次の依頼演奏決定

昨日の日記です。
10時から15時まで、サックスアンサンブル・ハニービーの練習でした。
(レンタルルームにて)

いつも練習させていただいているレンタルルームのIさんのご紹介で(ありがとうございます!!)
3月に、門真の介護老人保健施設で演奏させていただくことが決まりましたので、
テナーさんはお休みだったのですが、選曲をするための初見大会となりました。

バリトンのsoraさんがアレンジして下さったり、楽譜を調達して下さった中から十数曲を吹きました。

いやぁ~、演歌は楽しいね(笑)
ついつい熱くなっちゃう。
合奏後に「のりたまさん、雪國はノリノリでしたねー」と言われちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)
いやぁ~、サックスを吹くより、歌っちゃいたいな♪

演歌と童謡の2部構成にしようということになりました。
他にも、おじいちゃんおばあちゃんたちに楽しんでもらえるような企画を考えてます。
楽しみやな~わーい(嬉しい顔)

おっと、その前に・・・練習、練習。

この記事へのコメント

  • 国籍不明の謎の東洋人象遣い

    ご老人方に音楽を聴いていただく場合は、ひと苦労あります。
    同じ事を別の方にも書いたのですが、お年をめしてくると、ぼやけて聞こえる音域がある方もおられますので、空気の振動で伝える事も必要なのかもしれません。
    空気の振動!って音そのものですが、健常者の可聴領域以外の音で聴いてもらうと上手くいくかもしれません。
    お年寄りではありませんが、耳が聞こえないはずの子供達に音楽を聞かせた方がおられますよ。
    2010年01月30日 10:21
  • のりたま

    >象遣いさん
    ありがとうございます。
    健常者の可聴領域以外の音というのは
    どういう音なんでしょうか。
    サックスで演奏可能なんですか??
    2010年01月31日 17:18

この記事へのトラックバック