京都のランドマーク・東寺

琵琶湖の帰りに立ち寄ったのは、世界遺産・東寺

東寺って・・・すぐそばを車で通ることが多く
何度も参拝しているような気がするのですが
ちゃんと参拝するのって、実は2度目、4年半ぶり。(前回の日記はコチラ

駐車場の隣、蓮池の奥にある宝蔵。
IMG_5446.JPG

北大門の近くにある手水舎。
IMG_5464.JPG
このあたりまでは、拝観無料です。

講堂・金堂・五重塔のあたりまで行くには、拝観料が必要になります。
東寺の仏像がたくさん掲載されているパンフレットがいただけるので、
とてもお値打ちd(-ω☆) グッ!!

木造建築では日本一の高さ(55m)を誇る五重塔(国宝)。
京都のランドマーク。ザ・京都! 
IMG_5454.JPG
今までいろんなお寺で五重塔を拝見してきましたが、
この大きさには本当に圧倒されます。

金堂(国宝)。
IMG_5460.JPG
薬師如来様と、日光・月光菩薩様。すべて重文です。
そしてなんと、薬師如来様の台座の下に、十二神将が!! こちらも重文。
前回はよく見ていなくて、気が付かなかったのかな・・・

東寺のパンフレットにも掲載されているのですが、
前方中央が午(うま)神将、向かって右が巳神将(私は巳年生まれ)。
この巳神将が、まるで春日の「アパー」なんです(;´∀`)

薬師如来様のご朱印(食堂でいただきました)
IMG_0001.jpg

次は講堂(重文)へ。
IMG_5462.JPG

講堂内には、弘法大師の密教の教えを伝来する立体曼荼羅が表現されていて
国宝だらけです。
こんなに一挙に、すぐ間近でいつでも国宝の仏像が見れなんて、素晴らしいことですね!

まん中が如来部。大日如来様を中心とした五智如来(すべて重文)が祀られています。
向かって右側が菩薩部。金剛波羅蜜多菩薩様を中心に五菩薩(すべて国宝)。
向かって左側は明王部。不動明王様を中心に五大明王(すべて国宝)。
そしてそれらをとりかこむのが、四天王と梵天と帝釈天(これまたすべて国宝)。

すごすぎます・・・

私はこちらの帝釈天様が、仏像の中では一番のイケメンやと思います♡
そして秋篠寺の伎芸天様と、とてもお似合いだなぁ~と思うのですが、どうでしょうか!?

大日如来様のご朱印(食堂でいただきました)
IMG_0002.jpg

さて、食堂です。
IMG_5516.JPG

香炉が二つあり、奥のものは蓋が乗っていました。
手前の香炉には、線香が寝かせてあったので、私も寝かせて供えました。
IMG_5463.JPG

食堂の本尊は千手観音菩薩でしたが、昭和5年の火災で損傷し
修復された後は、宝物館に安置されています。
現在の食堂は、十一面観音様がご本尊様となっています。

同じく火災で焼けた四天王は、今も食堂に安置されていますが・・・
大きく損傷し、炭化しています。

御影堂(大師堂)へ。
IMG_5494.JPG
門内の左側に見えるシートをかぶっているのが国宝の御影堂。
平成31年まで、修復工事が行われます。

国宝の弘法大師像は、工事期間中、向かいに立つ大日堂に還られています。
IMG_5497.JPG

大日堂の左隣に立つ仮堂にて、江戸時代の弘法大師像を拝ませていただきました。

御影堂の裏には、不動明王と大黒天を祀られているお堂があり
IMG_5501.JPG

不動明王様の前に置かれた香炉がかわいい~♪
IMG_5499.JPG

毘沙門堂では、数人の僧侶の方が般若心経を唱えておられました。
IMG_5502.JPG

小子坊の門。素敵( *´艸`)
IMG_5508.JPG

北大門
IMG_5490.JPG
九条通りに面している南大門は、写真が撮れず (lll-ω-)ズーン

購入した『もっと知りたい 東寺の仏たち』
IMG_5522.JPG
興福寺と同じシリーズです。
見ごたえありますよー!

この記事へのコメント