初体験・FICE内視鏡

恥ずかしながらワタクシ、自身の体調の変化には、めちゃめちゃ神経質です( *´艸`)
子どもの頃から、あまり丈夫な方ではなくて
風邪を引くと、必ずこじらせてしまいます。

6月13日に扁桃腺が腫れ、38.5度の熱が出ました。
早々に寝て、翌日には平熱に戻ったので、仕事に行ったのですが
その日から、声が嗄れてしまいました。

近所の耳鼻科に通って、お薬もいただいたのですが
鼻が喉の奥に流れ、それが痰となってからみ、咳が出だすと止まりません。

先週、滋賀のお寺に向かう途中、通りすがったドラッグストアではためいていた 
のぼり旗『後鼻漏』を見て、思いました。
私、これやわ!! 

ということで、後鼻漏でネット検索し、「葛根湯加川芎辛夷」という漢方を飲みまして
たちまち咳がおさまり、かなり楽になったのですが
いつまでも声嗄れが治りません。
合唱人のはしくれとしては、なんとか早く治したい。

セカンドオピニオン・・・今までとは別の耳鼻科に行ってみました。

そこで初めての『FICE内視鏡』というのを体験しました!
鼻から入れたカメラで、喉の奥まで見せて下さいます。
自分の声帯を初めて見ました。
三角形で、息を吸うと開いたり閉じたりします。

診察結果、声帯にまだ炎症が残っているだけで
慢性蓄膿症とか、喉ポリープの心配はありませんでした。
「葛根湯加川芎辛夷」は正解で、違和感がある間は 飲み続けたらいいとのことでした。

今日も朝から、コーラスの練習に参加したのですが
ほとんど声が出せず (lll-ω-)ズーン
本番まであと2週間。
早く本調子に戻りますように。なむー。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック