十二年に一度のご開帳・七宝瀧寺

泉佐野市犬鳴山にある近畿三十六不動尊霊場第32番札所・七宝瀧寺(しっぽうりゅうじ)へ。
IMG_5524.JPG

対向車と離合するのに一苦労するような山道を登って、9時すぎに到着したら、
50台停められるという駐車場はすでに満車。
入口からだいぶん離れた場所に車を停めました。
それもそのはず、12年に一度(酉年)3日間だけのご開帳日だったのです!
IMG_0003.jpg

犬鳴山全図を拝見し
IMG_5525.JPG
まずは本堂と反対の方から参拝することに。

「犬鳴山」の由来となった義犬の墓。
IMG_5544.JPG

瑞石・さざれ石。
IMG_5536.JPG
いろんなところで「さざれ石」を見ますが、
これは無数の細かい石が長い年月を経て、一つの巌となったのが一目瞭然の石で
中心部より強い霊気霊波が湧き出ているそうです。

多宝塔を左手に乗せた毘沙門天さま。
IMG_5538.JPG

塔の滝。
IMG_5541.JPG

地図のあったところまで戻り、本堂へ向かいました。
まずは観音堂。
IMG_5527.JPG
十一面観音様(秘仏)が安置されています。

宇賀耶白長弁財天様(うがやはくながべんざいてん)
IMG_5550.JPG

志津の涙水
IMG_5553.JPG
志津という女性の悲しい伝説がある湧き水。

鳥居をくぐり
IMG_5548.JPG

鐘楼で鐘を撞き
IMG_5557.JPG

護摩場へ。
IMG_5558.JPG

約7mの大きさに圧倒される、身代わり不動明王さま。
IMG_5559.JPG
山伏の装束を身に纏った方がたくさんおられました。
こちらにあるお堂で、結縁灌頂(五千円)が受けられるそうです。

七福神堂には、こぼれるような笑顔の布袋さんが。
IMG_5561.JPG

手水舎があり
IMG_5562.JPG

その奥に、水掛け不動尊様と、韋駄天様。
IMG_5565.JPG

ボケ除け不動尊様
IMG_5566.JPG

そのそばには、十二支の守護本尊である菩薩様がずらっと。
IMG_5567.JPG
写真は、普賢菩薩様と勢至菩薩様。

本堂の手前にある鎮守堂。
IMG_5585.JPG
今日は一印灌頂(二萬円)の受付場所になっていました。

いよいよ本堂です!
IMG_5568.JPG
・・・って、本堂の写真はこれだけ (lll-ω-)ズーン
全体を撮るの、忘れてしまいました。
内陣に入ってご本尊様を敬拝する人のみ1000円を支払います。

記念のお守りをいただきました。
IMG_5679.JPG

12年に一度のご開帳。知らずに来たのです。なんて運がいいんでしょうか( *´艸`)
倶利伽羅大龍不動明王さま。
不動明王さまがご本尊なのかと思いきや、お寺のHPを拝見すると
どうやら、秘剣に龍が巻き付いたそちらがご本尊のようです。
二重の厨子に入っているということになりますね。
私には、剣に巻き付いておられるのが、龍の身体を持つ鳥のように見えたのですが・・・

本堂から、行者の滝に向かいます。
左の赤いお堂・清滝堂にも不動明王様が。
IMG_5571.JPG

役行者像の下は、「行者くぐり岩」で、くぐることができます。
IMG_5575.JPG
このあたり、マイナスイオンがたっぷりで、とても気持ちいい♪

行者の滝。
IMG_5577.JPG
予約をすれば、滝修業ができるそうです。

犬鳴山内不動三十六童子のご真言がかわいいのです。
IMG_5587.JPG
なむ ふしぎどうじ うんはった

いただいたご朱印は、ご開帳記念の見開き@500です。
IMG_0001.jpg

この記事へのコメント