東福寺・禅堂と経蔵の特別公開

即宗院の次は、東福寺の境内を参拝しました。
夏に訪れた時の日記はコチラ、秋はコチラの後半、そして超お気に入り・雪の日はコチラ

三門(国宝)
IMG_0991.jpg

「東福寺涅槃会」に伴い、3月14日~16日は、三門が特別公開されるそうです。
IMG_0910.jpg
平日やん・・・ (lll-ω-)ズーン

本堂(仏殿兼法堂)
IMG_0911.jpg
昭和期の木造建築としては最大級のもので、天井の龍は堂本印象筆。
中には入れませんが、開いた扉の粗い格子から、ご本尊様を拝顔できます。
ご本尊の釈迦三尊像(重文)は、鎌倉時代のもの。

外側の床も、瓦の四半敷(目地が縦横の線に対し45度になる敷き方)です。
IMG_0989.jpg
どうやら私、中国から伝えられたという禅宗様の建築がとても好きみたい♡

東福寺でも『第52回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開』が行われていて
禅堂と経蔵を拝観できました。
まずは禅堂(重文)。
IMG_0990.jpg

大きな坐禅道場で、毎週日曜日の早朝(6時20分集合)に座禅会が行われています。
IMG_0954.jpg
現存する最古最大の禅堂は、一度に400人以上の僧侶が修行されていたとも言われています。
中央に祀られているのが、僧侶風の文殊菩薩様。

そして初公開の経蔵。
IMG_0957.jpg
八角形の回転式輪蔵がありました(回転させることはできません)。
日本初の仏教史書である「元亨釈書」の版木が展示されていました。

庫裡から方丈へ。
IMG_0988.jpg

IMG_0985.jpg

方丈の四方に「国指定名勝 東福寺本坊庭園」重森三玲氏作のお庭があります。
東庭
IMG_0966.jpg
北斗七星が表現されています。

南庭
IMG_0987.jpg
蓬莱、瀛洲、壺梁、方丈の四神仙島を石だけの構成による四つの意匠で表現されています。

西庭(井田の庭)
IMG_0977.jpg

ここから見える通天橋、秋は人で溢れているのに
今日は誰もいません。
IMG_0976.jpg

北庭
IMG_0971.jpg

方丈の外側から見る唐門。
IMG_0958.jpg

時間の関係で、通天橋と開山堂は断念。
何度も参拝して、ようやくいただいた手書きのご朱印です。
IMG_20180304_0002.jpg

本日の歩数 7,850歩・歩いた距離 5.3km・上った階数 6階

この記事へのコメント