こんなんじゃダメや!!

今夜のコーラス練習は、先生がお休みだったので
それぞれの音が不安なところを確認したあとは
曲を通して、演奏時間を計ったりしました。

歌ったのは3曲。
「ここから始まる」
「Tomorow」
「あの鐘を鳴らすのはあなた」

いつも先生が教えて下さることに気をつけながら。
【ア】とか【エ】は、口を横に開けないように。
言葉を大切に。

コレを書きながら、練習を録音したものを聴いているのですが
いつものひだまりとは、全く違う歌声に聞こえます。
声にまとまりがなくて、各自がバラバラに・・・
よく言えば「のびのび」なんですけど
シビアに言うと「好き勝手に歌っている」ように聞こえます。
いつもと同じ状態で録音していたのに、音割れするぐらいボリュームが出ていました。

そのせいか・・・
1時間半歌って帰るころには、声が枯れてました。
あかんー!!
喉を使って「ストレス発散!!」的な歌い方をしてたってことですねあせあせ(飛び散る汗)
もしこれが本番だったら・・・聴いてる人は、きっと うんざりしちゃう。

ハンセイバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

この記事へのコメント

  • yassan

    やはり、聞いてくれてる人がいて、調整してくれないとダメなんでしょうね。
    でもコレは大人数でも3~4人でも1人でも一緒かなと思います。
    サックスで一人で吹いてても録音したら、なんじゃこれはってことがあります。
    多数でやればなお更だと思うんです。
    人の声(音)は聞えても全体(自分の音)を聞くことは自分じゃ出来ないし。
    先生は偉大ですね・・・もちろん、私の先生も。
    2010年06月03日 05:38
  • のりたま

    >yassanさん
    そうですねー。
    自分だけで歌ったり、演奏していると
    ついつい自己満足に陥りがちです。

    この日のコーラスは、先生がいらっしゃらないということで
    緊張感がなくなってたのでしょうね。
    反省しきり・・・
    2010年06月04日 10:27

この記事へのトラックバック