RIKEN圧力鍋のパッキン

愛用して、25年ぐらいかな?
RIKENの片手圧力鍋「こなべちゃん」3.0ℓ。

ビーフシチューとか、ブリ大根とか
豚の角煮とか、さんまを骨ごと食べられるように炊いたりとか。
働く主婦には何かと使える便利鍋。

でも。 さすがに25年も使うと、パッキンが硬くなり
圧力がかかるのに時間がかかるようになってきたな~と思い
パッキンを取り換えようと、検索してみたら・・・

すでにRIKENは圧力鍋から手を引いたらしい!  (lll-ω-)ズーン
そして後継の日軽金属ホールディングスに問い合わせすると
パッキンの在庫がなくなってしまったのでありません、すいませんと・・・。

ええーっΣ(・ω・ノ)ノ???
パッキンだけ替えたら、これからも使えるのに。

納得いかず、ネットで検索すると・・・

圧力鍋そのものは、ワンダーシェフというメーカーが
RIKENのこなべちゃんと同じものを再販しているらしい。

えー・・・でも ワンダーシェフのHPを見ると
『この製品には、リケン製のこなべちゃんの部品を使用することは出来ません。
また、リケン製のこなべちゃんには、ワンダーシェフのこなべちゃんの部品を使用することは出来ません。』

ということは、パッキンも??  よくわからず
さらに検索すると

ワンダーシェフこなべちゃんのパッキンを取り寄せできるお店『厨房屋』を発見!!
レビューを見ると、RIKENのこなべちゃんにも使用できるらしい!

さっそく取り寄せしましたら、2日後に届きました。
IMG_6432.JPG
写真右下のパッキンが愛用したもの。 上が取り寄せしたもの。

こなべちゃんに取り付けたら、ピッタリでしたー!

この圧力鍋、あと20年は活躍してくれるかなっ!?( *´艸`)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック