世界唯一の木造十三重塔・談山神社

奈良県桜井市の談山神社(たんざんじんじゃ)へ。
明治2年の神仏分離以前はお寺院で、多武峯(とうのみね)妙楽寺という名前だったそうです。

第5駐車場から歩く参道沿いに、後醍醐天皇御寄進の石灯篭(重文)
IMG_3240.JPG

手水場
IMG_3242.JPG

IMG_3244.JPG

受付にて拝観料@600円を納めて、140段の石段を上ります。
IMG_3243.JPG

境内図
IMG_3241 (2).JPG

石段の途中、右側に進むと東殿(重文)があるのですが、行きそびれました・・・
東宝庫(重文)も、東殿の方からしか見えないようです。

石段の左側には、神廟拝所に行ける石段がありますが、まずは本殿に向かいます。
IMG_3246.JPG

舞台造りの拝殿が見えてきました。
IMG_3249.JPG

IMG_3251.JPG

こちらにも手水舎がありますが
IMG_3252.JPG

お水はありません。
IMG_3253.JPG

楼門(重文)
IMG_3255.JPG

楼門から前へは進めず、右側の拝殿(重文)に入ります。
IMG_3254.JPG

内部の写真撮影はOKとのこと。
IMG_3268.JPG

折上格天井には「伽羅」が使われているのだそう!
IMG_3258.JPG

社宝の展示
IMG_3264.JPG

拝殿から藤原鎌足公が祀られている本殿(重文)を拝します。
IMG_3262.JPG

日光東照宮造営の際のお手本となったそうです。
IMG_3261.JPG

拝殿と本殿は、東西透廊(重文)でつながっています。
IMG_3263.JPG

拝殿の廻縁には、吊燈籠が並び、絵になりますね!
IMG_3267.JPG

拝殿を出ると、右側に西宝庫(重文)
IMG_3271.JPG

そして私がとても見たかった十三重塔♡
IMG_3273.JPG

世界で唯一現存している木造の十三重塔です。
IMG_3274.JPG
紅葉には2週間ほど早かったようですが、人が少なくて良かったかも。

拝殿と十三重塔は、藤原鎌足の肖像画と共に、乙20円券(日本銀行券で最後の20円紙幣)のデザインに使われています。

権殿(重文)
IMG_3275.JPG

IMG_3284.JPG

末社の比叡神社本殿(重文)
IMG_3279.JPG

神明神社
IMG_3280.JPG

竜神社
IMG_3281.JPG

石段を降りて、閼伽井屋(重文)
IMG_3283.JPG

末社惣社拝殿(重文)
IMG_3286.JPG

福禄寿大神が祀られています。
IMG_3285.JPG

末社惣杜本殿(重文)
IMG_3282.JPG

神廟拝所(重文)
IMG_3248.JPG

IMG_3293.JPG

金色の壁には羅漢と天女が描かれ
中央に藤原鎌足公、向かって左側に秘仏の如意輪観音様を祀るお厨子。
観音講まつりの期間中(6~7月)に一般公開されるそうです。
お写真が飾られていて、とてもお美しい御姿を垣間見ることができます。
IMG_3292.JPG

須弥壇前方の左右に向かい合っている狛犬は、向かって左側を女性、右側を男性が撫でるといいと書かれていました。
IMG_3288-tile.jpg

そしてめっちゃ気になったのが、こちらの狛犬。
玉眼がはめられ、とても写実的。鎌倉時代のものとのことで、納得です。
IMG_3290.JPG
伝・運慶作との説明書きがありましたが・・・

神廟拝所の隣は「けまりの庭」といって、昨日(11月3日)けまり祭が行われたとのこと。

けまりの庭から見た権殿と十三重塔
IMG_3295.JPG

西入山口から出ました。
祓戸社
IMG_3298.JPG

IMG_3296.JPG

駐車場を出て坂を下っていったところに、東大門がありました。
IMG_3302.JPG

いただいた御朱印です。
IMG_20191104_0002.jpg