久能山東照宮といちご

静岡旅行3日目は、久能山東照宮へ。
1159段の石段を登るか、日本平からロープウェイで行くか迷いましたが
徒歩で登ることにしました。

一ノ鳥居。
IMG_0595.JPG
さー、がんばって登りますよ!

途中で見える景色。 駿河湾と・・・石垣いちごのハウスがたくさん!
IMG_0603.JPG

山下より17曲がりの石段を登ったところに、一ノ門。
IMG_0605.JPG

門衛所。
IMG_0606.JPG

さらに石段を登ります。
IMG_0608.JPG
石垣もあって、ちょっとお城っぽい・・・と思ったら
こちらが東照宮になったのは江戸時代になってからで、室町時代のころは久能城だったそうです。
(もっとさかのぼると飛鳥時代は、久能寺だったとか)

旧宝物館の横には、勘助井戸。
IMG_0611.JPG

鮮やかな楼門(重文)。
IMG_0615.JPG

左右の格子戸内に随身(守護神)。一人は阿、もう一人は吽の口。
IMG_0669.JPG

反対側から。色合いがかわいいですよね。
IMG_0616.JPG

金ピカに緑色の狛犬。
IMG_0618.JPG

徳川家康公の手形があり、重ねてみると、私とほぼ同じ大きさ(〃▽〃)
ちょっぴり小太り?
IMG_0617.JPG
ちなみに 家康公とワタクシ、誕生日が同じです( *´艸`)

神厩(重文)
IMG_0620.JPG

久能稲荷神社
IMG_0666.JPG

明治時代初期の神仏分離によって解体されてしまった五重塔あと。
IMG_0623.JPG

鼓楼(重文)
創建当時は、鐘楼として鐘をついていましたが、神仏分離の際に、太鼓に替えられたそうです。
IMG_0624.JPG

神饌所(重文)
IMG_0626.JPG

神楽殿(重文)
IMG_0628.JPG
中には入れませんでしたが、たくさんのお雛さんがぶら下がっていました。

神楽殿の横っちょには、なぜかプラモデル!?
IMG_0629.JPG
久能山東照宮の造営の際に、優秀な人材が集められ、その技術が今の模型製作などにつながったとか。
静岡には、バンダイや田宮模型など、有名な模型メーカーがたくさんあります。

御社殿へと続く石段。
IMG_0631.JPG
この石段からは登れず、横の階段を登り、日枝神社側から入ることができます。

校倉造りの神庫(重文)
IMG_0633.JPG

山の神様が祀られている日枝神社(重文)
IMG_0634.JPG

いよいよ御社殿です。拝殿・石の間・本殿(権現造り)が国宝指定。
IMG_0635.JPG

IMG_0643.JPG

唐門を横から
IMG_0638.JPG

IMG_0636.JPG
彫刻や金具が色鮮やかで、とてもきれい!!

周囲にはりめぐらされた玉垣には、106枚の透かし彫りがあり、見ごたえがあります。
IMG_0639.JPG

IMG_0646.JPG

廟門(重文)から廟所参道を通り(写真は振り返ってパチリ)
IMG_0650.JPG

本殿後方にある徳川家康公の神廟。
IMG_0652.JPG
家康公の御遺命により西向きに建てられています。

その奥には、家康公愛馬のお墓も。
IMG_0654.JPG

頂いた御朱印です。
IMG_0671-2.jpg

また長い石段を降り、一ノ鳥居の手前にある「久能山徳恩院」へ。
慈限大師様により開かれたお寺で、御本尊は家康ゆかりの薬師如来様。
IMG_0673.JPG

一ノ鳥居から出ると、いちごやさんがいっぱい。
このあたりは「久能石垣いちご」が有名で、いちご狩り発祥の地だそうです。
さっそくいちご狩り! と行きたいところですが、そんなに食べられそうになかったので
いちごを1パック買って、お店で食べることにしました。
IMG_0675.JPG
章姫という品種で、一粒がめっちゃ大きい!甘い!美味しい!そして安い!
思わず追加で、もう1パック食べてしまいました(ノ∀`*)ペチョン

フレッシュないちごジュースも、とてもとても美味しかった~♪
IMG_0677.JPG

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック