福寺といえば、絶対にはずせないのが、国宝館です!
食堂があった地に建てられていて
もともと食堂に祀られていた木造520.5cmの千手観音菩薩さまや、
阿修羅さまをはじめとする乾漆八部衆、板彫りの十二神将などなど
国宝の仏さまがびっくりするほどたくさん祀られていて、何度入っても圧倒されるのです。
思わずこんな本を買ってしまいました。
IMG3_0001.jpg
龍燈鬼のキュートな後ろ姿の写真や、阿修羅さまのさまざまな角度からのアップ写真、
今回は見られなかった無著・世親菩薩(運慶の指導のもと運賀、運助が製作。北円堂に安置)などの写真が、とても素晴らしいのです。
毎日 眺めてしまいそう。。。

おまけ。鹿さん( *´艸`)
IMG_8346.jpg
posted by のりたま at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光と巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

ラーメンではありません

京都のラーメン激戦区、一乗寺。
『おだしと小麦 一三〇(イサオ)』へ。
IMG_5325.JPG

本日の小麦そばは、鯛だしと昆布だしの2種類。
お出汁に使われる魚は、日によって違うそうです。

お店は店長さんがお一人でされていて
静かな空間の中、干魚の節を削る音が響き、期待感がハンパないw

私は鯛だしを。
IMG_5322.JPG
オクラとパプリカがのっていて、麺は細麺。
山わさびと芽ねぎが添えられています。

相方は昆布だしを。
IMG_5321.JPG
ミニトマト・オクラ・モロヘイヤがのっていて、麺は平麺。
削りたてのマグロ節とネギが添えられています。

国産小麦・生卵・蕎麦粉で作られたラーメン・・・ではなく「小麦そば」
水・塩・添加物は使っていないそうです。
生パスタのような半田麺のような、もちもちとした独特の麺。
お出汁は美しく澄み、じんわりと優しい味わい。美味しい。
全部飲み干しても、なんの罪悪感もなし(*´艸`*)

まぐろ節ごはんもいただきました。
IMG_5324.JPG
削りたてのマグロ節の上品な香りにうっとり。
山わさびがとっても合う!

とても贅沢な一杯をいただきました。
ごちそうさまでした!

一三〇ラーメン / 一乗寺駅茶山駅元田中駅

昼総合点★★★★ 4.0

posted by のりたま at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもんやさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奇想全開。ダリ展

おーっととと! 危ない危ない。
まだまだ日がある・・・と思っていたら、もう最終日Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

『ダリ展』@京都市美術館です。
IMG.jpg

展覧会入口のところに、マリリンモンローの顔になる部屋の複製があり、
それは写真撮影OKだったので、帰りにゆっくり撮ろうと思っていたら
たくさんの人が並んでいて断念 (lll-ω-)

展覧会は、年代順に構成されていました。
初期作品は、ほとんどダリらしさが見受けられないのですが
モダニズム、キュビズムなどを経て、シュルレアリスムの世界へと。
晩年までの作品約200点は、かなり見ごたえがありました。

ダリ様大好きな私が、一番 感激したのは・・・
展覧会の最後のところで上映されていたダリの映画。

まずは『デスティーノ』というアニメ作品。
ウォルト・ディズニーとダリのコラボレーション作品で、約6分ほど。
1945年に制作が開始され、その後 中断。
2003年に製作再開、公開され、アカデミー賞アニメ部門を受賞したそうです。

そして『アンダルシアの犬』!!
1929年に公開された、約15分間のフランス映画です。
これ、30年ほど前に映画館で一人で観たのね。
たしか・・・ダリのドキュメンタリー映画と2本立てで。
まさかまた観れるとは(〃▽〃)
冒頭のショッキングなシーンも、小さなテレビ画面なら大丈夫でした。

ダリ展、次は東京で開催されるのですが
なんと前売券に、ダリひげ鉛筆つきチケットってのがあるんですよ!!
欲しいかも( *´艸`)
posted by のりたま at 20:29 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

初・俺の

前々から気になっていた俺の株式会社。
梅田に全席着席のフレンチが出来たということで、行ってきました(〃▽〃)
(予約はネットで簡単に取れました。)

俺のフレンチ 梅田店
IMG_5301.JPG

予約した18時の少し前に行くと、もうお店はほぼ満席。
お客さんもたくさんだけど、ホールに立っている店員さんの数もたくさん。
フレンチのイメージとは全く違っていて、居酒屋のような賑やかさ。

まずは、なみなみスパークリングで乾杯!!
俺のミモザです。 ほんと、なみなみと注いでくれます。
IMG_5283.JPG
アミューズも美味しい。ナッツが入ってるんですね。

パルマ産生ハム たっぷり切りたてスライス
IMG_5284.JPG

マリネした海老と白マイタケのアヒージョ&焼きたてパン
IMG_5287.JPG

白ワイン(レ・ジャネル シャルドネ)をボトルで注文。
IMG_5288.JPG

さー、ここで2組だけの限定メニューをゲット!
ピジョン(食用鳩)とフォアグラと鴨ミンチのパイ包み サルミソース
IMG_5293.JPG
サルミソースも、鳩が使われているそうです。
めっちゃ手の込んだお料理ですね! 鳩って、初めて食べたかも。

そして、俺の・・・といえば、食べないわけにはいきません笑
スペシャリテ 牛フィレ肉とフォワグラのロッシーニ トリュフソース
IMG_5295.JPG
看板メニューだけあって、めちゃ美味し〜い(*^▽^*)
底に敷いてあるマッシュポテトもトロトロ〜♡

〆は、
トマトのリゾット たっぷりペコリーノチーズをふりかけて
IMG_5297.JPG
意外にもニンニクがきいていました。

お腹いっぱーい。
なのに、店員さんの「もう一杯いかがですか」の一言に、つい(笑)
IMG_5300.JPG
シャルドネ(Tりん)、俺の泡ロゼ(Kっち)、俺の赤(わたし)

きっちり2時間弱で、お会計。
帰ってから写真を見直して、野菜を食べてないことに気が付きました(ノ∀`*)ペチョン
ほんまにリーズナブル。ごちそうさまでした〜。

俺のフレンチ 梅田フレンチ / 東梅田駅梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪神)

夜総合点★★★☆☆ 3.6

posted by のりたま at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもんやさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

ハニービーに初ゲスト

サックスアンサンブル・Honey beeの練習日記、
前回の分、書くの忘れてました(ノ∀`*)ペチョン

4月17日は、アルト1さんがお休みだったので
バリトンさんがアルトに持ち替えて、AATの編成で練習しました。

♪花は咲く
♪アメイジンググレイス
♪星条旗よ永遠なれ

そして今日は、テナーさんがお休みで・・・
こけからサックスを始めたい! というYさんが、
娘さんの楽器(テナー)を持参して、参加されました!
バリトンさんが、今日は先生です。

Yさんは学生のころにクラリネットを吹かれていたそうで、
運指の違いに戸惑っておられましたが
すぐに音階を吹けるようになって、びっくり!

しばらく吹くと、最低音から最高音まで、音が出たんですよ〜! またびっくり!
私は最高音(ファ♯)なんて、めったに出ない(;^ω^)
バリトンさんのご指導のたまものですねd(-ω☆) グッ!!

今日、運指を覚えたばかりのYさんと一緒に、アンサンブルもやってみました!
M8の讃美歌を4曲(これってスパルタ??)。
♯や♭もあるのに、すごーい!!

またぜひ、Honey beeの練習に参加して下さいねっ♪

それにしてもこの2年半ほど
サックスの日記を書くときは、いつも何か月ぶりか。
楽器がかわいそう。。。
posted by のりたま at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アルトサックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

福井の絶景・東尋坊

福井といえば、断崖絶壁で世界的に有名な東尋坊(〃▽〃)

IMG_8292.jpg

わー!! すごい迫力。
右上に、ちょこっと人が写ってます。

IMG_8306.jpg

遊覧船乗り場のある大池。

IMG_8305.jpg

波は穏やかですが、岩のはしっこの方まで行くと、
クラ〜ッとしそうで怖い(/ω\)

東尋坊の岩は、複輝石安山岩の柱状節理。
柱状節理世界三大絶勝の一つだそうです。

うーん、難しいことはわからないけれど、地質学的にもすごいってことですよね。

IMG_8300.jpg

壮観な岩場の造形美は、1kmも続いているそうで、もっと足を延ばしたかったのですが、
炎天下の岩の上に長くいると 熱中症で倒れてしまいそうで、早々に引き返しました。
今度は冬に再訪したいなぁ!!
posted by のりたま at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光と巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

板張り石瓦の丸岡城

福井県坂井市の、霞ケ城こと 丸岡城(重文)へ♪
IMG_8274.jpg
現存しているのは天守のみで、こじんまりとしていますが
黒板張りの壁に、石瓦の屋根。
こんなお城もいいな。好き。

天守内の階段は、今まで見たどのお城よりも急で
ロープにつかまって昇り降り。
スカートだと無理かも。
IMG_8277.jpg

2階の窓からの展望。
IMG_8279.jpg

3階からは鬼瓦が少し見えてますが、こちらも石。
IMG_8280.jpg
石瓦がちゃんと写ってなくて、残念。

石落としと狭間。
IMG_8284.jpg

なんで国宝じゃないのかな??と疑問に思って調べると・・・
昭和9年に、国宝に指定されていましたが、昭和23年の福井地震で倒壊したんですね。
倒壊材を元の通り組み直し、昭和30年に修復されたそうです。

石段の下には、地震で落下したという鯱が置かれていました。
IMG_8275.jpg
(現在の鯱は、木造のものになっています)
posted by のりたま at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光と巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の永平寺

日帰りで福井に行ってきました。
曹洞宗の大本山・永平寺です(冬に参拝した日記はコチラ)。

石柱の向こうに見える建物は、瑠璃聖宝閣(歴史博物館)
IMG_8211.jpg

参道は、青もみじがいっぱい。 紅葉の季節にまた来たくなりますね。
IMG_8212.jpg

通用門から入ります。
IMG_8258.jpg

雪の季節は、通用門から左に入り、吉祥閣の総受処の前を通って入りましたが
夏は吉祥閣の正面、志納所のところから入ります。
なので、この手水鉢は初めて見ました。
IMG_8216.jpg

鉄筋コンクリート5階建ての傘松閣(研修道場)の、2階にある156畳の大広間。
230枚の花鳥彩色画は圧巻です。
IMG_8219.jpg

回廊には使い込まれた巡照板。
IMG_8225.jpg

山門の下から、中雀門を見上げると、その向こうには仏殿が見えます。
IMG_8226.jpg
この階段は通れません。

山門には、カラフルな四天王が、二体ずつ向かい合って立っています。
IMG_8245.jpg

山門から見える鐘楼。 そのあたりは、立入禁止。
IMG_8227.jpg

中雀門より、山門を見下ろす。
IMG_8230.jpg

僧堂(修行僧の根本道場)の魚鼓、見れました(〃▽〃)
IMG_8232.jpg

永平寺のご本尊、釈迦牟尼仏が祀られている仏殿。
IMG_8243.jpg

仏殿から見下ろした中雀門。 その奥に見える大きな屋根は山門。
IMG_8235.jpg
中雀門、好きやわぁ。。。

道元禅師の御真廟、承陽殿の前の香炉。
IMG_8237.jpg

香炉の土台には、うさぎさん( *´艸`)
IMG_8238.jpg
承陽殿は全体写真が撮れず(^_^;)

一番奥の高いところにある法堂。
IMG_8241.jpg
聖観世音菩薩さまが祀られていて、白に金の派手な狛獅子さんがいました。

永平寺といえば、階段がたくさんあって、いずれもピカピカに磨き上げられていますが
何段かおきに、こんなものがついています。
IMG_8240.jpg
修行僧の方に尋ねると、昔は窓などがなく、雨の水を抜くためについているとのことでした。
壁もなかったってことかな?(中途半端な理解ですいません)

階段を降り、最後は祠堂殿へ。
全国の信徒から納められた位牌などが安置されているところで
入口には大数珠がかけられています。
IMG_8250.jpg
重さは250kgだそうです!

七堂伽藍を出て、参道へ。
こちらは写経を納める報恩塔。
IMG_8252.jpg

通用門横の池には、一葉観音像とカエル。
IMG_8253.jpg

そして美しい勅使門(唐門)と立派な杉の木立。
IMG_8255.jpg

いただいた御朱印です。
IMG.jpg
posted by のりたま at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光と巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

香里園のイタリアン

かほりまちテラス1階にありますイタリア料理店『Aprile*(アプリーレ)』へ。
IMG_5250.JPG
店内はテーブル同士の間隔が広く、天井も高いので、ゆったりとした雰囲気。

Kiotireというパーティプラン@3800を。
前菜3種、パスタ、メインディッシュ、ドルチェと90分飲み放題(〃▽〃)

(写真は、ドルチェ以外 4人前です)
サラダ
IMG_5251.JPG
紅芯大根(かな?)・生のなすび・柑橘類などが入ってます。

太刀魚のカルパッチョ
IMG_5252.JPG
美味し〜い!

