ジオパーク・夫婦岩・海の駅東洋町

室戸岬から、次の札所に向かう途中で立ち寄ったのが、室戸世界ジオパークセンター。 弘法大師さまの展示がありました。 この旅で、唯一の顔出し看板w 先に進み、室戸岬町と佐喜浜町の境、鹿岡鼻にある『夫婦岩』 大きな二つの岩が連注縄で結ばれています。 岩の蜂の巣構造と風紋がすごい。 国道55号線は、信号がほとんどなくて 海と山の間に道があ…

続きを読む

四国遍路・番外札所 御厨人窟

室戸岬を少し東に進むと、弘法大師様が修行時の住居にされたという御厨人窟(みくろど)があります。 こちらはお寺ではありませんが、番外札所ということで、ご朱印がいただけます。 向かって左側が、住居にされていたという御厨人窟。 右側が修行をされていた神明窟(しんめいくつ)。 御厨人窟は、2015年11月に落石があるまでは、中に入ることができたそうです。 弘法大…

続きを読む

四国遍路・第24番札所 最御崎寺

6.5kmほど移動し、同じ室戸市にあります第24番札所・室戸山 明星院 最御崎寺(ほつみさきじ)へ。 駐車場に車を停めると、お迎え大師様が出迎えて下さいます。 ここから少し坂道を登ると、仁王門があり 表と裏に、それぞれ2体の仁王像が安置されていました。 相撲の土俵がありました。 小石で叩くと、鐘のような音が響く「鐘石」 この音色は、冥土…

続きを読む

四国遍路・第25番札所 津照寺

本日2ヶ寺目は、同じく室戸市にある第25番札所・宝珠山 真言院 津照寺(しんしょうじ)。 すぐ近くにある漁港の駐車場に停めます(無料)。 少し歩くと案内があり 津照寺は、通称「津寺(つでら)」と呼ばれています。 山門 おー。また登る感じ(;´∀`) 竜宮城を思わせる鐘楼門。 仁王様が安置されていて しかも上層階が鐘楼になっていま…

続きを読む

四国遍路・第26番札所 金剛頂寺

1泊2日の四国お遍路の旅、2日目は室戸市 行当岬の高台にある 第26番札所・龍頭山 光明院 金剛頂寺からスタート。 駐車場からすぐ、33段の女坂、42段の男坂、61段の厄除坂の石段を上がります。 石段には、蓮の花の模様。 仁王門。 魔物を退散させるという大草鞋が掛けられています。 手水場には、2頭の龍。 鐘楼にて、鐘を撞きます。 …

続きを読む

お遍路まぐろのいる宿!

高知のお宿は、奈半利町にある「ホテルなはり」 お遍路まぐろが出迎えてくれました! さっそく早めの夕食。 『土佐まぐろ御膳』です。 前菜・・・鮪かまとろスモーク、ツナネーズ、鮪味噌の豆腐のせ 小鉢・・・鮪皮酢 刺身・・・天然南鮪の中トロ・赤身、びんちょうマグロ 変わり小鉢・・・秋色サラダ まろやかアーモンドソース 揚物・・・海老、イカ、野菜の天ぷら …

続きを読む

室戸岬でご来光を拝む

2日目の朝は、4時半に起床。 お部屋の風呂に入って、のんびり化粧をしても、朝食の7時まで長すぎる・・・ どうするー?? 奈半利町のお宿から、室戸岬まで往復してもらうという暴挙に出ました! 本日の日の出時刻は、6時23分。 室戸岬に到着したのが、6時20分。 あ~。。。あたりはけっこう明るい。 中央に小さく見える人物は相方です。 …

続きを読む

「モネの庭」マルモッタン

初日は、札所の30番から27番に行くという計画でしたが 31番と32番を追加したので、すっかり観光の時間がなくなってしまいました。 最後に少しだけ、北川村「モネの庭」マルモッタンへ。 チケット売り場で、この時間は睡蓮が咲いていないことを聞かされましたが せっかくなので、入ることにしました(入園料はJAF割引を使って630円) まずは『水の庭』へ。 おっと! 咲…

続きを読む

四国遍路・第27番札所 神峯寺

1日目、最後に向かったのは、高知県安田町の第27番札所・竹林山 地蔵院 神峯寺(こうのみねじ)。 ここまで参拝した5ヶ寺は、わりと移動距離が短かったのですが 香南市から芸西村→安芸市(「阪神タイガース歓迎!」の看板多数あり)を通り過ぎ、 28番札所からは約33kmの距離。 神峯山の中腹にあり、なかなかの登り坂です。 歩き遍路の方は歩いて登られるわけで、 このような厳しい遍路道のことを…

続きを読む

四国遍路・第28番札所 大日寺

南国市内でイタリアンのランチをいただき(ピザを焼くのが失敗したそうで、痛いロスタイム) 午後から5ヶ寺目、高知県香南市の第28番札所・法界山 高照院 大日寺へ。 四国八十八ヶ所には、3ヶ寺 大日寺という名前のお寺があります(4番、13番、28番)。 こちらは駐車場からすぐに仁王門です。 手水場。奥にあるのは、お遍路さんの休憩所でしょうか。 庭園に建つ鐘楼で鐘を撞きました…

