国宝の十一面観音様・聖林寺

天川村からの帰り道、ちょっぴり寄り道をして、桜井市の聖林寺へ。 手水場は・・・なんと、普通に蛇口です!  鐘楼。とてもいい音色でした。 どこにも説明がなかったので、蔵・・・かな? 庫裡・・・かな? 本堂前の十三重塔。 本堂です。 とても大きな石仏・子安延命地蔵菩薩様、阿弥陀三尊像、掌善童子様などが祀られていました。 本堂から…

続きを読む

水がきれい! 龍泉寺

涼を求めて、奈良県の天川村へ。 標高835mにある天川村の洞川地区は、涼しいとまではいきませんが、暑くない。 まずは龍泉寺。 総門と 二つの修験門があります。 総門を入ると、すぐにあるのが大峰山第一水行場。 水が透き通っています。 鐘楼 シンプルな手水場 水が冷たくて気持ちいい。 寺務所 便殿庫裡 神聖殿 …

続きを読む

蓬莱式枯山水庭園・頼久寺

備中松山城から1kmほど、岡山県高梁市にある頼久寺(らいきゅうじ)へ。 石段には芝生が。 山門 方丈 鐘楼 庫裡と玄関 本堂。ご本尊様は、聖観世音菩薩様(秘仏)。 書院手前の小部屋より見た中庭。石灯籠は、西念勧進によるもの。 丸窓、好きやなぁ♡ 書院前の蓬莱式枯山水庭園(国の名勝指定)は、小堀遠州の作。 愛宕…

続きを読む

神戸唯一の国宝建造物・太山寺

神戸市西区にあります太山寺(たいさんじ)へ。 仁王門(室町時代の建立・重文)。 仁王門から、中門までは少し歩きます。 途中には塔頭寺院の安養院があり、こちらの庭園は国の名勝に指定されています。 1月1日~1月3日、4月26日~5月5日、11月1日~11月30日に公開されるようです。 もう少し先に進むと、太山寺の中門があります。 手水舎と三重塔。 三重…

続きを読む

西国お礼参り・高野山(女人堂・金輪公園・徳川家霊台)

大門・金剛峰寺・奥之院・刈萱堂・金剛三昧院・檀上伽藍ときて バス通りを北西に上り、女人堂へ。 昔はここから先は、女人禁制でした。 以前は、高野山に入る入り口が7箇所あり、その全てに女人堂があったそうです。 今ではこの不動口の女人堂だけが残っています。 そしてこちらは、金輪公園にある金輪塔。 傷みが心配です。 公園の隣には影向明神があり、鬼子母神には猫…

続きを読む

西国お礼参り・高野山(檀上伽藍)

高野山、次に向かったのは檀上伽藍。 東塔。 三昧堂 大会堂 愛染堂(愛染明王を安置) そして国宝の不動堂。 別の角度から。 鐘楼 私たちが訪れたとき、ちょうど13時の鐘が鳴らされていました。 高野山開創1200年を記念して170年ぶりに、再建された中門。 先日、テレビの特集番組で見たのですが、こちらの柱、礎石の凹…

続きを読む

西国お礼参り・高野山(奥之院~刈萱堂・金剛三昧院)

高野山・金剛峰寺の次に向かったのは、奥之院。 高野山の信仰の中心であり、弘法大師さまが御入定されている聖地です。 中の橋の門 手水舎 1kmほど歩いて(一の橋からだと2km)、奥之院へ。 奥之院の手水場。 御廟の橋から先は、撮影禁止です。 灯籠堂の奥にある、弘法大師御廟の前にて、相方と読経しました。 奥之院の御朱印です。 護摩堂 …

続きを読む

西国お礼参り・高野山(大門~金剛峰寺)

西国三十三所巡礼のお礼参りは、善光寺だけかと思っていたら 高野山金剛峰寺・比叡山延暦寺・四天王寺などにお礼参りに行ってもいいそうなので 今週は大好きな高野山へ♪♪ ここでまず、高野山の備忘録。 2016年10月、結縁灌頂の日記はコチラ。 2016年1月、雪の高野山の日記はコチラ。 2015年5月、開創1200年記念・金堂ご本尊様ご開帳の日記はコチラ。 2014年7月、避暑に訪れ…

続きを読む

西国三十三所(二)・元善光寺

『一度詣れよ元善光寺 善光寺だけでは片詣り』と言われる飯田市の元善光寺へ。 6年ぶり、二度目の参拝です。前回の日記はコチラ。 階段の手すりが以前と変わってました。 山門 手水舎 平和の鐘は、撞けなくなっていました (lll-ω-)ズーン 本堂の香炉 徳川家の葵のご紋。 本堂にて読経。 こちらのご本尊様は、一光三尊阿弥陀如来様…

続きを読む

西国三十三所(二)・善光寺(後編)

朝食後、再び善光寺へ。 大勧進・放生池のハス越しに見た山門。 山門の上に上がると、山門ご本尊の文殊菩薩さまと四天王像が祀られています。 「鳩字の額」の真下あたりに窓があり、善光寺の参道がよく見えました。 改めて本堂へ。 前編とよく似た写真ですが、3時間前の写真は香炉に朝日があたっていました。 相方とお経を読みました。納め札を納めるところは無し。 本堂から見る…

続きを読む

西国三十三所(二)・善光寺(前編)

