四国八十八ヶ所・第66番札所 雲辺寺

65番の三角寺から、66番の雲辺寺までは
ロープウェイを使うかどうかで、かなり車のルートが変わってきます。
この日、とても寒かったのですが、雪はなさそう?と素人判断をし
車で向かうルートをとりました。

ところが山道を進むうちに・・・
IMG_0362.jpg
雪が積もってる (lll-ω-)ズーン

雲辺寺まであと700mというところで
IMG_0363.jpg
車が全く前に進まなくなってしまい
通りかかった軽トラに「四駆じゃなかったら無理無理!」と言われ
恐ろしい雪道を戻ることになってしまいました(T_T)

そこからロープウェイ乗り場までは、グルッと遠回り。
67番の大興寺に先に参拝し、雲辺寺ロープウェイ乗り場へ向かいました。
IMG_9761.jpg

ロープウェイは、全長約2,600m、高低差約660mを約7分で登ります(往復2060円)。
IMG_9846.jpg

IMG_9847.jpg
標高911mの山頂駅に到着すると、気温はマイナス1度。

左に進むと雲辺寺、右に進むと「スノーパーク雲辺寺」というスキー場。
IMG_9843.jpg

ちょうどここが県境なんですね。
IMG_9773.jpg
ちなみに雲辺寺の住所は徳島県ですが、四国霊場では香川県の札所になっています。
ようやく到着しました。
徳島県三好市の第66番札所・巨鼇山 千手院 雲辺寺

境内は五百羅漢さんが出迎えてくれるのですが
みんなとても表情豊かで、とても人間味があります。
IMG_9776.jpg

右側の子育地蔵様の後ろに「大師乳銀杏」と呼ばれる銀杏の木。
IMG_9836.jpg
乳の出ないお母さんのために、お大師様が植えられた銀杏だそうです。

まずは手水場があり
IMG_9830.jpg
その奥に鐘楼の屋根が見えていますが、そこに行く階段は通行禁止になっていました。

仁王門から入ると
IMG_9787.jpg

こんな石段が。
IMG_9789.jpg
左側が厄除女坂(33段)、右側が厄除男坂(42段)

石段を上った先には、水堂。
IMG_9791.jpg
弘法大師様が掘られた井戸の霊水がいただけるそうなんですが、この日は閉まっていました。

まずは本堂へ。
IMG_9809.jpg
ご本尊の木像・千手観音様(重文)は、後方の宝物館に安置されているそうで
本堂には、石像の千手観音様がおられ、拝顔できました。
ご真言は「おん ばざらたらま きりく」

香炉は蓋をされ、その上に「臨時線香立」のボウルが置かれていました。
IMG_9811.jpg
ピンボケ・・・

本堂の左横には、護摩堂。
IMG_9805.jpg

持仏堂と本坊。
本坊の前には、腰かけると願いがかなうと言われる「おたのみなす」が。
IMG_9807.jpg

大師堂の案内板の横には、信楽焼のお遍路タヌキ♡
IMG_9824.jpg
小さなカマクラに癒されました。

また石段を上り(特に表記されていませんでしたが、還暦坂と思われ)
IMG_9813.jpg

この先に鐘楼がありましたが、結界が置かれ、近づけませんでした。
IMG_9814.jpg

大師堂へ。
IMG_9816.jpg
こちらは拝殿になっていて

奥に、大師堂奥殿があります。
IMG_9838.jpg

石段を下り、納経所へ。
IMG_9826.jpg

こんな看板がありました。
IMG_9827.jpg

納経所では、ご朱印の他に四国霊場最高峰参拝記念の「ナスタンプ」を、
白衣の左胸に押していただきました!@200
IMG_9821.jpg

そして交通安全シールを下さいました。
IMG_0470.JPG

いただいたご朱印です。
66.jpg

毘沙門天展望台には、通行禁止で行けませんでした。
IMG_9840.jpg

ロープウェイの山頂駅でいただいた梅茶が、とても美味しかったです♡
IMG_9844.jpg

この記事へのコメント