続きを読む

四国遍路・第32番札所 禅師峰寺

本日4ヶ寺目は、南国市の第32番札所・八葉山 求聞持院 禅師峰寺(ぜんじぶじ)へ。 駐車場では、十一面観音様が出迎えて下さっています。 階段を上がると まずは手水場。 かわいい♡ 大きな奇岩を背に立つ不動明王様と、弁財天。 後ろの岩が、炎に見えます。 仁王門。 奇岩に沿うように、階段を上がります。 信楽焼のお遍路た…

続きを読む

四国遍路・第31番札所 竹林寺

次は28番札所に向かう予定だったのですが 急きょ、31番と32番札所にも行くことにしたので 車で40分ほど西に戻り、高知市の第31番札所・五台山 金色院 竹林寺へ。 高知県立牧野植物園と共同の駐車場に車を停め、3分ほど歩いて竹林寺の境内に到着。 まずは鐘楼で鐘を撞きました。 鐘の下には、深い穴が掘られています。 鐘楼の先に、仁王門がありました。 苔がたく…

続きを読む

四国遍路・第29番札所 国分寺

本日2ヶ寺目は、車で20分ほど移動し、高知県南国市の第29番札所・摩尼山 宝蔵院 国分寺へ。 1655年建立、昭和62年解体修理が行われた仁王門。 手水場 鐘楼 まずは1558年建立の本堂「金堂」(重文)にて読経。 ご本尊は、千手観世音菩薩様なので、ご真言は「おんばざらたらまきりく」 次は大師堂にて読経。 なんと! 酒断地蔵尊! …

続きを読む

四国遍路・第30番札所 善楽寺

四国八十八ケ所お遍路の旅、第2回目は1泊2日で行きました(第1回目の日記はコチラ)。 今回はバスツアーではなく、相方が運転してくれる車にて、朝の5時15分出発。 徳島県の南東部にあります21番~23番札所と 高知県の中央から東部にあります24番~32番札所の計12ヶ寺へ。 明石海峡大橋に着いた時は、まだ夜明け前。薄明。 淡路島を縦断している間に、日の出の6時22分が過ぎ…

続きを読む

紅葉間近の常照皇寺

もしかしたら紅葉してるかも・・・そんな淡い期待を抱いて 雨の中、京都市北郊の山中にある常照皇寺へ。 京都市右京区にあるのですが、右京区って、めちゃめちゃ広いんですよねー。 この地図で言うと、北区の上にのっかってる右京区のあたりw 前回 参拝した時は、白銀の世界だったので、 境内の様子があまりよくわからず、ぜひリベンジしたいと思っていたお寺です。 山門 勅額門 …

続きを読む

49th コーラス交歓会

第49回 北河内地区PTAコーラス交歓会に参加しました。 去年に引き続き、今年もこの演奏会の担当をしているので 私は会場の案内係を。 ひだまりが歌ったのは ♪女声二部合唱のためのメドレー『歌姫伝説~涙編~』  夜明けのスキャット~聖母たちのララバイ~五番街のマリーへ~あなた コーラスフェスなどでは、聖母&あなたを歌ったので 夜明け&五番街が初披露となります。 とい…

続きを読む

7~10月に読んだ本の記録

読書記録。 左上から 『最期のキス』 古尾谷登志江 講談社 45歳で自死した俳優・古尾谷雅人氏の奥様で、元女優の鹿沼絵里さんが書かれた手記。 壮絶な日々だけでなく、幼少期のこと、実母からの手紙、家族のことなどを びっくりするぐらい客観的に書かれています。 『百寺巡礼 第3巻 京都篇1』 五木寛之 講談社文庫 金閣寺・銀閣寺・神護寺などの10ケ寺が紹介されています。 参…

続きを読む

大型児童館ビッグバンで孫と遊ぶ♪

長男・二人の孫と一緒に、堺市にある大阪府立大型児童館ビッグバンへ。 えーっと・・・孫が写っていない写真があまりなくて 全然 伝わらないと思うんですが(;´∀`) まずは2階の電子動物園。 ペンで書いた動物をコンピューターに読みこませ タッチペンで色をつけると、大きな画面の中で動き出します。 3階では大きなマチカネワニの体内に入って遊んだり ワニの骨格を表現し…

続きを読む

国宝第1号の弥勒菩薩様が安置されている廣隆寺

映画村の次は、右京区太秦にある蜂岡山・廣隆寺(こうりゅうじ)へ。 京都最古の寺院といわれ、聖徳太子建立の日本七大寺の一つです。 薬師堂 阿弥陀三尊立像、薬師如来立像、不動明王様、弘法大師様などが祀られています。 能楽堂 地蔵堂(腹帯地蔵尊) 講堂(重文) 俗に赤堂と呼ばれ、阿弥陀如来坐像(国宝)、地蔵菩薩坐像(重文)、虚空蔵菩薩像(重文)が祀られ…

続きを読む

念願の・・・着物で太秦映画村

またまたまたまた中小企業を支援する某・公益財団法人の懸賞が当たり、 京都の東映太秦映画村へ! 23年ぶり、二度目でーす。 ここ数日、季節外れの暑い日が続いておりますね(汗) そんな暑さにもめげず、9時の開演と同時に、着物で入園d(-ω☆) グッ!! まずはプリキュアたちがお出迎え~♪ うーん。孫を連れてくれば良かったなぁ・・・ 『顔出し王国』は、本当に顔出しパラダイ…

続きを読む