ソーセージと、とうもろこし&生ハムのスフォルマート
IMG_5253.JPG
ソーセージが美味です。

魚介と枝豆のトマトパスタ
IMG_5254.JPG
魚介がたっぷり!

何杯目かのビールで、お腹がいっぱいになったところへ

メインの茶美豚♪
IMG_5255.JPG
けっこう厚切りでしたが、お肉が柔らかい。

最後のチョコケーキも美味しくて、女子会にはもってこいd(-ω☆) グッ!!
IMG_5256.JPG
ごちそうさまでした!

アプリーレイタリアン / 香里園駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4

posted by のりたま at 23:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもんやさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

静かな空間で蕎麦を嗜む

谷六の、ミシュラン一つ星店『そば切り 文目堂(あやめどう)』へ。

IMG_5211.JPG
古民家を改築されたお店です。
開店すぐの時間にもかかわらず、店内はほぼ満席。

メニューを見ると、そば前の種類がたくさん。
これは日本酒が飲みたくなりますね( *´艸`)

お蕎麦は、2種類。
蕎麦の実の部分だけを製粉した細切りと、蕎麦殻を挽き込んだ粗びき。
私は、細切りの鴨汁そばをいただきました。
IMG_5214.JPG

細く切られたお蕎麦は、とても繊細で美味し〜い(〃▽〃)
鴨肉も柔らかくて、とてもおいしい。

ざるそばを食べた相方が、鴨の塩焼きを注文したので
私も少しいただきました。
IMG_5216.JPG
山葵が合います♡

そば湯は、たっぷり。
蕎麦粉を足してるのかな? かなりトロトロでした。

お店の奥には内庭もあって、とてもゆったりといい雰囲気。
IMG_5215.JPG

静かな時間が流れていて、暑さに疲れた身体を癒してくれました。。。

そば切り文目堂そば(蕎麦) / 谷町六丁目駅松屋町駅谷町四丁目駅

昼総合点★★★★ 4.0

posted by のりたま at 22:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもんやさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

ジャケ買いはハズレだった

読書記録。

IMG_5224.JPG

『ファミリーツリー』 小川 糸 ポプラ文庫
「BOOK」データベースより↓
だって、僕たちはつながってる。厳しくも美しい自然に囲まれた場所で、少年はかけがえのないものを知る。
命のきらめきを描き出す、渾身の一作。新しい小川糸がここに。


父のイトコに恋をした少年の物語。お話は、なんだかなぁ・・・なんですが
カップヌードルの描写が上手!(笑)
小川糸さんにかかると、インスタントラーメンまで美味しそう(*´艸`*)

『白砂』 鏑木 蓮 双葉文庫
「BOOK」データベースより↓
予備校生殺人の事件を追う、鬼刑事・目黒一馬。
浮かび上がってきたのは、舞い降りた奇跡に翻弄された女たちの人生…執念の捜査の末に見たものとは。


帯の「涙腺崩壊!!」に釣られて買ったのですが・・・残念(^▽^;)

『忙しい日でも、おなかは空く。』 平松洋子 文春文庫
「BOOK」データベースより↓
うちに小さなごちそうがある。それだけで、今日も頑張れる気がした。
せわしない毎日がほんの少しおいしくなる、49皿のエッセイ。


ひとつひとつのエッセイに、簡単なレシピ(鶏の唐揚げの調味料は、しょうゆだけ)や
こだわりの道具(うぐいす形のレモン絞りとか♡)の写真がついています。
レシピはどれも、メモしておきたいものばかり。

『夢幻花』 東野圭吾 PHP文芸文庫
「BOOK」データベースより↓
花を愛でながら余生を送っていた老人・秋山周治が殺された。
第一発見者の孫娘・梨乃は、祖父の庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり、ブログにアップするとともに、この花が縁で知り合った大学院生・蒼太と真相解明に乗り出す。
一方、西荻窪署の刑事・早瀬も、別の思いを胸に事件を追っていた…。
宿命を背負った者たちの人間ドラマが展開していく“東野ミステリの真骨頂”。
第二十六回柴田錬三郎賞受賞作。


