セルフメディケーション税制

突然ですが
「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」って、ご存じでしょうか?!

健康の維持増進及び疾病の予防への取組として
一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までのあいだ、
自己または自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定の【スイッチOTC医薬品】の
購入の対価を支払った場合において
その年中に支払った対価の合計額が1万2千円を超えるときは、その越える部分の金額(最高8万8千円)を
その年分の総所得金額等から控除してもらえる(確定申告が必要)というもので
「医療費控除の特例」となっているように、従来からの医療費控除(10万円を超えた部分が所得より控除される)と、どちらかを選択することになります。

まず、【セルフメディケーション】とは、自分自身の健康に責任を持ち
軽度な身体の不調は自分で手当てすること。

【健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組】とは
特定健康診査、予防接種、定期健康診断などのことで
予防接種の場合は領収書、定期健康診断の場合は結果通知表などの提出が必要です。

そして、【スイッチOTC医薬品】とは、要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、
医療用から転用された医薬品のこと。
現時点で対象となっている成分は、イブプロフェン、インドメタシンなどの82成分。
これらの成分を含む市販薬が対象になります。

対象製品の多くに、こんなマークが入っているそうです。
img-05.png

厚生労働省のHPに、具体的な製薬会社の名前や医薬品の名前が記載された一覧表が公開されていて
風邪薬、胃腸薬、鎮痛剤、鼻炎用内服薬、水虫薬、肩こり・腰痛の貼付薬など、
身近な医薬品の名前が列挙されています。

残念ながら、私が一番お世話になる「葛根湯」は、対象外・・・
漢方薬も認めて欲しい(T_T)

税制対象医薬品品目一覧は、2ヶ月ごとに更新されるそうなので、
現時点では対象になっていない医薬品も、追加されていく可能性があるので、
レシートは年末まで捨てないで下さいね!!

日本一般用医薬品連合会のHPで、減税額のシュミレーションができま~す♪

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック