但馬&丹後の旅(丹後くろまつ号)

ずいぶん長くなりましたが、いよいよこの旅のクライマックスです!
天橋立駅からは、京都丹後鉄道のレストラン列車「丹後くろまつ号」に乗車です。
IMG_8710.jpg
めっちゃかっこいい!!

列車内は、まるでレストラン♪
IMG_8747.jpg

3ケ月ごとにメニューや出発地等が変わるコースは、3種類。
・スイーツコース~BETSUBARA~
・ランチコース~MANPUKI~
・地酒コース~TASHINAMI~

私たちは、もちろん地酒コース(*´艸`*)

メニューには、お弁当の中身だけではなく
日本酒の説明と、どの料理にどのお酒が合うかも書かれています。
IMG_0003.jpg

まずは、ウェルカムアイス。
黒岡アイスクリームショップの酒かすアイスです。
IMG_8720.jpg
めーっちゃ濃厚で、酒粕の風味がすごい。

しばらくすると、列車が停まりました。
窓越しに見えるのは、奈具海岸。 雨がちょっと残念。
IMG_8722.jpg
景色のいいところで停まってくれるのですね!

出発から30分ほどで、丹後由良駅に到着。
IMG_8745.jpg

いったん列車を降り、丹鉄の傘をお借りして、徒歩5分ほどの【ハクレイ酒造】へ。
IMG_8729.jpg

酒蔵見学です。
IMG_8734.jpg

大きな貯蔵タンクも見せていただき
IMG_8735.jpg

試飲も♡
IMG_8740.jpg

くろまつ号に戻り、再び列車の旅。
由良川橋梁を渡るときは、徐行運転に。
長さ約550メートル、水面からの高さは約3メートルの橋梁です。
IMG_8759.jpg

さぁ~いよいよお弁当の時間(*^▽^*)
日本酒ソムリエ・SSI研究室専属テイスターの古田豊弘さんが考案したという、特製9升弁当です。
えびしめじグラタン、鯛の塩焼き、へしこお好み焼き
ポークチャップ、さざえの壺焼き、だし巻き玉子
おいもゆず味噌、季節のご飯、タコの酢の物
IMG_8757.jpg

丹後の地酒は6種類。
山田錦「55」、アイスブレーカー、池雲
大江山鬼退治原酒、純米銀シャリ、吉野山大吟醸

お料理もお酒も、みーんな美味しくて、大満足ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
お酒は御猪口6杯でだいたい1.5合になるそうで、
想像していた以上に飲みごたえがありました!

ずっと乗っていたくなる列車でした( *´艸`)

西舞鶴駅からは「まいづる14号」で帰りました。
IMG_8760.jpg
ほろ酔い気分で、ピンボケ写真(笑)

最後に、この旅の地図を。
IMG.jpg
楽しすぎた! やっぱり今回も弾丸ツアーになりました(笑)
来年はどこに行けるかな?

歩数 13,947歩・歩いた距離 9.3km・上った階数 17階

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック