西国三十三所(二)・善光寺(後編)

朝食後、再び善光寺へ。 大勧進・放生池のハス越しに見た山門。 山門の上に上がると、山門ご本尊の文殊菩薩さまと四天王像が祀られています。 「鳩字の額」の真下あたりに窓があり、善光寺の参道がよく見えました。 改めて本堂へ。 前編とよく似た写真ですが、3時間前の写真は香炉に朝日があたっていました。 相方とお経を読みました。納め札を納めるところは無し。 本堂から見る…

続きを読む

西国三十三所(二)・善光寺(前編)

西国三十三所巡礼・お礼参りの旅、2日目は宿坊の玄関に、朝の5時集合。 宿坊の方に案内していただいて、善光寺へ。 6年ぶり、三度目の参拝です。前回の日記はコチラ。 山門へ進む参道の入り口にある「駒返り橋」と呼ばれる石橋。 源頼朝が善光寺を参詣した時に、馬の蹄が穴に挟まってしまった為に駒を返したそうです。 ぬれ仏さまの左側、朝日が昇ってきました。 山門(重文)…

続きを読む

善光寺・宿坊に泊まるの巻

土曜日は善光寺の宿坊・薬王院さんに泊まりました。 楽天トラベルで予約。 便利になってますねー。 善光寺には39の宿坊があり、こちらの薬王院さんは、善光寺が建立されたときに 阿弥陀堂として最初に建てられたそうです。 宿坊って、男子と女子に分かれて、見知らぬ誰かと雑魚寝・・・のイメージでしたが 普通に、相方と二人で一室でした。 部屋にはテレビとエアコン、空気清浄機…

続きを読む

別所温泉・常楽寺

ちょっと順番が変なことになっていますが 別所温泉では、北向観音堂 ⇒ 安楽寺 ⇒ 常楽寺の順で参拝しました。 北向観音の本坊が常楽寺とのことで、これは是非!行かなくてはと常楽寺へ。 階段を登ると、まず見えてくるのが、茅葺屋根の本堂です。 平成15年に修復工事が行われたそうですが、とても厚みがあり、風格を感じます。 樹齢350年と言われる御舟(みふね)の松(祈りの別所五木)。…

続きを読む

別所温泉・安楽寺

北向観音堂の次は、同じく別所温泉にある安楽寺へ。 北向観音の門から道路を渡ったすぐのところに、黒門があります。 ここから蓮池などを通り過ぎ、少し歩くと、山門が見えてきます。 石段にも苔が生えていて、かなりいい雰囲気。 山門をくぐります。 とても目を引くのが、『祈りの別所五木』と呼ばれる高野槙。 鐘楼 本堂 ご本尊は釈迦牟尼仏様。脇侍は文…

続きを読む

西国三十三所(二)・北向観音堂

西国三十三所巡礼・お礼参りの旅、寄り道が長くなってしまいました。 ようやくお礼参りとして向かったのは、長野県の番外3ケ寺。 地図のマーク、上から善光寺・北向観音・元善光寺です。 1泊2日の初日は、松本から近い、上田市・別所温泉の北向観音堂へ。 前回の日記はコチラ。 門からはお土産屋さんが並び 階段を登って、いざ。 手水舎は、「慈悲の湯」といい、温泉の…

続きを読む

信州そばを堪能

信州の旅、初日のお昼ご飯は、松本城からほど近い、そば屋 五兵衛へ。 私がいただいたたのは、1日10食限定の 特製手臼碾き・粗碾き生粉打ちそば@1200 10割蕎麦です。 相方は、そと二つなぎの せいろ大盛り@1000を。 そと二とは、普通の二八よりも蕎麦粉の割合が多い(蕎麦粉10:小麦粉2)ということ。 はじめはお塩だけで、そのあと そばつゆでいただきました。 …

続きを読む

漆黒の天守・松本城

この週末は、西国三十三所巡のお礼参りの旅。一泊二日で長野県へ。 地図をチェックしていると、どうしても行きたいところを発見!  行程の都合で、まずは松本城に行くことに。 このあたりのマンホールは、松本手まりのデザイン。素敵! 赤い埋橋越しの松本城 睡蓮が咲いています♡ 内堀がめっちゃ浅くて、びっくり! 高麗門から入ります。 黒門 …

続きを読む

一休寺にて、月釜に飛び入り参加

ちょっと前から、なぜか耳から離れない曲がありまして。 「一休さ~ん♪ ありがっとサンキュー♪ 一休さ~ん♪ お疲れさ~ん♪」      『一休さん』by水曜日のカンパネラ。 ついつい口ずさむ日々。 ということで・・・ 午前のコーラス練習後、午後から京田辺市の一休さんのお寺『酬恩庵一休寺』へ行きました。 5年ぶり二度目です。前回の日記はコチラ。 偶然、5年前も7月に参拝しているの…

続きを読む

初体験・FICE内視鏡

恥ずかしながらワタクシ、自身の体調の変化には、めちゃめちゃ神経質です( *´艸`) 子どもの頃から、あまり丈夫な方ではなくて 風邪を引くと、必ずこじらせてしまいます。 6月13日に扁桃腺が腫れ、38.5度の熱が出ました。 早々に寝て、翌日には平熱に戻ったので、仕事に行ったのですが その日から、声が嗄れてしまいました。 近所の耳鼻科に通って、お薬もいただいたのですが 鼻が喉の…

