飛鳥仏に会える法輪寺

奈良県の斑鳩町には、5kmにわたる「三塔いにしえの道」があります。 法隆寺五重塔、法輪寺三重塔、法起寺三重塔と続く斑鳩三塔を結ぶ道です。 法隆寺・中宮寺の次は、法輪寺へ。 表門を入ってすぐ、右手に手水舎。 鐘楼。 三重塔。 昭和19年に落雷で焼失し、国宝指定は解除となってしまいましたが 昭和50年に再建されました。 塗料の朱色が落ちて、土台部分が赤…

続きを読む

法隆寺東大門近く、可愛いお店で美味しいランチ

法隆寺の東大門を出たところで、ふと脇道を見ると「ランチ」の旗を発見! 複合店舗「まほろばステーション ikarucoki(イカルコキー)」です。 さっそく行ってみると、こんなかわいいロボットがお出迎え~(〃▽〃) 建物は築約80年の元・塩&醤油屋さんだったところ。 お店に入ると、まずは奈良のセレクトショップがあり その奥の左側に もひとつ扉。 こちらがCafeこもどで…

続きを読む

菩薩半跏思惟像と再会・中宮寺

法隆寺の東院伽藍の東側に隣接し、四脚門の中にある 旧斑鳩御所・中宮寺(ちゅうぐうじ)へ。 2年ぶり、二度目。菩薩半跏思惟像との再会。 こちらは「大和三門跡尼寺」の一つで(他は法華寺、円照寺) 創建当初は400メートルほど東にありましたが、16世紀末頃に現在地に移転したそうです。 入口に立っている案内パネルの写真、思いっきり反射してますが この角度からの菩薩様、いいなぁ~(〃▽…

続きを読む

仏教文化の宝庫・法隆寺

世界遺産・法隆寺へ。 5年ぶり、三度目の参拝です。 前回の日記、前編はコチラ、後編はコチラをどうぞ。 まずは松林の参道を歩き 南大門(国宝) 入ってすぐ、左側にある子院・地蔵院。 こちらの飾り瓦は、なんともかわいいウサギです♡ 中門前の手水舎。 中門(国宝)は修復工事中でした。完成は来年12月の予定とか。 受付で、拝観…

続きを読む

利休ゆかりの南宗寺

泉佐野市から岸和田市へ。そして最後は堺市の南宗寺へ。 総門。 こちらは境内に、徳泉庵・海会寺・天慶院・本源院がありますが いずれも非公開です。 甘露門(重文) これは甘露門の近くにあったもの 客殿 鐘楼 こちらから入ると 参道は、瓦の道。 禅堂 坐雲亭 方丈 古田織部作と言われる国の…

続きを読む

岸和田城と八陣の庭

マイナスイオン・美味しいお肉・温泉と すっかり小旅行気分になった犬鳴温泉をあとにし、 次に向かったのは、岸和田城。 大阪で産まれ育った私、岸和田にお城があることをつい最近知ったのです! 背面から見たお城です。 お堀や石垣があり、こじんまりとしていますが、立派な天守閣! 石垣とお堀のあいだに、犬走りがあるのが特徴的です。 Wikipediaによると、日本100名城の選定対象と…

続きを読む

森林浴を楽しめるカフェテラスで衝撃の・・・

犬鳴山参道沿いにあるカフェテラス空(くう)にてランチ。 こちらはペット同伴OKのお店。(ちょこんと座っている犬は置物ですがw) 犬鳴渓谷の上に張り出したテラス席へ。 あちらこちらに工事現場の足場のような単管が見え、手作り感満載( *´艸`) テーブルの近くを誰かが歩くたびに、床がめっちゃ揺れるのでドキドキ。 頭上の日差しは、生い茂った木々がさえぎってくれます。 こ…

続きを読む

十二年に一度のご開帳・七宝瀧寺

泉佐野市犬鳴山にある七宝瀧寺(しっぽうりゅうじ)へ。 対向車と離合するのに一苦労するような山道を登って、9時すぎに到着したら、 50台停められるという駐車場はすでに満車。 入口からだいぶん離れた場所に車を停めました。 それもそのはず、12年に一度(酉年)3日間だけのご開帳日だったのです! 犬鳴山全図を拝見し まずは本堂と反対の方から参拝することに。 「犬鳴山…

続きを読む

予約必須・むぎわら食堂

守口市の滝井駅近くにある『むぎわら食堂』へ。 以前から気になっていたお店なのですが ランチ営業されているのが、水曜日と木曜日だけだったので なかなか行けないお店でした。 今日は、何気に むぎわら食堂さんのHPを確認すると 土日がランチ、水曜日が喫茶と小菓子に変わっています! さっそく11時の開店時間に伺うと、予約人数の確認で けっこう待たされ・・・ OKとのことなので、…

続きを読む

東寺の塔頭・観智院

東寺の北大門から出てすぐ、塔頭で別格本山の観智院へ。 これまで春と秋の特別公開とされていましたが、今年から通年公開されるようになったそうです。 柄杓があったので、手水場ですよね。かわいい。 庫裡の玄関から入ると、受付と売店があるのですが、とてもきれいに改修されています。 国宝の客殿も畳が入替され、いい匂い。 上段の間には、宮本武蔵筆の「鷲の図」と「竹林の図」が描かれ…

