着物ショー

昨日のつづきです。
サックス演奏のあとは、着物ショーに参加。

DSC_2209.JPG“生徒発表”という名の、ファッションショー!! 

サークル・教室ごとに舞台に出ていきます。
私は本校に通っているので、最後のグループ。
舞台に11名、ずら~っと横並びになって
お辞儀をしたあとは、くるっと後ろ向き。
自分の番になると、前を向いて、花道を歩きま~すかわいい
こんなん初めてで、どうやって歩いていいのやら。
ドキドキ。
事前に書いた原稿(着物への思い、着付けを習い始めたきっかけ、前結びについてetc)を
司会の方が、素敵なお声で読んで下さいました。

IMG_9717.JPG私のコーディネートは極鮫小紋に
西陣・弥栄織物の名古屋帯。
帯揚げは、半襟に合わせて淡黄色。
帯締めは、エンジ色。

どうですかね~。
赤系の鮫小紋・・・
仲居さんっぽく見えないようにがんばったつもりなんですがあせあせ(飛び散る汗)

生徒発表の次は
“きもの彩々・・・人生の記念日に”
と題されたステージ。
七五三の着物を着た子どもたちや、留袖姿などの登場です。
成人式とお母様という設定では、ひだまり仲間のM子さんが親子で出演目
M子さん、娘さんの振袖も着付けされたそうです~。すごいぴかぴか(新しい)

最後に“デモンストレーション”
3名の方が長襦袢姿で舞台に登場されて、
舞台の上で着物を着て、帯を結び、仕上げまで。
帯結びは、角出し・美和太鼓・華結び(振袖)の3種類。
美和太鼓というのは、学院長先生のオリジナルです。

サササッと着物を着られて、帯もアッというま。 
この学院の特徴“前結び”ならでは、複雑な帯結びも、一人で鏡なしで完成です。
特に振袖の方が、見事な華結びを後ろに回されたときは
大きな拍手がおこりました。
前結び、本当に素晴らしいね゚+.(ノ。・ω・)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆

みなさんの素敵なコーディネートや、帯結びを拝見させてもらって
いっぱい刺激をいただきました。
最後の学院長先生のご挨拶にもありましたが
着物を着て、町にお出かけする人が、もっともっと増えるといいなぁ。

(昨日の日記は、写真を入れ替えて、文章も多少書き直しております)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック