ピッチ、音価、指回し

今日は、家事がたまっていて(昨日は双方のお墓参りだったので)
13時半からの、サックス組しごき教室を休んでしまいました。
そして15時半、楽団練習場に到着。
個人練習を約2時間半、みっちりやりました。
スケール、ロングトーン、タンギング。
クローゼの1~5番。「チャルダッシュ」もこっそり。
そして楽団で練習中の曲・・・
16分音符のとこを、何回も何回も。
いや~、指がおかしくなりそうですあせあせ(飛び散る汗)

さてさて合奏の前に、まずはH先生の講義。
純正律と平均律のお話、第2弾といいますか・・・。

和音の一番下の音(根音)は、ジャストでとる。
まん中の音は、少し低めにとる。
一番高い音は、少し高めにとる。
そうすると、とても聴いていて気持ちいい和音になる(=純正律)。
パートで、和音を使って、ピッチを合わせる訓練をしなさいと。

あちゃ~。
きっと私、音感が悪いんですね。
ピッチがよくわからんのです。
チューニングのときも、チューナーを見ないと
自分の音が、高いのか低いのか
わかんないんですーふらふら

その次は、先週に引き続き、音価(音の長さ)について。
スタッカートやマルカートの吹き方・・・を、またまた図解で教えていただきました。
8分音符にスタッカートがつくと、半分の音の長さで吹くわけですが
どうしても、次の休符を待ちきれずに、突っ込んで吹いてしまうんですね。
待つことも大切と。

合奏は「行進曲 秋空に」。
難しいですー。

テヌートのところ、ベタ~っと吹くのではなく
大人っぽくさらっと・・・堂々と???だっけ。

スタッカートのあとの、アクセントつきの8分は、走らない。

16分の早いところは、スラーがかかっていますが
全部タンギングで吹けるように。

低音のところ、怖くならないように。

ひゃ~!!!!

低音なんて、どう吹いても、ドスがきいちゃう。
タンギング練習のしすぎで、舌がピリピリ。
テンポ120で、16分音符の指回しは・・・
無理で~す(^O^)/

ついていけるんだろうか。
めっちゃ不安たらーっ(汗)

この記事へのコメント

  • little farm

    はじめまして。
    私もピッチがわからず、いつも悩んでいます。
    ビシッ、バシッと講義・指導してもらえるのりたまさんがうらやましいです。
    この苦しみが悦びに変わる日が・・・ですよね。
    2010年08月09日 22:22
  • のりたま

    >little farmさん
    こんにちは~。はじめまして!!
    コメントありがとうございます♪
    テナーを吹いておられるんてすね。
    さきほど、チラッとお邪魔して、少し音源も聴かせていただきましたよ。
    あとで、ゆっくりお邪魔します◎

    楽器はテナーとアルトで違いますが
    ほぼ同じ頃に始められたんですね。
    ピッチはほんと、悩みますね。
    お互い、がんばりましょう☆
    2010年08月10日 18:03
  • little farm

    >のりたま さん
    ほんとに同じ頃からですね。
    でも私はそもそもの音楽の理論的なことなど全くわかっていませんし、音感やリズム感も生来からあやしい人だということが、サックスを始めて気がつきました。
    今回の純正律と平均律の話など勉強になります。
    音価という意味も知りませんでしたし・・・。
    これからも、よろしく、です。
    2010年08月11日 21:01
  • のりたま

    >little farmさん
    私は幼稚園の時からエレクトーン
    中学時代は合唱部
    高校時代は吹奏楽部で打楽器
    33歳からPTAコーラスをやってます。
    そして40歳で始めたアルトサックス。

    リズム感(テンポ感)や音感(ピッチ)のなさに
    かなり凹んでますよ~・・・

    今の吹奏楽団では、知らなかったことを
    いろいろ教えていただけるので
    とっても興味深いなぁ・・・と思ってマス!
    2010年08月11日 23:14

この記事へのトラックバック