とても小さな弥勒菩薩さま・野中寺

葛井寺からほど近い、羽曳野市にあります野中寺(やちゅうじ)へ。 野中寺は 聖徳太子建立の寺院で、「河内三太子」の一つ、「中之太子」とも呼ばれています。 金剛力士像。 どことなく愛嬌があります(〃▽〃) 門を入ると、東西に建物礎石が残されています(国史跡指定)。 塔跡 金堂跡 ヒチンジョ池西古墳石棺 これは南西1kmほど離れたところで発見されたもの…

続きを読む

西国三十三所(二)・葛井寺

兵庫県宝塚市から大阪府藤井寺市に移動し、第5番札所・葛井寺へ。 6年半ぶり、二度目の参拝です。前回の日記はコチラ。 こちらも毎月18日がご開帳なので、この日を待っておりました♪ 楼門 鳥居の向こうには、弁天池。 ヴィクリディタサマデ・キリク(休憩処)前には、蓮が一輪 咲いていました。 釣鐘堂 手水舎 このあたりは、露店が出ていました。 …

続きを読む

西国三十三所(二)・中山寺

約1ヶ月ぶり、西国三十三所 巡礼の旅へ! 今回はちょっと離れているのですが、24番の中山寺と5番の葛井寺に行きました。 朝一番に向かったのは、毎月18日にご開帳という、宝塚市の第24番札所・中山寺です。 大坂・兵庫あたりでは、安産祈願のお寺として、よく知られていますね! 中山寺は6年ぶり2度目なのですが、前回は本堂屋根の改修工事中だったのと 雨だったので、あまり印象に残って…

続きを読む

紫陽花ごしの多宝塔・久米寺

最後は橿原市にあります久米寺へ。 何かの塔の跡(大塔礎石) 手水の吹き出し口が変わっています。鯉に仏様が乗ってらっしゃる?? 薬師如来様が祀られている本堂 なまずの奉納絵馬。何かいわれがあるのかな? 樋受石を支えている鬼がかわいい。 久米仙人像を見そびれてしまったのが心残り。 若い女性のふくらはぎに見惚れて神通力を失ったと…

続きを読む

日本最大の騎獅文殊・安倍文殊院

奈良県桜井市にある日本三大文殊第一霊場の安倍文殊院へ。 三大文殊霊場のあとの二つは、山形県の大聖寺と天橋立の智恩寺です。  表山門 ほとんどの人が車で来られるとのことで、ひっそりとした山門です。 ずいぶん傷みが激しい箇所がありました。 手水舎 本堂 僧侶の方が説明をして下さったあと、いよいよ文殊菩薩様の真ん前へ。 日本最大(高さ7m)の快慶作・騎獅文殊…

続きを読む

幻と言われた大寺・西大寺

次に向かったのは、西大寺。 30年ほど前、大茶盛に参加したことがあるのですが、それ以来なので・・・ 全く境内の様子は覚えてなくて、初めて訪れたお寺という印象です。 南門 鐘楼 本堂・愛染堂・四王堂の共通拝観券@800です。 こんな素敵なチケット、他では見たことがありません。 お堂に入るときに、四隅の角をちぎって下さいます。 聚宝館は公開していないので、事前…

続きを読む

観音様にうっとり・法華寺

奈良市の法華寺へ。 2年ぶり二度目の参拝です。前回の日記はコチラ。 光明皇后ゆかりの門跡尼寺です。 門の上、写真中央あたりに乗っている瓦が帽子のような形。なんのモチーフかな? 受付を入ると、とても大きな鐘楼堂(重文)があります。 不動明王様が祀られている護摩堂。 池の周りには、花菖蒲がたくさん咲いています。 本堂(重文)へ。 入るとすぐ…

続きを読む

日本のガーデニング(光明院)

最後に向かったのは、東山区。 25ある東福寺塔頭のひとつ、光明院へ。 受付に人はいませんが、大きな竹筒が立てかけてあるので、そこに志納金を納めます。 「観庭楼(かんていろう)」という茶室から入ります。 茶室・書院・本堂は廊下でつながっていて、 どの部屋からも重森三玲作の「波心の庭」が見えます。 躑躅(つつじ)が雲を、白砂は海を、小石は波飛沫を表…

続きを読む

詩仙堂のサツキ

北へ向かい、左京区一乗寺にある詩仙堂こと凹凸窠(おうとつか)へ。 5ケ月ぶりの参拝です。雪の詩仙堂の日記はコチラ。 小有洞(門)の写真は、今回なし・・・ということで 老梅関から。 嘯月楼 この雲形の窓の向こう側に、馬郎婦観音さまが安置されています。 書院より、サツキ(皐月躑躅)が愛らしいお庭を。 ここに座って、鹿威しの音に耳をかたむけるのが、至福の時♪ …

続きを読む

緑生い茂る法然院

午後一番のコーラス本番後、京都へ向かいました。 左京区鹿ヶ谷にある法然院(正式名称:法然院萬無教寺)へ。 茅葺で数奇屋造りの山門。 趣があって、いい感じ! 山門をくぐると・・・ 白砂壇(びゃくさだん) 水を表わす砂壇の間を通ることで、心身を清めて浄域に入ることを意味しているそうです。 左右で模様が違います。 見上げると、少し高いところに…

