ド迫力の蔵王権現・金峯山寺

奈良県吉野町、吉野山にある世界遺産の国軸山 金峯山寺へ。
吉野山観光駐車場に車を停めると(11月の土日は@1000円)こんな景色(〃▽〃)
IMG_9703.JPG

まずは下千本エリア(緑色で囲んだところ)
下千本2.jpg

中千本エリアの金峯山寺まで約15分ほど歩きます。
下千本.jpg

赤い橋を渡り
IMG_9704.JPG

黒門(総門)をくぐり
IMG_9705.JPG

重文の銅鳥居(かねのとりい)
IMG_9712.JPG

俗界と聖地の境界を象徴する「発心門」の扁額
IMG_9711.JPG

銅鳥居のそばに、行者堂がありました。
IMG_9713.JPG

もう少し歩くと、二王門(国宝)
IMG_9716.JPG
今年から10年かけて大修理が行われます。

康成作の金剛力士立像 2躯(重文)は、像高が約5m。
かなり大きい!
IMG_9720.JPG

二王門を内側より
IMG_9722.JPG
本堂は南向き、二王門は背を向けるように北向きに建っています。
熊野から吉野へ(南から北へ)向かう巡礼者と、吉野から熊野へ(北から南へ)向かう巡礼者の双方に配慮したためだそうです。

いよいよ本堂(国宝)へ。
IMG_9750.JPG

拝観料@1000円を納めると、木札と靴を入れて持ち歩くエコバッグがをいただきました。
IMG_0073.JPG

真ん中の大きな提灯は「蔵王堂」、左右の縦長の提灯には「岩」の文字。
IMG_9805.JPG
本堂の高さは34m、奥行と幅はともに36m。東大寺大仏殿に次ぐ大きさです。
外陣に入ると、原木の形を活かした柱が使われていて、宮島の厳島神社を思い出しました。

平成30年秋期 国宝仁王門大修理勧進 秘仏ご本尊特別御開帳(11月3日~30日)
IMG_20181103_0010.jpg

内陣には今まで見たことがないような巨大な厨子の中に
3体の蔵王権現様(重文)が!!
像高は中尊像が728cm、向かって右の像が615cm、左の像が592cm。
青色の肌に、截金細工で鮮やかな模様の描かれた衣を身に着け
とても怖い形相で、右手と右足を上げておられます。
ものすごい迫力で、泣いている小さな子もいました。
それぞれの像の前に、腰高あたりまで障子で覆われた簡易個室のようなものがあり
相方と二人で、3ヶ所とも入らせていただき、それぞれの蔵王権現様とご縁を結ばせていただきました。
ここには「蔵王権現様への手紙」を書かかれて、受取人負担の郵便で送れるハガキが置いてあり
一人一枚いただいていいと書かれていたので、持ち帰りました。
IMG_20181110_0007.jpg
何を書くか、試案中。。。

本堂の外陣には、秘仏のご本尊よりも年代の古い蔵王権現様(像高459cm)
聖徳太子立像などが祀られていました。

本堂とは屋根が続いている蔵王権現本地堂に行くと
金色の弥勒菩薩・釈迦如来・千手観音様が祀られていました。
さきほど本堂で拝ませていただいた蔵王権現の3体は
実は弥勒菩薩・釈迦如来・千手観音様の化身だそうです。
松田大児さんの絵画展が催されていました。
IMG_2564.JPG

本堂を出て観音堂へ。
IMG_9736.JPG
聖観音様でしょうか。

愛染明王様が祀られている愛染堂
IMG_9735.JPG

愛染堂の脇には、なぜか船が・・・
IMG_9807.JPG

久富大明神
IMG_9747.JPG

吉富稲荷大明神
IMG_9748.JPG

導之稲荷社
IMG_0025.JPG

神楽殿
IMG_9749.JPG

天満宮
IMG_9752.JPG

IMG_9753.JPG

装飾模様がとても素敵でしたた♡
IMG_9756.JPG

金峯山寺でいただいた御朱印は2種類。
通常のものと
IMG_20181103_0001.jpg

特別開帳記念の御朱印@500
IMG_20181103_0002.jpg

石段を降りた先に、不動窟
IMG_9760.JPG

南朝妙法殿
IMG_9761.JPG

仏舎利宝殿がありました。
IMG_9763.JPG

さー、ここから450段下って脳天大神へ向かいます(^_^;)

この記事へのコメント