西国三十三所巡礼・お礼参りの旅、2日目は宿坊の玄関に、朝の5時集合。 宿坊の方に案内していただいて、善光寺へ。 6年ぶり、三度目の参拝です。前回の日記はコチラ。 山門へ進む参道の入り口にある「駒返り橋」と呼ばれる石橋。 源頼朝が善光寺を参詣した時に、馬の蹄が穴に挟まってしまった為に駒を返したそうです。 ぬれ仏さまの左側、朝日が昇ってきました。 山門(重文)…

続きを読む

善光寺・宿坊に泊まるの巻

土曜日は善光寺の宿坊・薬王院さんに泊まりました。 楽天トラベルで予約。 便利になってますねー。 善光寺には39の宿坊があり、こちらの薬王院さんは、善光寺が建立されたときに 阿弥陀堂として最初に建てられたそうです。 宿坊って、男子と女子に分かれて、見知らぬ誰かと雑魚寝・・・のイメージでしたが 普通に、相方と二人で一室でした。 部屋にはテレビとエアコン、空気清浄機…

続きを読む

別所温泉・常楽寺

ちょっと順番が変なことになっていますが 別所温泉では、北向観音堂 ⇒ 安楽寺 ⇒ 常楽寺の順で参拝しました。 北向観音の本坊が常楽寺とのことで、これは是非!行かなくてはと常楽寺へ。 階段を登ると、まず見えてくるのが、茅葺屋根の本堂です。 平成15年に修復工事が行われたそうですが、とても厚みがあり、風格を感じます。 樹齢350年と言われる御舟(みふね)の松(祈りの別所五木)。…

続きを読む

別所温泉・安楽寺

北向観音堂の次は、同じく別所温泉にある安楽寺へ。 北向観音の門から道路を渡ったすぐのところに、黒門があります。 ここから蓮池などを通り過ぎ、少し歩くと、山門が見えてきます。 石段にも苔が生えていて、かなりいい雰囲気。 山門をくぐります。 とても目を引くのが、『祈りの別所五木』と呼ばれる高野槙。 鐘楼 本堂 ご本尊は釈迦牟尼仏様。脇侍は文…

続きを読む

西国三十三所(二)・北向観音堂

西国三十三所巡礼・お礼参りの旅、寄り道が長くなってしまいました。 ようやくお礼参りとして向かったのは、長野県の番外3ケ寺。 地図のマーク、上から善光寺・北向観音・元善光寺です。 1泊2日の初日は、松本から近い、上田市・別所温泉の北向観音堂へ。 前回の日記はコチラ。 門からはお土産屋さんが並び 階段を登って、いざ。 手水舎は、「慈悲の湯」といい、温泉の…

続きを読む

一休寺にて、月釜に飛び入り参加

ちょっと前から、なぜか耳から離れない曲がありまして。 「一休さ~ん♪ ありがっとサンキュー♪ 一休さ~ん♪ お疲れさ~ん♪」      『一休さん』by水曜日のカンパネラ。 ついつい口ずさむ日々。 ということで・・・ 午前のコーラス練習後、午後から京田辺市の一休さんのお寺『酬恩庵一休寺』へ行きました。 5年ぶり二度目です。前回の日記はコチラ。 偶然、5年前も7月に参拝しているの…

続きを読む

静寂の蓮華寺(洛北)

京都市左京区(最寄り駅は、叡山電鉄三宅八幡駅)にある蓮華寺へ。 修学院から大原へ向かう途中にあり、今まで何度も前は通っていたのですが 参拝するのは、初めてです。 山門 庫裡へと続く石畳の参道がいい雰囲気ですよね。 鐘楼 井戸屋形。 約300体と言われる石仏群 庫裡の受付から入ると、書院との間に小部屋があり 阿弥陀三尊像が安置されていま…

続きを読む

三千院の苔と紫陽花

午後からは、大原の三千院へ。 今年はお正月に参拝しましたので、二度目です。 御殿門。 客殿の聚碧園。 国宝の阿弥陀三尊様が祀られている往生極楽院は、超満員です。 わらべ地蔵さま♡ 何度も参拝している三千院ですが、紫陽花の季節は初めてです。 折しも、雨が落ちてきました。 苔が喜んでます( *´艸`)

続きを読む

全国唯一? 千手千足観音様!

長浜の己高閣でいただいた「奥びわ湖観音めぐりガイド」を見ていると なんとも気になる仏像を発見♪ 【千手千足観音菩薩】!? 千の足??? 正妙寺というお寺におられるそうで、拝観予約専用と書かれた電話番号にかけ (この辺りの観音様は、町の人々が守っておられるため、拝観予約が必要なところが多い) ガイドに載っている地図をナビに入れて((((=・o・)ノ ゴーゴー♪ あ、いや~な…

続きを読む

国宝の十一面観音様・渡岸寺観音堂

長浜で 次に向かったのは、向源寺。 シーンと静まり返り、ここには観音様はいらっしゃいません。 少し歩き・・・ 渡岸寺(どうがんじ)観音堂へ。 こちらには手水場もあります。 寺務所の裏には池 本堂 本堂から渡り廊下で続いている宝物館に、国宝の十一面観音さまがおられました。 高くなった土台の周りには、正方形の枠がありますが、かなり近くでそのお姿…

続きを読む