伊予鉄道と道後温泉

今回の愛媛、1泊2日のお遍路旅は、松山の道後温泉に宿泊しました。 もとい、道後温泉が目の前にあるホテルに一泊しました(ノ∀`*)ペチョン 松山市内は、路面電車(伊予鉄道)が走っていて、テンション上がります♪ 道後温泉駅には、スタバが入っているんですねぇ!! 駅に入ってきた電車をパチリ。 駅前に展示されている坊ちゃん電車 商店街の居酒屋さんで夕食をす…

続きを読む

朝日としまなみ海道の橋と。

1月2~3日に、高知県にお遍路に行ったんですが またもや この3連休の2日間、お遍路に行ってしまいましたー(ノ∀`*)ペチョン 5時10分に家を出て、相方にワガママを聞いてもらい、 しまなみ海道を通ってもらいました♪ しまなみ海道の正式名称は、西瀬戸自動車道というそうで 広島県尾道市から愛媛県今治市を結ぶ約60kmの高規格幹線道路。 瀬戸内海の6つの島(向島・因島・生口島・大…

続きを読む

竜串海岸奇岩群

38番から39番札所へ向かう途中、竜串海域公園に寄り道♪ 映画『釣りバカ日誌14 お遍路大パニック』のロケ地になったところ。 私テキには、ここはかなり良かったですd(-ω☆) グッ!! 駐車場から約3分で、竜串海岸の入口に到着。 ちっちゃ!! この三角の石の部分でも高さ50cmほど(笑) 左奥に見える海岸が「見残し海岸」。 名前の由来は、あまりの難所ゆえ、弘法大師…

続きを読む

佐田沈下橋・だるま夕陽・白山洞門・足摺岬

このたびの高知から愛媛へのお遍路旅は 足摺岬にて1泊。 37番札所から、足摺岬に向かう途中、私がワガママを言って 寄り道してもらったのが・・・ 四万十川の一番下流にある佐田沈下橋。 川の水が透き通っています! ただ・・・沈下橋は、船に乗って見るのがいいのかなー?と思いました(笑) ウィキから拝借してきた写真です。 沈下橋に向かう途中でみつけた、…

続きを読む

冬のブルーメの丘

滋賀県甲賀のお寺を巡ったあとは、 そこからほど近い日野町にある滋賀農業公園 ブルーメの丘へ。 入場ゲート前には、雪が・・・ 12~2月は、シーズンオフということで、通常の半額(大人500円)で入園できます。 誰もいませんねぇ。。。 静かで、なかなかいい雰囲気♪ まずはこちらでお昼ご飯。 街のレストラン『エーデルワイス』です。 大人@150…

続きを読む

ジオパーク・夫婦岩・海の駅東洋町

室戸岬から、次の札所に向かう途中で立ち寄ったのが、室戸世界ジオパークセンター。 弘法大師さまの展示がありました。 この旅で、唯一の顔出し看板w 先に進み、室戸岬町と佐喜浜町の境、鹿岡鼻にある『夫婦岩』 大きな二つの岩が連注縄で結ばれています。 岩の蜂の巣構造と風紋がすごい。 国道55号線は、信号がほとんどなくて 海と山の間に道があ…

続きを読む

室戸岬でご来光を拝む

2日目の朝は、4時半に起床。 お部屋の風呂に入って、のんびり化粧をしても、朝食の7時まで長すぎる・・・ どうするー?? 奈半利町のお宿から、室戸岬まで往復してもらうという暴挙に出ました! 本日の日の出時刻は、6時23分。 室戸岬に到着したのが、6時20分。 あ~。。。あたりはけっこう明るい。 中央に小さく見える人物は相方です。 …

続きを読む

「モネの庭」マルモッタン

初日は、札所の30番から27番に行くという計画でしたが 31番と32番を追加したので、すっかり観光の時間がなくなってしまいました。 最後に少しだけ、北川村「モネの庭」マルモッタンへ。 チケット売り場で、この時間は睡蓮が咲いていないことを聞かされましたが せっかくなので、入ることにしました(入園料はJAF割引を使って630円) まずは『水の庭』へ。 おっと! 咲…

続きを読む

大型児童館ビッグバンで孫と遊ぶ♪

長男・二人の孫と一緒に、堺市にある大阪府立大型児童館ビッグバンへ。 えーっと・・・孫が写っていない写真があまりなくて 全然 伝わらないと思うんですが(;´∀`) まずは2階の電子動物園。 ペンで書いた動物をコンピューターに読みこませ タッチペンで色をつけると、大きな画面の中で動き出します。 3階では大きなマチカネワニの体内に入って遊んだり ワニの骨格を表現し…

続きを読む

トロッコとジオラマと嵯峨野湯

保津川下りで、亀岡から嵐山に下ったあとは・・・ 嵐山からトロッコに乗って、亀岡に戻ります。 (逆コースの方が良さげなんですが、駐車場代のことを考え、この順にしました!) 『トロッコ嵯峨』駅に行き、約2時間後に出発する座席指定のチケットを購入したので 列車の時刻までは、嵐山をぶらり。 まずは、嵯峨野湯にてランチ。 こちらのお店、前回はパンケーキをいただきました。 お豆…

続きを読む

保津川下り

京都の亀岡から嵐山へと、約16kmの保津川下り。 朝一番の船、最前列に乗り込みましたd(-ω☆) グッ!! 腰に救命胴具をつけ、いざー♪ 3人の船頭さんが案内して下さいます。 一人は前で、竿を川底や岩にあてて船を進め、一人は櫂を漕ぎながら楽しく説明して下さり、 もう一人は後尾で舵を取られます。 絶妙なコンビネーション! 途中で、三人の役割分担はローテーションされます。 …

続きを読む

岸和田城と八陣の庭

マイナスイオン・美味しいお肉・温泉と すっかり小旅行気分になった犬鳴温泉をあとにし、 次に向かったのは、岸和田城。 大阪で産まれ育った私、岸和田にお城があることをつい最近知ったのです! 背面から見たお城です。 お堀や石垣があり、こじんまりとしていますが、立派な天守閣! 石垣とお堀のあいだに、犬走りがあるのが特徴的です。 Wikipediaによると、日本100名城の選定対象と…

続きを読む

神秘の岩々・蘇洞門めぐり

小浜市で国宝めぐり・・・のはずだったのですが 沿道に掲げられている案内看板を見て、急きょ 若狭フィッシャーマンズワーフへ。 蘇洞門めぐりです。遊覧船は、毎時0分発。 10時発の便に間に合いましたd(-ω☆) グッ!! 長さ6km、およそ50分間の船の旅です♪ 三ツ岩・二ツ岩 海はとても穏やかで、気持ちいい♪ こうもり穴 モアイのような、鎌の腰 地…

続きを読む

五代松鍾乳洞とゴロゴロ水

天川村・洞川地区には、面不動鍾乳洞の他に、もうひとつ鍾乳洞があります。 五代松鍾乳洞です。 ごろごろ水の採水場の向かいに、モノレール乗り場があります。 モノレールは20分に1本の運行で 2時間待ちとのことなので、あきらめました (lll-ω-)ズーン・・・ 先頭車両はこんな感じ( *´艸`) めっちゃ魅力的なモノレール♪ いつか乗ってみたい。。。 …

続きを読む

かりがね橋と川魚センター

面不動鍾乳洞から山道を降りてくると、途中で分かれ道があり かりがね橋の方へ向かいました。 まん中あたりまで来ると、けっこう揺れて、いい風が吹いています。 洞川温泉を一望。 あとで下から見上げた橋。 かりがね橋を引き返し、次に向かったのは、川魚センター。 ・・・センターの写真は撮り忘れました(ノ∀`*)ペチョン 炭火で焼きたての川魚がいただ…

続きを読む

七色の面不動鍾乳洞

天川村洞川地区を見下ろす高台の地底に広がる面不動鍾乳洞へ。 入口と書かれたアーチをくぐり、少し登ると 面不動モノレール「どろっこ」の乗り場があります。 少し並んで待ってみたのですが、一度に乗れる人数が16人らしく 何分待てばいいかわからず、大きな蜂が飛び回っているのも怖かったので 徒歩で登ることにしました。 (写真は、終点の鍾乳洞入口で撮影) 九十九折れの階段を登り…

続きを読む

吉岡銅山と広兼邸

次に向かったのは、ベンガラ館からすぐの、吉岡(吹屋)銅山・笹畝坑道。 日本三大鉱山の一つといわれ、黄銅鉱や磁硫鉄鉱(硫化鉄鉱)などが産出されたそうです。 受付でヘルメットをお借りし 入口に近づくと・・・・ ひんや~り(〃▽〃) 涼しい風が吹き出ています。 1年中 坑道内は15℃♪ きもちい~い!! 天井の低いところが多々あります。 照明のあたっているとこ…

続きを読む

吹屋の町並みとベンガラ館

岡山県高梁市って、けっこう広いんですね~。 備中松山城→頼久寺の次は、車で40分ほど走り 標高550m、同じ高梁市内の吹屋ふるさと村へ。 江戸から明治にかけて、鉱山の町として栄えたところ。 吹屋は「ベンガラの町」と呼ばれています。 ベンガラは「弁柄」とも「紅殻」とも書く赤色顔料で、 吹屋で製造されるベンガラは品質が格段に優れ、「赤の中の赤」と珍重されたそうです。 吹屋バイパ…

続きを読む

天空の城塞・備中松山城

現存天守の残る日本一高い山城、岡山県高梁市にある備中松山城(重文)へ! 城見公園駐車場(無料)に車を停め、シャトルバス乗降所にてお弁当を買い込み シャトルバス(往復400円)に乗り、ふいご峠へ。 そこからは猛暑の中、山道を約15分歩いて登ります。けっこうきつかったです(;^ω^) 少し登ったところに「中太鼓の丸跡」 そこからさらに、登ります。 滴る汗を拭きふき…

続きを読む

フウセンウオに一目惚れ

毎日、蒸し暑いですね(;^_^A  水族館なら涼めるかと・・・ またまたまた中小企業を支援する某・公益財団法人の懸賞が当たり、 スマスイこと須磨海浜水族園へ♪(前回の日記はコチラ) 開演の10分前に着くと、すでに行列。 まずは本館1階の《海の大水槽》 ヒョウモンオトメエイ。ヒョウ柄です!! 7月1日~8月2日まで、期間限定展示のフウセンウオがかわいい♡ 吸盤で石にく…

続きを読む