赤栴壇に刻まれた浪切不動尊・南院

高野山にあります近畿三十六不動尊霊場第36番・高野山 別格本山 南院(なんいん)へ。

山門
IMG_8663.JPG

赤・黄・緑のグラデーションがきれいです。
IMG_8646.JPG
正面は宿坊で2000坪あり、どのお部屋からもお庭が眺められるそうです(精進料理の昼食利用のみも可)。

本堂
IMG_8649.JPG

IMG_8660.JPG

IMG_8658.JPG

香炉
IMG_8650.JPG

向かって右側の獅子、尻尾がなくなっています(T_T)
IMG_8652-horz.jpg

向拝を見上げると、八大浪切龍王の天井絵。
IMG_8655.JPG
中央の真下で手を打つと、いい音が響く鳴き龍です。

弘法大師様が遣唐使で唐に渡った際に、恵果阿闍梨様から赤栴壇(しゃくせんだん)の霊木を授かられました。
唐から帰られる途中で嵐に遭遇し、祈願したところ、浪切不動明王様が現れ波が静まり、無事に帰国されたそうです。
そして赤栴壇の霊木に浪切不動明王像を刻まれたのが、こちらのご本尊・秘仏の浪切不動明王様(重文)。
毎年6月28日にご開帳されます。

仏舎利塔
IMG_8659.JPG

いただいた御朱印です。
IMG_20201024_0001.jpg

この記事へのコメント