あべのハルカス・西大寺展へ

今日は午後から、『奈良 西大寺展 叡尊と一門の明宝』を観に、あべのハルカス美術館へ。
IMG_0001.jpg

意外かも知れませんが、博物館や美術館に、このような展示を観に行くのは初めてです。
今まで、仏像はお寺に拝みに行くもの!と、思っていたものですから・・・

まずは、塔本四仏座像(重文)がお出迎え。
西大寺の東塔か西塔に祀られていたと伝わる4躯の仏像です。
奈良時代のもので、木心乾漆の技法で作られています。

2016年に国宝に指定された善春作の「興正菩薩座像」が素晴らしい。
くっきりとしたお顔立ち、特徴的な眉毛、手の甲に浮き出た血管など、
のちにたくさんの仏師が模倣していたようです。

西大寺のご本尊、釈迦如来立像(重文)を、ごくごく間近で拝ませていただくことができました。
清涼寺式と言われるスタイルで、仏師善慶の作と言われています。
身に着けている衣は、一見 シンプルなのですが
近づいてみると、丸に蓮??  何か花の模様が描かれています。
そして光背の美しい彫刻!
かなりの至近距離で、前から横からと拝ませていただけるのは、展覧会ならでは。
お寺では、そうはいきません。
ちょっと今までの考えを、あらためようと思いました(ノ∀`*)ペチョン

西大寺だけではなく、一門の名宝を公開!ということで
大智寺(京都)の文殊菩薩騎獅像や、般若寺の文殊菩薩騎獅像も展示されてたのですが・・・
肝心の西大寺の文殊菩薩騎獅像や、善財童子の展示はありませんでした (lll-ω-)ズーン
めっちゃ期待しててんけどなぁ。。。

なので、購入したハガキの写真だけ♡
IMG_0003.jpg


この記事へのコメント