西国三十三所(五)・第2番札所 紀三井寺

和歌山県和歌山市 第2番札所:紀三井山 金剛宝寺 護国院
宗派:救世観音宗(総本山) 開基:為光上人 ご本尊:十一面観世音菩薩 創建:宝亀元(770)年

中国の僧・為光上人が日本各地を行脚していた時、名草山の山頂から一筋の光が発せられているのを見たので名草山に登ると、千手観音像を感得されました。自ら十一面観音像を彫刻し、感得された千手観音像を胎内に奉納し、安置したのが始まりと言われています。

自家用車で行くときは、いつも表参道の有料民営駐車場に停めておりましたが、
HPを調べたら、裏門前に約30台停められる寺営の駐車場がありました。

楼門の手前が拝観受付になっていて、大人は200円なのですが・・・
先達の輪袈裟をかけ、名札を提示すると、無料にして下さいました!
(札所会事務局の担当に当たっている寺院は、無料になると仰ってました)

楼門(重文)
IMG_0530.JPG

左右に堂宇が立ち並ぶ結縁坂を上って、本堂へ
IMG_0556.JPG

IMG_0540.JPG

IMG_0537.JPG

IMG_0541.JPG

見上げた向拝の天井
IMG_0539.JPG

賓頭盧さんは、珍しく左足を踏み下げて座ってられています。
IMG_0538.JPG

内陣をガラス越しに覗きますと、お前立の千手観音様と十一面観音様、向かって右側には薬師如来様・厄除聖観音様などがぼんやりと拝見できました。
内陣のさらに奥は八角形の収蔵庫「大光明殿」とつながっていて、そちらに秘仏の千手観音様(重文)と十一面観音様(重文)が祀られています。
50年に一度の御開帳を拝見させていただいたときのことは、2020年6月の日記をどうぞ。
お寺のHPによりますと、2020年春の御開帳時、コロナの影響で52日間御開帳が停止されたので、2021年の4月8日~5月29日に『よみがえり御開帳』として、御開帳して下さるそうです!!

修復工事が完了した開山堂
IMG_0544.JPG

IMG_0545.JPG

多宝塔(重文)
IMG_0555.JPG

春子稲荷大明神
IMG_0553.JPG

三社権現も修復されて、美しくなっています。
IMG_0552.JPG

ここから降りる石段がめっちゃ怖くて、いつも相方に手を引いてもらっていたのですが、とても上り下りしやすい手すりの付いた階段に変わっていました!
IMG_0554.JPG

大師堂
IMG_0559.JPG

IMG_0558.JPG
残念ながらお大師様は、閉じられたお厨子の中です。

塔頭の穀屋寺(聖徳太子様)・普門院(七鈴観音堂)・瀧本院(波切不動尊)・稲荷社(白瀧大明神)・松樹院(身代わり大師様)・宝蔵院(大日如来様など)・六角堂・鐘楼(重文)・新仏殿などについては、2019年12月の日記をどうぞ。
三つの霊泉(清浄水・楊柳水・吉祥水)については、2018年3月の日記をどうぞ。

御朱印は「救世殿」と書かれています。
IMG_20210211_0003.jpg

いただいた散華とご詠歌護符(先達の特典)と、2010年に購入した御影です。
IMG_20210216_0003.jpg

おまけ。
帰り道、いちご電車と遭遇♡
IMG_1354.JPG
いちご電車に乗った時の話は、2007年10月の日記をどうぞ(笑)

本日の歩数 8094歩・歩いた距離 5.8km・上った階数 53階

この記事へのコメント