観心寺・国宝如意輪観音様ご開帳

1年のうち、2日間(4月17・18日)だけご開帳される秘仏・如意輪観音様の御開帳ということで
河内長野市の檜尾山 観心寺へ。

お寺のHPには、拝観は9時からで、ご開帳は10時からと書かれておりましたが
念のため電話で確認すると、納経所が開くのが9時で、参拝は7時から可能とのこと。
8時40分に到着したら、すでに数名の参拝客がおられました。
山門
IMG_2427.JPG
入るとすぐに受付があり、ご開帳日の特別拝観料¥700を納めます。


ご開帳の時間までは、金堂以外の境内をゆっくり参拝。
山門を入ってすぐに右に進むと、後村上天皇御旧跡があり
IMG_2440.JPG

左には、中院があります。
IMG_2428.JPG

手水場
IMG_2434.JPG

拝殿と
IMG_2432.JPG

重文の鎮守堂(訶梨帝母天堂)
IMG_2437.JPG
訶梨帝母(かりていも)とは、鬼子母神様のことです。

正面の金堂の前を通り過ぎ
IMG_2447.JPG

右手に進むと、大日如来様が祀られている建掛堂(重文)
IMG_2449.JPG

鐘楼
IMG_2460.JPG

弁天堂
IMG_2453.JPG

不動明王様と普賢菩薩様が祀られている阿弥陀堂
IMG_2457.JPG

修行大師様と
IMG_2464.JPG

階段を登ると、弘法大師様が祀られている御影堂
IMG_2463.JPG

役行者が祀られている行者堂。
IMG_2473.JPG

そして奥には、開山堂。
IMG_2467.JPG

開山堂は、内陣まで入ることができました。
IMG_2468.JPG
祀られているのは、道興大師様。

楠木正成の首塚
IMG_2469.JPG

新待賢門院墓
IMG_2471.JPG

金堂まで戻ると、まだ時間が早いので、左の奥の方へ。
大威徳明王様が祀られている牛滝堂
IMG_2483.JPG

恩賜講堂(重文)
IMG_2487.JPG

霊宝館へ。
IMG_2486.JPG

こちらの霊宝館、重要文化財の仏様がたくさんおられます。
聖観音様が4体、十一面観音様、地蔵菩薩様、本尊の試作と伝わる如意輪観音様。
そしてもともとは建掛塔に安置されていた弥勒菩薩様・宝生如来様・釈迦如来様・薬師如来様。

さらに秘仏ご本尊様のご開帳と合わせて、特別公開されたのが
とても小さな厨子に入った愛染明王様と、白鳳時代の金剛仏・観音菩薩立像と釈迦如来坐像。
貴重な仏様ばかりです!

まだ時間があるので・・・
『星塚めぐり』をいたしました。
1200年前、弘法大師様がご本尊様(如意輪観音様)の周りに配置された北斗七星の塚です。
全部で7つあり、立体の七星如意輪曼荼羅を構成しているそうです。
IMG_2491.JPG

まずは星塚1番・貧狼星
IMG_2492.JPG

2番・巨門星
IMG_2489.JPG

3番・禄存星

IMG_2481.JPG

4番・文曲星
IMG_2480.JPG

5番・廉貞星
IMG_2479.JPG

6番・武曲星
IMG_2478.JPG

7番・破軍星
IMG_2465.JPG

一巡すると厄除けになるそうなんですが
えーっと・・・実は、7番から1番まで逆にまわってしまいました(ノ∀`*)ペチョン

さて、時刻は9時半。 
金堂(国宝)のところに戻ると、ご開帳を待つ行列ができていました!
IMG_2452.JPG
(この写真は、行列が出来る前に撮影)

やばーっ。さっそく並びます。
ザッと数えて、40番目ぐらいでしょうか。

30分待つ覚悟でしたが、10分ほどすると、金堂を開けて下さり
外陣まで入らせていただきました。
内陣とのあいだの仕切りは開け放され
秘仏の如意輪観音様(国宝)のお姿を拝見させていただくことができました!
約20分ほど、観心寺の歴史、如意輪観音様の6本腕に持たれているものの説明など
お寺の方のお話を拝聴しました。
お話のあと、前列の方が退かれたので、内陣に進み、如意輪観音様を拝ませていただいたのですが・・・
こんなに美しくて肉感的な観音様は初めてです。官能的ともいえるほど。
表現が難しいのですが・・・「ぽわ~ん」とした艶っぽい印象を受けるのです。
『平安時代の密教美術の最高の仏像』と言われるわけが、ちょっと実感できました。

左右の厨子の扉は閉まっていて、右に不動明王、左に愛染明王が祀られているそうです。
厨子の前には四天王様も。
大きな板製の両界曼茶羅があり、その向かって左には
「大随求菩薩画像」(重文)が特別展示されていました。
大随求菩薩様は、人々から苦難をとり除き、福徳を与えて下さる仏様です。
ご真言がとても長くて、唱えにくい(^_^;)
「おんばらばら さんばらさんばら いんじりや びしゅだに うんうん ろろしゃれいそわか」

いただいた特別ご朱印です。
IMG_20180417_0001.jpg

この記事へのコメント