まさかの展開! 引き込まれて、一気読みでした。

『仮面病棟』 知念実希人 実業之日本社文庫
「BOOK」データベースより↓
療養型病院に強盗犯が籠城し、自らが撃った女の治療を要求した。
事件に巻き込まれた外科医・速水秀悟は女を治療し、脱出を試みるうち、病院に隠された秘密を知る―。
閉ざされた病院でくり広げられる究極の心理戦。そして迎える衝撃の結末とは。
現役医師が描く、一気読み必至の“本格ミステリー×医療サスペンス”。著者初の文庫書き下ろし!

本屋さんに平積みされているのを見て、ジャケ買いしたんやけど・・・
ちょいちょい挟んでくる恋愛感情的な文章などは、かなり読んでてイタイ感が(;^ω^)
始めの方、手術室の描写の段階で大筋がわかってしまって残念でした。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 東野圭吾 角川文庫
「BOOK」データベースより↓
夢をとるか、愛をとるか。現実をとるか、理想をとるか。人情をとるか、道理をとるか。
家族をとるか、将来をとるか。野望をとるか、幸せをとるか。
あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。しかしその正体は…。
物語が完結するとき、人知を超えた真実が明らかになる。


ファンタジーというかSF?のような作品でした。
最後には、それぞれのエピソードが時空を超えてつながって・・・
東野圭吾って、ミステリー以外もおもしろいな!
posted by のりたま at 23:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本が好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

KANSAIの浴衣

着物(浴衣やけどw)のカテゴリーで日記を書くのは
なんと今年は、まだ2回目(^▽^;)

A木さんから、3年半前に 寛斎の浴衣地をいただき
呉服屋さんに仕立てていただいいて
ようやく昨夜、花火鑑賞に着て行くことができました!

IMG_8180.JPG

IMG_8182.JPG

合わせた半幅帯は博多織り。
割り角出し結び・・・ひさしぶりすぎて、全然 覚えてなかった(^_^;)
同系色にしたら大人っぽくなるかな? と思ったけど
どうですかねぇ〜?

一夜明けた今日は、洗濯機にアクロン入れて「オシャレ着コース」で洗ってみましたー♪

特に色落ちや縮みもなかったので、一安心。
襟元だけキーピングをスプレーして、アイロンがけも無事に終了。
こんなふうに 絹の着物も、簡単に洗えたらいいのになぁ。。。
posted by のりたま at 21:05 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 着物日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

なにわ淀川花火大会

第28回 なにわ淀川花火大会、感動でしたー!!

昨年、吉野川の河川敷で花火を観て
これは絶対に、大阪の花火も河川敷で観たい!!
そして浴衣を着て行きたいので、できれば椅子席。。。

奮発して、パイプ椅子で観られるセブンイレブンシート(指定席)の前売券を
6月に購入! 

席に到着したのは、18時。(打ち上げ開始は19時40分)
心配していた雨雲も、どこかへ行ってくれました。

私たちは梅田会場、向こう岸は十三会場。
IMG_8186.JPG

花火ショーは、ちょうど1時間。
ずっと口を開けながら、瞬きもせずに、上を見上げていてました(ノ∀`*)ペチョン

いや〜、最高でした!!!!!
お腹に響く大音量が反響して、大砲のよう。
何尺玉かわからないけど、めっちゃ大きい花火の連発。
空一面が、花火に覆いつくされる。

クライマックスは
水中スターマインと打ち上げ花火を、これでもかー!!と。

(Canon IXY630)
カメラにおさまりきらない(^▽^;)

フィナーレ間近。

(iphone5s。相方が撮影)

写真は、全然 きれいに撮れませんでした (lll-ω-)ズーン

IMG_8195.JPG
(Canon IXY630の花火モード)

IMG_5167.JPG
(iphone6)

ふと・・・
相方と31年前も一緒に、旭区の河川敷で水都祭を観たなぁ〜と思い出し
その話をしたら、私がコンタクトレンズを落としたことを覚えていてくれて
ちょっと胸がキュンッとしました( *´艸`)
posted by のりたま at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光と巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする