西国三十三所(巡礼用品準備編)

昨日の日記、第1弾です。
朝7時40分に寝屋川市駅集合。
大型バスに、18名の参加者(もったいなーい)が乗り込んで、いざ紀州路へ。
添乗員さんと先達さんがかわるがわる説明をしてくれました。
まずは、巡拝用品について。
うーん。
納経帳だけでいいかと思ってましたが、やっぱ輪袈裟は欲しいなぁ・・・
数珠は持ってきたけれど、線香とろうそくを忘れちゃったし。

1回目の休憩場・紀ノ川PAで、巡拝グッズを積み込んだバンが
バスに横付けして、車内販売。
ちょっと、やられちゃった感もありますが
ゆっくり説明してもらえたので、ド素人には助かりました。

 IMG_1720.JPG   IMG_1718.JPG

というわけで、今回 購入したのは
写真の左から、輪袈裟=巡拝の際に首からかける。
西国御影保存帳=寺名・御詠歌が入っていて、御影(おすがた)札や御詠歌御符・参拝券などを保存する帳面。
西国納経帳=寺名・御本尊・御詠歌入り。ご朱印を授かるための帳面。

さらに、ロウソクとお線香。
ロウソクは、家庭用よりも穴が大きく、差しやすくなってます。

IMG_1723.JPGこちらはこの第1回目のツアー特典。
西国三十三所の巡礼マップと
観音経本(西国勤行次第)=フリガナつきで、般若心経やご本尊真言などが書かれている。
納め札=1つのお寺に1枚、名刺がわりに置いてくるもの。

右端の袋に入った玉は、観音経文字入り数珠玉。
1カ寺につき1珠いただけるので
満願したら、33個の数珠玉が揃って、片手念数に仕立ててもらうことが出来るそうです。

これにて、準備完了!!

バス車内で、練習を兼ねた『朝のお勤め』もして・・・

到着したのは・・・梅干工場でしたー(笑)
もちろん、つづく。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック