四国八十八ヶ所・第81番札所 白峯寺

次は坂出市に戻り、第81番札所・綾松山 洞林院 白峯寺へ。
香川県高松市と坂出市にまたがる瀬戸内海に張り出した山塊・五色台の白峯中腹(標高377m)にあります。

山門は、高麗形式の門の左右に2棟の塀を連ねた珍しい堀重門(重文)。
全部合わせると7棟になることから「七棟門」と呼ばれています。
IMG_9448.JPG

閉門時間になると閉められる伸縮門扉にも、宝珠が( *´艸`)
IMG_9452.JPG

仁王門をくぐると、すぐ右手には客殿の御成門(重文)。
IMG_9453.JPG

まっすぐ進むと護摩堂(最後に参拝しました)があり、左折すると
弁財天
IMG_9512.JPG

手水場と水子地蔵尊
IMG_9508.JPG

その向かいに玉章(たまずさ)の木。
IMG_9510.JPG
崇徳上皇がホトトギスの鳴き声を聞いて、都を偲んだため
ホトトギスがこの木の葉をくちばしに巻き、声をしのばせて鳴いたという伝説があります。

ここから石段を登ります。
IMG_9507.JPG

途中に鐘楼。
IMG_9485.JPG

本堂(重文)
IMG_9466.JPG

IMG_9468.JPG
このお寺は、十二支の守り本尊と、七福神が各お堂に祀られています。
本堂のご本尊は子年の守護神・千手観世音菩薩様なので、ご真言は「おん ばざら たらま きりく」
千手観音様の脇侍には、愛染明王様と馬頭観音様が祀られており
毎年7月10日の午前10時より、法要の時間中のみご開帳されるそうです。
七福神は、毘沙門天が祀られています。

大師堂(重文)
IMG_9467.JPG
中央に弘法大師、左に稚児大師、右に青面金剛が安置されているそうです(すべて秘仏)。
大師堂には十二支の守り神は祀られていませんが、七福神は大黒天が。

本堂の左手には阿弥陀堂(重文)があり、
戌・亥のご本尊・阿弥陀如来様と、午のご本尊・勢至菩薩様。そして布袋尊。
IMG_9474.JPG

ここから下って行く途中に、行者堂(重文)。
IMG_9481.JPG
丑・寅のご本尊・虚空蔵菩薩様と、役行者・十王、地蔵菩薩様が安置され、寿老人も。

薬師堂(重文)。
IMG_9462.JPG
中央に薬師如来様、脇侍に日光・月光菩薩様、手前に十二神将。
そして左右に、未・申のご本尊の大日如来様(金剛界と胎蔵界)が安置されています。
福緑寿も。

各お堂の前には、どなたかが寄贈された干支の置物があるのですが
私はこの未がお気に入り( *´艸`)
IMG_9483.JPG
二重瞼で、めちゃ美人♪

勅願門(重文)をくぐると
IMG_9487.JPG

頓証寺殿の拝殿(重文)
IMG_9505.JPG
卯年の守り本尊、文殊菩薩様が安置されています。

相模坊大権現(日本八天狗の一狗)と恵比寿天。
IMG_9495.JPG

西行法師の像。
IMG_9496.JPG
西行法師といえば、百人一首に「なげけとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな」という句がありますね。
私はどっちかというと、坊主めくりの印象が強い( *´艸`)

崇徳天皇の廟所である頓証寺殿の奥殿には、三つの社があり、
中央に崇徳天皇、向って左に鎮守白峯大権現、右に念持仏十一面観世音菩薩が祀られています。
IMG_9499.JPG

最後に参拝したのが、護摩堂。
IMG_9517.JPG

辰・巳の守り神の普賢菩薩様、酉年の守り神の不動明王様を中央に五大明王様などが安置され
ご朱印もこちらでいただきました。
81.jpg

参道に、2基の石造十三重塔(重文)があるそうなんですが、
見落としてしまいましたΣ(゚д゚lll)ガーン

この記事へのコメント