20年ぶりの献血

今は全然、大丈夫なんですが
子どもの頃の私は、貧血がきつかったのです・・・・

小中学校の頃は、始業式や終業式の日は
保健室に運ばれる日と決まってました。

高校生の頃が一番ひどくて
二日に一度、病院に通って造血剤の注射を打ち
体育の授業は見学していました。
お医者様からは、赤血球の量が正常の半分、大きさも半分だと言われた記憶があります。
大きさも半分ってのは大げさ?・・・記憶違いかも知れない(;´・ω・)

念願の・・・吹奏楽部(テナードラム)で、高校野球の開会式と閉会式に出場したときも
閉会式の途中で 目の前が真っ暗になり、3塁ベンチに引っ込むという悲劇。

そんな私だったのですが、結婚・出産を経て
食べ物の好き嫌いも克服し、貧血は改善していきました。

平成9年、初めて献血が出来て、感動!!

でも・・・
それからまた20年、献血ができませんでした。

何度か挑戦したのですが、比重が軽かったり、
献血バスでは400cc献血(体重50kg以上)しか受付していなかったり
たまたま指先にケガをしていて絆創膏を貼っていたらダメだったり。

今回、やーっと人生二度目の献血ができました! 200ccだけど。
本当は200ccの献血はあまり歓迎されなくて、成分献血がいいんやね。
次回は時間に余裕を持って、成分献血に挑戦しよう('ω')ノ

IMG_0001.jpg

献血ができるって、嬉しいことだ(〃▽〃)

この記事へのコメント