西国三十三所(三)・第5番札所・葛井寺

大阪府藤井寺市にある西国三十三所第5番札所・紫雲山 葛井寺へ。
これまでの参拝は、2010年12月2017年6月です。
境内の駐車場は、ご祈祷を受けられる方しか停めることができないので、近くのコインパーキングに駐車します。

南大門(楼門)
IMG_7124.JPG

門を入ると、右手に弁天池があり
IMG_7179.JPG

弁財天さまが。
IMG_7178.JPG

修行大師像
IMG_7127.JPG

大師堂
IMG_7173.JPG

大師堂の香炉。
IMG_7166.JPG

大師堂の向かいには、阿弥陀二十五菩薩堂
IMG_7128.JPG
阿弥陀如来様を中心に、聖衆来迎二十五菩薩が祀られています。

出世地蔵大菩薩像
IMG_7164.JPG

専心龍乗観世音菩薩像
IMG_7169.JPG

釣鐘堂(撞けません)
IMG_7172.JPG

手水堂
IMG_7160.JPG
弘法大師様が手掘りされた井戸だそうです。

本堂
IMG_7129.JPG

IMG_7137.JPG
毎月18日と、毎年8月9日(千日まいり)がご開帳なので、この日を楽しみにしてきました。

本堂内陣拝観料500円を納め、内陣へ。
厨子内の十一面千手千眼観音さま(国宝)は、五重蓮華の台座に座られ、頂上仏面も含めると像高は144.2cm。
胸の前で合掌する2本の手、38本の大手、1001本の小手、合わせて1041本の手を持たれ、
全ての掌に眼が描かれています。
須弥壇上、本尊厨子の右側には聖観音さま、左側には地蔵菩薩さまが安置され
どちらも平安時代の作。

内陣の奥は資料室のようになっており、ビデオが上映されていました。
十一面千手千眼観音さまの十一面の仏面の写真や
大手に持たれている宝鉢や宝輪など持物の説明もありました。

外陣の隅っこに、黒光りする賓頭盧さんが。
IMG_7150.JPG

護摩堂
IMG_7141.JPG

IMG_7151.JPG
不動明王さまの脇侍は、千手観音坐像と役行者。

護摩堂の香炉
IMG_7152.JPG

宝蔵
IMG_7149.JPG

大きな藤棚とアーチ。 藤の咲く季節に来てみたい・・・
IMG_7148.JPG

西門こと四脚門(重文)
IMG_7143.JPG

IMG_7146.JPG

「ふぢい寺」が正式なのかな?
IMG_7144.JPG

境内の南から西側にかけて、点々と西国三十三所の観音様が祀られています。
IMG_7147.JPG
これは30番・宝厳寺。

高野山奥之院のお大師様も。
IMG_7153.JPG

役行者像
IMG_7177.JPG

烏樞沙摩閣(トイレ)の入口に
IMG_7181.JPG

烏樞沙摩明王様
IMG_7180.JPG

相方がいただいたご朱印と
IMG_20180818_0001.jpg

私がいただいた重ね印。
IMG_20180818_0002.jpg

そして、今年2月 東京国立博物館に出展されたことを機に、新しい御朱印がいただけるようになったとのことで
そちらもいただいてきました。
IMG_20180818_0003.jpg
千手を表現された御朱印、素晴らしいですね!!
ちなみにトーハクでは、ケースなしで円形スペースに配され、360度の角度から拝ませていただくことが可能だったそうです。

おまけ。
境内には3つほど露店が出ていて、その場で 木製の角型セイロで蒸したお赤飯が売られていたので
ついつい買って、ぬくぬくの間に・・・と、藤棚の下で食べてしまいました(笑)
IMG_7155.JPG
びっくりするぐらい美味しかった!!

この記事へのコメント