続きを読む

京都のランドマーク・東寺

琵琶湖の帰りに立ち寄ったのは、世界遺産・東寺。 東寺って・・・すぐそばを車で通ることが多く 何度も参拝しているような気がするのですが ちゃんと参拝するのって、実は2度目、4年半ぶり。(前回の日記はコチラ) 駐車場の隣、蓮池の奥にある宝蔵。 北大門の近くにある手水舎。 このあたりまでは、拝観無料です。 講堂・金堂・五重塔のあたりまで行くには、拝観料が必要になり…

続きを読む

琵琶湖畔にて、浮御堂を見ながらランチ

大津市本堅田にあるイタリアン、ペコリーノへ。 開店より早く着いてしまったので、しばらく辺りを散策。 目の前に広がる琵琶湖、そして浮御堂♡ 浮御堂側から見たお店。 時間になったので、お店へ。 玄関で靴を脱ぎ、スリッパを履きます。 窓際の席に案内されました。 浮御堂が見えます。 ランチメニューは、前菜・パン・デザート・ドリンクのついたコース。 メ…

続きを読む

20年ぶりの献血

今は全然、大丈夫なんですが 子どもの頃の私は、貧血がきつかったのです・・・・ 小中学校の頃は、始業式や終業式の日は 保健室に運ばれる日と決まってました。 高校生の頃が一番ひどくて 二日に一度、病院に通って造血剤の注射を打ち 体育の授業は見学していました。 お医者様からは、赤血球の量が正常の半分、大きさも半分だと言われた記憶があります。 大きさも半分ってのは大げさ?・・・記…

続きを読む

若狭小浜 国宝めぐり・国分寺

小浜の国宝めぐり、最後に向かったのは、国分寺です。 なんとまさかの8ケ寺コンプリートです! 鐘楼 拝観受付に行くと、先にご朱印を書いて下さって 金堂(釈迦堂)を開けて下さいました。 像高318cmの釈迦如来坐像が鎮座しておられます。 「国分の大仏様」と呼ばれているそうです。 それにしてもこの釈迦堂、外から見たらわかりませんが、 中に入ると、板壁…

続きを読む

若狭小浜 国宝めぐり・萬徳寺

小浜の7ケ寺目は、萬徳寺へ。 書院に案内していただき 書院から蓬莱式枯山水庭園(国指定名勝)を。 右側に鐘楼が見えますが、近づくことはできません。 案内の女性が、お寺の歴史などの説明して下さいました。 ここからは自分たちだけで庭園の脇を通って阿弥陀堂へ。 扉を開けて、中へ。 阿弥陀如来様(重文)が安置されています。 台座に仏像の裳先が垂れかかる…

続きを読む

若狭小浜 国宝めぐり・神宮寺

小浜の6ケ寺目は、神宮寺へ。 毎年3月2日に行われる、奈良・東大寺二月堂への「お水送り」神事が有名だそうです。 表門(仁王門は少し離れたところにあり) 苔の絨毯がとてもきれい。 手水場 本堂(重文)入口には、お寺には珍しい注連縄がかけられています。 あとでわかったのですが、神仏習合のお寺で、参拝する際には柏手を打つそうです! この日、小浜の8ケ寺を参拝し…

続きを読む

若狭小浜 国宝めぐり・多田寺

小浜の5ケ寺目は、「多田のお薬師さん」こと多田寺へ。 『3日前までに要予約』と書かれていたので、ダメ元で電話をすると 今日は拝観可能とのこと。幸運に感謝! 仁王門 金剛力士像はかなり色が剥げ、目が真っ白なのが怖かった(;´∀`) 正面が本堂、左は鐘楼、右が受付です。 鐘楼では、いつになくソッと鐘を撞きました。 というのも、こんな立て看板があったからな…

続きを読む

若狭小浜 国宝めぐり・圓照寺

小浜の4ケ寺目は、圓照寺へ。 鐘楼には幕のようなものがありましたが、撞いても大丈夫でした。 睡蓮がきれいに咲いています♡ 拝観受付に行きチャイムを鳴らすと、案内の方が出てきて 大日堂の扉を開けて、説明をして下さいました。 丈六(座像で251.5cm)の大日如来様(重文)は、藤原時代の作。 緑色の光背は、後からつけられたものだそう。 拝む位…

続きを読む

若狭小浜 国宝めぐり・妙楽寺

小浜で行ってみたいと思っているお寺は、8ケ寺。 1日で全部まわるのは無理と思われたので、観音様のおられるお寺優先で 3ケ寺目は、妙楽寺へ。 駐車場の先に、まず受付がありました。 参道を進むと、赤い橋があり、その向こうに山門。 真っ赤な金剛力士像にちょっと驚きます。 ひっそりとして、暑さを忘れそうな木立。 苔がすごい。 鐘楼は、かなり傷み…

続きを読む

絶品!海鮮丼@食彩ごえん

小浜のランチは、食彩ごえんへ。 開店してすぐだったので、海の見える座敷に案内していただけましたd(-ω☆) グッ!! (そのあとは30分もしないうちに満席になり、行列ができました) 私がいただいたのは、海鮮丼@1200 小鉢とお味噌汁とお漬物もついています。 まぐろ・イカ・かんぱち・ぼたんえび・サーモン・トリ貝・いくら・しらす。 わーい! 好きなものばっかり乗って…

続きを読む