明るい貧乏

〓??¢????〓〓±.jpg   〓〓〓〓????.JPG

『佐賀のがばいばあちゃん』 島田洋七 徳間文庫

「もみじまんじゅう~」で一世風靡(?)したB&Bの洋七が書いた、ノンフィクションエッセイ。
佐賀のがばい(すごい)祖母との、超貧乏だけど、あったかくてめっちゃ前向きな生活の話。
映画も話題になってますよね。

後半の話は涙なみだナミダ。運動会・マラソン・祖母との別れ・・・
巻末特別付録、ばあちゃんの楽しく生きる方法語録のページは、これからも何度も開くことになりそうです。

「海水パンツなんかいらん! 実力で泳げ!!」
「人間は死ぬまで夢をもて! その夢が叶わなくても、しょせん夢だから」
おっしゃるとおり(。・ω・ノノ゙☆パチパチ

お金持ちの人をみると、私は「いいな~」「うらやましいな~」と、思っちゃう。
ついつい負け惜しみとか、妬みの心がどこかに芽生えてしまう。
アレ欲しい、コレ欲しい、もっと○○したい、△△やったらいいのに。
そんな心が、貧乏なんやろなぁ。

さて・・・
右の写真は、クリックしたら大きくなります。汚い字ですけど。なんのこっちゃ???って?
このあいだ、演奏していたアニメメドレーの、私なりの楽譜です。
この紙だけを見ながら、エレクトーンとSAXを演奏しておりました。
そんな風に楽しめる趣味って・・・きっとお金には換えられない財産ですよねぇ。

追記:ずいぶん前の話になりますが、7月10日の日記門真市合唱フェスティバルの音源を差し替えました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック