思い出に残るメシやさん

父が70歳を迎えるということで、
昨夜は私の両親と2人の弟・・・家族5人水入らずの食事会でした。
この5人で歩いて、食事に行くなんて・・・
どうやら25年ぶりのことらしいです(汗)

旭区清水にある『潮岬』という居酒屋へ。
駅からは けっこうな距離があるので「なんでかなー」と思っていたら
「ここは絶対に、思い出に残る店やから」と、弟2。
その意味は、すぐにわかりました。

乾杯のビールのあと、まず出てきたのは・・・
10年物.JPG10年物のの牡蠣目

大きさ・・・わかりますかねぇ??
タバコの大きさと比べて下さい。

3分割してあるんですが、そのまん中部分といったら・・・
もうまさしく「海のミルク」ハートたち(複数ハート)
全く生臭みなどはなく、とにかくクリーミー。
これを、1人1個です手(チョキ)

   090919_うちわエビと秋鮭の白子.JPG   090919_大あさり.JPG
さらに、刺身盛り合わせは、うちわエビの活け造りや、秋鮭の白子、平目など。
うちわエビ、プリップリッです。
白子はトロトロだし。

大あさりの迫力。
貝の大きさは、15cmはあったかな。
水管(目のようなところ)のデカサに、ちょっと食べるのをためらうほどw
食べ応え満点。

そして・・・明石だこの踊り食いです!!!


くにゃくにゃ動くタコの足を、次々と口に運ぶ弟1と母には驚きました。
母は、ノドに吸盤が吸い付いた!! なんて笑ってますー。
私は自分のヘタレさに、ちょっと情けなくなりました。
おてしょ(手塩皿)の油にしばらく漬けておき、
さらに箸でギューッとつかんでも動かないのを確かめてから、口に入れて
歯でしっかり噛んでから、ようやく飲み込む。
ごめんなさーい。
足、2本で断念してしまいました。

弟2が言うように、本当に思い出に残るお店でしたグッド(上向き矢印)

さてさて
25年ぶりの外食ですから、話の内容も、ついつい思い出話に。
驚いたのは、弟2(4つ下)の記憶力の良さ。
2歳の時に、実家(枚方市)から10km歩いて交野市の私市まで行ったこととか
3人姉弟の一番下だったから、習い事をあまりさせてもらえず、
姉兄のことをとてもうらやましく思っていたことなど・・・
エレクトーン、習字だけかと思ったら
私も母も忘れていたんですが
私は小学校の5、6年生の時、LL教室に通ってたんですねー。
昨日、弟2に言われても、すぐに思い出せなくて
「N村呼文堂の2階にあった」と言われて、やーっと思い出したんです。

そしていろいろ話した結論。
「楽しかったことって、意外と忘れてて
    辛かったことは、よく覚えている」

ほんとに懐かしくて、楽しい時間でした。
父は、目尻を下げっぱなしで、終始 ニコニコとしてました。
私が子供の頃は、めーっちゃ怖くて、近寄りがたかった父です。
これからも長生きして下さいねぇ~わーい(嬉しい顔)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック