吉岡銅山と広兼邸

次に向かったのは、ベンガラ館からすぐの、吉岡(吹屋)銅山・笹畝坑道

日本三大鉱山の一つといわれ、黄銅鉱や磁硫鉄鉱(硫化鉄鉱)などが産出されたそうです。
受付でヘルメットをお借りし
IMG_7951.JPG

入口に近づくと・・・・
IMG_4437.JPG
ひんや~り(〃▽〃) 涼しい風が吹き出ています。
1年中 坑道内は15℃♪ きもちい~い!!

天井の低いところが多々あります。
IMG_4456.JPG

照明のあたっているところには、苔が。
人工の光でも光合成できるんですねー。
IMG_4442.JPG

地面の右側は黄土色、左側は乳白色の水が・・・
IMG_4446.JPG

現在も、白菊酒造の日本酒の長期熟成に用いられています。
IMG_7950.JPG
大典白菊(たいてんしらぎく)というお酒。

広いところに出ると、待ってました! マネキンです(笑)
IMG_4450.JPG

IMG_4453.JPG

生野銀山ほどのイケメン揃いではありませんが( *´艸`)
IMG_4469.JPG

IMG_4465.JPG

写真ではわかりにくいのですが、とても大きな割れ目のようなところもあります。
IMG_4459.JPG

入口からは想像できない広さがありました。
IMG_4470.JPG

坑道から出ると、また蒸し暑い現実に(;´∀`)

最後に向かったのは、同じく吹屋ふるさと村にある《広兼邸》です。
大野呂の庄屋だったそうで、まるで城郭のような立派なお屋敷。
IMG_4472.JPG

坂を登った正面が楼門で、左側は下男部屋・番頭部屋・厩肥落とし・下女部屋が並んでいます。
IMG_4518.JPG

楼門の上には、不寝番部屋
IMG_4495.JPG

店の間・玄関・客間
IMG_4515.JPG

鬼瓦。なんの模様かなぁ??
IMG_4516.JPG

中庭には、水琴窟があり、廊下の奥には、土蔵があります。
IMG_4494.JPG

水琴窟のあたりから見た客間・玄関・店の間。
IMG_4482.JPG

茶室
IMG_4489.JPG

離れ座敷
IMG_4493.JPG

土蔵があり
IMG_4492.JPG

もちろんここにもベンガラの瓦。
IMG_4490.JPG

台所
IMG_4500.JPG
精米所や漬物置き場もありました。

居間
IMG_4497.JPG

お風呂場
IMG_4510.JPG

IMG_4512.JPG

手前から、厩(うまや)・種こんにゃく保存室・厠(かわや)・農作業場
IMG_4504.JPG

広兼邸では、映画《八つ墓村》のロケが、昭和52年と平成8年に行われたそうです!
あらためて鑑賞したくなりました( *´艸`)

おまけ。
帰りの龍野西SAのフードコートで食べた《赤穂塩ラーメン》と
アーモンドバターソフトが美味しかった♡(ソフトの写真はなし)
IMG_7954.JPG

この記事へのコメント