続きを読む

3~6月に読んだ本の記録

お寺の日記を書くのに忙しくて、書きそびれておりました(ノ∀`*)ペチョン 最近、あまり本を読んでおりませんが・・・記録ということで。 左上から 『ひかりごけ』 武田泰淳 新潮文庫 『火花』 又吉直樹 文春文庫 『さよなら渓谷』 吉田修一 新潮文庫 『疫病神』 黒川博行 新潮文庫 『おさがしの本は』 門井慶喜 光文社文庫 『君の膵臓を食べたい』 住野よる 双葉文庫 『…

続きを読む

静寂の蓮華寺(洛北)

京都市左京区(最寄り駅は、叡山電鉄三宅八幡駅)にある蓮華寺へ。 修学院から大原へ向かう途中にあり、今まで何度も前は通っていたのですが 参拝するのは、初めてです。 山門 庫裡へと続く石畳の参道がいい雰囲気ですよね。 鐘楼 井戸屋形。 約300体と言われる石仏群 庫裡の受付から入ると、書院との間に小部屋があり 阿弥陀三尊像が安置されていま…

続きを読む

三千院の苔と紫陽花

午後からは、大原の三千院へ。 今年はお正月に参拝しましたので、二度目です。 御殿門。 客殿の聚碧園。 国宝の阿弥陀三尊様が祀られている往生極楽院は、超満員です。 わらべ地蔵さま♡ 何度も参拝している三千院ですが、紫陽花の季節は初めてです。 折しも、雨が落ちてきました。 苔が喜んでます( *´艸`)

続きを読む

待ちました・・・来隣

今日はお天気がよろしくない予報。 朝から家の掃除・アイロンがけなどをして、あとはのんびり過ごすつもりだった ・・・のですが ふと、大原・三千院のアジサイがきれいだろうな~、なんて思い立ち 遅めの出発で、大原へ。 11時40分、大原に到着。 大原リバーサイドカフェ・来隣へ。 11時半開店の人気店は、すでに満席です。 二巡目では座れると思い、店前のボードに名前を書き、待つ…

続きを読む

全国唯一? 千手千足観音様!

長浜の己高閣でいただいた「奥びわ湖観音めぐりガイド」を見ていると なんとも気になる仏像を発見♪ 【千手千足観音菩薩】!? 千の足??? 正妙寺というお寺におられるそうで、拝観予約専用と書かれた電話番号にかけ (この辺りの観音様は、町の人々が守っておられるため、拝観予約が必要なところが多い) ガイドに載っている地図をナビに入れて((((=・o・)ノ ゴーゴー♪ あ、いや~な…

続きを読む

国宝の十一面観音様・渡岸寺観音堂

長浜で 次に向かったのは、向源寺。 シーンと静まり返り、ここには観音様はいらっしゃいません。 少し歩き・・・ 渡岸寺(どうがんじ)観音堂へ。 こちらには手水場もあります。 寺務所の裏には池 本堂 本堂から渡り廊下で続いている宝物館に、国宝の十一面観音さまがおられました。 高くなった土台の周りには、正方形の枠がありますが、かなり近くでそのお姿…

続きを読む

鶏足寺・戸岩寺→己高閣・世代閣

華厳寺から「観音の里」と言われる滋賀県長浜市に向かいました。 まずは鶏足寺(旧飯福寺)へ。 カーナビに入力すると、通れない道を案内されてしまい 石道寺の駐車場に車を停めて、鶏足寺へと歩きました。 石道寺 そして鶏足寺。 参道は青もみじがとてもきれいです。 紅葉の季節は、圧巻でしょうねぇ! 金剛院跡地。 廃寺になっており、ほとんどの建物が失…

続きを読む

道の駅にある藤橋庵

岐阜県揖斐郡揖斐川町にあります道の駅「ふじはし」へ。 まずは足湯♪ お湯は少しトロリとしています。めっちゃ気持ちいい(〃▽〃) ほっこりしたところで、ちょうど時間は11時。 早起き我が家のランチタイム♪ 足湯のすぐ近くにあるお蕎麦屋さん「藤橋庵」へ。 私は大根おろしと、えびとカボチャの天ぷらが乗った海老おろしそば(冷)を。 相方は、特選天ざるそばを。…

続きを読む

西国三十三所(二)・華厳寺・・・満願!

西国第33番札所、岐阜県揖斐町の谷汲山・華厳寺へ! 二度目の満願です(〃▽〃) 一度目の日記はコチラ。 放生池の地蔵堂 十王堂 羅漢堂 青モミジがきれいです。 明王院 焼香場 手水舎 経堂 英霊堂 三十三所堂 いよいよ本堂へ。 精進落としの阿吽の鯉。 …

続きを読む

国宝の十一面観音様・道明寺

葛井寺(藤井寺市)→野中寺(羽曳野市)と来て 再び藤井寺市の道明寺へ。 関西風桜餅に使われる「道明寺粉(道明寺糒)」発祥の尼寺です。 1800年、神仏分離により隣接している道明寺天満宮境内から現在地に移転したそうです。 楼門です。 境内から見ると、楼門の2階部分に梵鐘があり、鐘木が見えています。 もともとは鐘楼だったのを、移設した際に門に改築したそうです。 手水…

続きを読む