2度目のアナウンス体験

TS3P001600010001.jpg 昨日は、音楽教室の発表会が、大東サーティホール(小ホール)でありました。
私は半年以上前から、レッスンをお休みをしているので、
末席の弟子と名乗るのもおこがましいのですが・・・
演奏はなしで、アナウンスをすることにあせあせ(飛び散る汗)

2年ぶり、2度目の大役です!!
ホールの舞台袖に置かれた机とイスのところで、
12:30開演~16:30終演まで、マイクを握り締めておりましたー。

「ただいまより~」の開催の挨拶。
「演奏中、携帯電話の電源は~」のお願い。
そして開会。

「プログラム ○番 楽器名 演奏者名」

事前にフリガナの確認をして、カタカナでふっていたんですが・・・
なんと1番の人の名前を「コ○キ」のところを
自分の書いたカタカナを読み間違えて「ユ○キ」と呼んでしまいました。

ガ━━(゚ω゚;)━━ン!!!
一気に血圧上昇っ。

次の人も、出のタイミングを間違えて、早く名前を読み上げてしまい・・・

でも
そのあとは落ち着いて、なんとか・・・こなせたかな??

そして1部の最後は、講師演奏。

今年は、師匠の演奏ですハートたち(複数ハート)るんるんわーい(嬉しい顔)
まずはバリトンサックス独奏で
『無伴奏チェロ組曲第1番ト長調より プレリュード~サラバンド』
そしてピアノ伴奏つきの
『バリトンサクソフォンの為の演奏会用独奏曲No.7作品93』

あ~揺れるハート揺れるハート揺れるハート
めちゃ幸せ。

私は舞台袖にいたので、音は聴こえど姿は見えず状態でしたが
師匠の音色と、息を飲むような緊張感みなぎる素晴らしい演奏に
身体が震えて、涙が出ました。
うーん。
客席でお姿を拝見しながら聴きたかったなーっ。

生徒さんたちの発表は、
サックス、クラリネット、フルート、バイオリン、ピアノ
トランペット、トロンボーンなどの楽器がありますが
サックスになると、ついつい私は真剣に聞き込んでしまいます。
みなさん、息がしっかりしていて、本当にいい音。
師匠のご指導の賜物ですね!!
私も早く、レッスンを復活したいですー。

VCSさんのグリーグ、難しそうやったなぁ。
I川さん(前の楽団で、お世話になりました)のソナタも。
発表会後半は、かなりレベルが高くて、。・:*:・(*-ω人)。・:*:・ウットリ

打上げ・・・参加したかったなぁもうやだ〜(悲しい顔)


my覚書
ピアノ演奏の前後には、セッティングがあるので
すぐに次のプログラムを読み上げないこと。

この記事へのコメント

  • VCS

    昨日はお疲れ様でした!
    のりたまさんの美声が存分に発揮され、ステージがより華やかなものになってましたね^^
    こりゃあ天性のモノですなあ。すばらしい♪

    グリーグ、難しかったですよ。
    けど、すごく楽しかった!
    もっとちゃんと吹けたら、もっと楽しいんやろなあ。
    なんて思うと残念なんですが。
    フラジオを指示されている数箇所は、全部通常音域で吹いてしまいましたしね(大爆

    来年も、がんばろうと思います。
    2010年01月25日 23:49
  • のりたま

    >VCSさん
    いやぁ~、ありがとうございます!!
    4時間緊張しっぱなしで、さすがに疲れました。
    (2年前は2人でやっていたので、休憩がありました)
    ミスもあったし、早口だったかな~と反省中。
    舞台袖でのアナウンスだから、表に出ない分、
    声に表情をつけようと、頑張りました。

    グリーグ、特に2曲目が良かったです[Em146]
    めちゃめちゃ ちゃんと吹いてはりましたけど。
    私はトイレに行きたくて、限界に達していたのですが
    どうしても聴きたくて、必死で我慢してました(笑)

    来年も・・・たぶん私は舞台袖でーす。
    2010年01月26日 22:57
  • ZOEさん

    のりたまさん先日は発表会お世話になりました。
    お陰さまで無事終えることが出来ました。
    色々と気が付かないところもありご面倒ばかりお掛け致しました。
    もしよろしければこれに懲りずまたよろしくお願い致します。
    次回はちゃんと携帯用トイレを…
    いやいや、休憩が取れるようにしておきます。
    (今回は交代するはずだった講師が大遅刻して来たのですみませんでした)

    リプルのホームページや、ブログに発表会の様子を載せております。よろしければ見てやってください。

    2010年01月27日 22:25
  • のりたま

    >ZOE師匠
    何をおっしゃいますやら!!
    ご迷惑をおかけしたのは、私ですー・
    失敗の数々、すいませんでしたっ。

    師匠のソロ演奏は、毎年の恒例にして下さい!!!
    2010年01月28日 22:22

この記事へのトラックバック