続きを読む

よく響く体育館にて

ひだまりコーラス、プチコンサート。 毎年恒例・小学校のPTAクラブ交流会に参加です。 お風呂のようによく響く体育館にて歌ってきました。 歌った曲は ♪女声二部合唱のための「歌姫伝説 涙編」より    『聖母たちのララバイ』~『あなた』 ♪しあわせよカタツムリにのって 歌姫伝説は、みなさんよくご存じ 昭和の懐メロ。 アルトは低音なので、常に喉に落ちないよう気を付けて歌うので…

続きを読む

人生初!プロ野球観戦♪

人生初のプロ野球観戦♪ 阪神甲子園球場へ! 甲子園球場は・・・ 私が高校3年生のとき、高校野球の開会式と閉会式で演奏したとき以来なので 30・・・ウン年ぶりです(笑) 特にどこかの球団が好きとかはないのですが、阪神タイガースの選手は 朝のニュースでよく見ていて、お顔がわかるのでいいな~と思ったのと 野球はルールがわかるので、生で見たら絶対に面白いだろうと思い ありがたくいた…

続きを読む

神呪寺(西宮市)

兵庫県西宮市、甲山(かぶとやま)の中腹にある神呪寺(かんのうじ)へ。 このあたり、ハイキングされている人たちが多数。 巨大な石塔にびっくり! まずは手水舎で手と口を清め 鐘楼へ。 この鐘をつく橦木(しゅもく)、かなり重量感がありました。 本堂。 融通観音こと、如意輪観音坐像(重文)は、「日本三大如意輪」ともいわれ、 毎年5月18日だけの…

続きを読む

身体が喜ぶランチ・あみかふぇ

奈良でのランチは、大和西大寺にあります あみかふぇへ。 お水と一緒に、持ってきて下さったのは、自家製の甘酒ドレッシング。 AMIランチ@1200をいただきました(6月からは100円値上がりするみたいです) ・前菜4品とサラダ ・メイン 魚または肉料理 ・お味噌汁(奈良県産五徳味噌) ・大柳生産ひとめぼれ(玄米ごはんor五分ごはんor季節のごはん) ・本日のデザート …

続きを読む

女人裸形阿弥陀仏・璉珹寺

最後に向かったのは、西紀寺町にある璉珹寺(れんじょうじ)。 毎年5月の1ヶ月間だけ、ご本尊の阿弥陀如来立像と、脇侍の観音菩薩立像・勢至菩薩立像がご開帳されます。 山門 山門の上、両脇を阿吽の狛獅子が守っています。 めちゃかわいい♡ 門を一歩入ると、境内にはなんとも芳しいお花の香り。 お寺の方に尋ねると、マツリカ(ニオイバンマツリ)というお花だそうです。 …

続きを読む

苔の寺・秋篠寺

次に向かったのは、奈良市秋篠町にある秋篠寺です。 東門から入ります。 門から受付まで、苔がフカフカです♪ 雨上がりなどは、さぞかし美しいことでしょう。 十三社 大元堂 秘仏の大元帥明王様は、毎年6月6日だけご開帳されるそうです。 開山堂 本堂(国宝) 本堂には、ご本尊の薬師如来様と日光・月光菩薩様、帝釈天さまと とて…

続きを読む

花の寺・岩船寺

本日は京都と奈良の3ケ寺へ。 まずは木津川市の岩船寺です。 「関西花の寺二十五か所霊場」の第15番。 山門の手前にある石風呂。 修行僧が身を清めたそうです。 山門。 山門をくぐるとすぐに、三重塔が見えます。 十三重石塔(重文) 本堂 本堂に一歩入ると 山の中の小さなお寺に、こんな立派なご本尊様がいらっしゃることに驚きを隠せません。 …

続きを読む

西国三十三所(二・再)・醍醐寺(下醍醐)

本日最後に向かったのは、京都市伏見区にある第11番札所・醍醐寺。 つい先月、桜を観に行ったときは、超満員でしたが 今日はほとんど人がいなくて、ゆったりと拝観できました(〃▽〃) 拝観料が以前とは変更になっています。 下醍醐の三宝院・霊宝館・伽藍が拝観できて800円。 春季と秋季は特別料金(1500円)なんですね! 仁王門 桜の季節には、シートで区切られていた…

続きを読む

西国三十三所(二)・宝厳寺

本日3ケ寺目は、琵琶湖に浮かぶパワースポット、神の島へ! 竹生島にあります第30番札所・宝厳寺です。 約6年ぶり、二度目の参拝です。前回の日記はコチラ。 竹生島へは、船で行くのですが 琵琶湖汽船で今津か長浜から乗るか、オーミマリンで彦根から乗るかの選択があります。 近江八幡市からの移動時間と船の出発時間を考慮して、彦根港へ! 11時ちょうどの便に間に合いました。 船の中…

続きを読む

西国三十三所(二)・観音正寺

本日2ケ寺目は、滋賀県安土町にあります第32番札所・観音正寺。 カーナビの案内よりも、道路に出ていた案内を信じて道を進み・・・ 林道入口から少し登ると、表参道料金ゲートがあり、600円を支払って駐車場へ。 石標があり、そこから約450段の石段を登ります。 6年前の前回は、五個荘観光センターからタクシーに乗り、そのあと歩いたのは こんな石段の道ではなかったように記憶してい…

続きを読む