在原業平ゆかりの十輪寺

京都市西京区の小塩山 十輪寺へ。
IMG_8103.JPG

山門から入り、受付にて拝観料@400円を納めました。
IMG_8107.JPG

IMG_8108.JPG

業平紅楓
IMG_8110.JPG

大樟樹
IMG_8111.JPG

鐘楼
IMG_8115.JPG

不迷鐘(まよわずのかね)といわれ、決心がつかないときにこの鐘を撞くと決心がつくそうです。
ただし・・・撞く方法があり
100円を納めて祈り、息を止めて撞く。音が消えるまで息は止めたまま。
再び息をすると、決着するとのことですが・・・
IMG_8117.JPG
こらえきれず息を吸ってしまいました(ノ∀`*)ペチョン

手水場
IMG_8120.JPG

本堂
IMG_8135.JPG

屋根は珍しい鳳輦(ほうれん)の形です!
IMG_8129.JPG

IMG_8124.JPG

本堂内に入ると、鳥居のようなものがあります(外から撮影)
IMG_8125.JPG

ご本尊は秘仏の延命地蔵菩薩様で、毎年8月23日の10時から御開帳されるそうです。

本堂から高廊下を通って、業平御殿へ。
IMG_8121.JPG
この緑色の葉が生い茂る木が、JR東海の2014年春「そうだ 京都、行こう。」で一躍有名になった業平桜で、樹齢200年以上の1本の枝垂れ桜を観に、春はたくさんの人が訪れるそうです。

業平御殿・茶室・高廊下に囲まれた「三方普感の庭」
IMG_8138.JPG
「立って見る」「座って見る」「寝て見る」で、感じ方が変わるそうです。

本堂裏手にある石段を上っていくと
在原業平公のお墓とされる「宝篋印塔」がありました。
IMG_8130.JPG
意外と小さくて驚きました。

在原業平が塩を焼いて藤原高子への思いを伝えたとされる、塩釜の跡。
IMG_8133.JPG

塩竈は近年復元されたものです。
IMG_8134.JPG

御朱印は、オーソドックスなものをいただきました。
IMG_20190512_0004.jpg
他にも季節に応じたカラフルなものや、看板猫の序音(じょね)をモデルにしたものなど
たくさんの種類の御朱印をいただけます。

猫の序音ちゃん、雑誌「猫びより」の表紙になったり、NHKの番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」に出演されたこともあるそうなんですが、この日は会うことができませんでした。残念!
517BSZ4iZPL._SX365_BO1,204,203,200_.jpg

この記事へのコメント