能登の至宝・妙成寺

石川県羽咋市の金榮山 妙成寺(みょうじょうじ)へ。
田圃の広がるのどかな風景の中に、五重塔が見えてきました。
IMG_1734.JPG

総門の内側に車を停めました。
IMG_6207.JPG
「 高麗門」という、お城の門のような形をしています。

拝観受付にて、拝観料@500をお納めし、ご朱印帳を預けました。
IMG_6209.JPG

受付(納経所)の隣、売店兼休憩所には、魚梆(ぎょほう)がありました♡
IMG_6210.JPG

パンフレットの境内図を拝借・・・
IMG_1769.jpg
こちらなんと、境内に10棟も重要文化財の指定を受けた建造物があります!

「君が代」の由来とれる さざれ石
IMG_6214.JPG
私の身長ぐらいの高さがありました。

詳しい説明は、こちらをどうぞ~
IMG_6213.JPG

浄行堂
IMG_6216.JPG
浄行菩薩様が祀られていて、水を掛けてタワシで擦って 願をかけると、
身体の病も心の悩みも除かれるといわれているそうです。

左が二王門、右奥には鐘楼があり
IMG_6277.JPG
この写真では見えにくいのですが、鐘楼の手前に石垣がありました。

二王門(重文)には
IMG_6219.JPG

阿吽の仁王像(写真は阿形)
IMG_6221.JPG

鐘楼(重文・撞けません)
IMG_6224.JPG

二王門から左に石段を上がると、開山堂。
IMG_6230.JPG
石造笠塔婆七基が安置されています。

青緑色の紫陽花が咲いていました。
IMG_6228.JPG

経堂(重文)
IMG_6235.JPG

五重塔(重文)
IMG_6223.JPG

北陸唯一の木造五重塔で、高さは34.18m。
IMG_6236.JPG
屋根は薄い板を張り付けた栩葺(とちぶき)。

正面と左右の扉の彫刻が素晴らしいです。
IMG_6238.JPG

墓所を通り過ぎた突き当りに、丈六堂(釈迦堂)があり
IMG_6244.JPG
丈六の釈迦牟尼仏立像が祀られていました。

境内の一番奥に、閻魔堂
IMG_6247.JPG
色鮮やかでちょっとかわいい閻魔様が祀られています。

三十番神堂拝殿と
IMG_6252.JPG

三十番神堂(重文)
IMG_6248.JPG
内陣に日本の国神三十体を祭祀。

三光堂(重文)
IMG_6243.JPG
日天・月天・明星天を安置。

本堂(重文)
IMG_6253.JPG
ご本尊は、一塔両尊四天王四菩薩二明王(日蓮宗の十界曼荼羅)。
中央に「南無妙法蓮華経」と書かれた題目宝塔があり、両脇に釈迦如来と多宝如来様。
その両脇に上行菩薩・無辺行菩薩・浄行菩薩・安立行菩薩、
さらにその下に日蓮上人様と、文殊菩薩・普賢菩薩、不動明王・愛染明王が祀られています。

祖師堂(重文)
IMG_6260.JPG
中央の厨子に宗祖・日蓮聖人様、左右に日像上人と日朗上人が祀られていますが
こちらは全て秘仏でした。

欄間に鮮やかな彩色が残っています。
IMG_6263.JPG

回廊を通り、書院のある方へ。
IMG_6264.JPG

書院の門
IMG_6265.JPG

土台は瓦が積んであるんですねぇ。
IMG_6266.JPG

書院(重文)
IMG_6267.JPG

書院庭園
IMG_6268.JPG

客殿との渡り廊下
IMG_6274.JPG

垣間見えた向こう側・・・
IMG_6273.JPG

客殿
IMG_6282.JPG

庫裡(重文)
IMG_6280.JPG
床下には周囲を石積みした穴ぐらがあるそうです(非公開)。

いただいたご朱印は、素晴らしいものでした!
IMG_20180729_0008.jpg
久遠実成のお題目「南無妙法蓮華経」の文字は、「法」を除く6文字の筆端をひげのように長く走らせてあり
「ひげ題目」や「跳ね題目」というそうです。

境内の売店でいただいた冷やしあめ@400が、とても美味しかった♪
IMG_6289.JPG
麦飴を煮詰めて作られているそうです。
お水は、珪藻土を通った霊水だとか。

生まれたばかりのメダカは、なんと3mmぐらいしかありません。
数匹産まれたそうなのですが、親が食べてしまい、この一匹しか残っていなくて
お店の方は、1日中 この子から目が離せないそうです(ほのぼの)
IMG_6288.JPG

この前日、人間国宝の歌舞伎役者さんが参拝されていたそうです。。。

この記事へのコメント