突然の読書週間

ほぼ寝たきり生活の4日間を過ごし、5日目の今日は
ようやく痛みを感じにくい身体の動かし方を習得できてきました。
何も出来ないあいだは、どっぷりと読書習慣。
家族の言い訳.jpg『家族の言い訳』 森浩美 双葉文庫

SMAPの「SHAKE」などを書いた作詞家らしいです。
読み終わってから、男性の作家さんだとわかりましたw

8つの短編は、すべて家族をテーマにしたもので
何度も胸が熱くなりました。
「ホタルの熱」が秀逸。

IMG_0403.JPGその他に読んだのは、この4冊。
『新潟少女監禁事件~密室の3364日』 松田美智子 朝日文庫

『精神科ER~緊急救命室』 備瀬哲弘 集英社文庫

『再婚生活~私のうつ闘病日記』 山本文緒 角川文庫

『14歳』 千原ジュニア 幻冬舎よしもと文庫

たまたま・・・なんですが
心の病を扱った作品が多いですね。

さてさて、明日は仕事復帰予定です~。

この記事へのコメント

  • あきはーど

    少し よくなってきたみたいで 本当に よかったですね^^
    まだまだ お若いので 今の時期 無理もききますが、ここで 無理をすると 歳とってから 確実に そこの部分が出てきますから、十分なおるまで 無理は禁物ですよ。
    お気持ちはわかりますが、絶対に無理しないようにしてくださいね^^
    2010年01月18日 08:40
  • のりたま

    >あきはーどさん
    ありがとうございます。
    仕事は、いい気分転換になりました。
    まだ電車が大変なんですが
    明日はもっとマシになってるはず。
    頑張りま~す!
    2010年01月18日 21:26

この記事へのトラックバック