世界スカウト運動創始100周年記念イヤー

洗濯物をたたみながら、ふと気がつきました。
昨日の私・・・ボーイスカウト100周年仕様だっ!

100sVc.JPG100`[.JPGLeB[.JPG

左は、100周年記念Tシャツ。子供用150のサイズがぴったり!
まん中は、同記念チーフリング(いただきものです♪)
さらに右は同記念キャンティーン(水筒・容量1L)。
嬉しがりですねぇ~(笑)

今年は、ボーイスカウト運動100周年イヤーです。
様々な要因により、ピーク時の半数に減ってしまったスカウトたち。
少子化も原因のひとつですが・・・
入隊希望の電話や、問い合わせから察するに
どうも『日曜日の託児所』と勘違いされることが多い気がする。
前にも書いたけど、隊員が小さい間は、親も童心に帰って一緒に遊んで欲しいねんなぁ~。
子供だけでなく、大人もいっぱい成長していけるよ。
費用は・・・連盟への登録費や保険の関係で、年会費という形での支払いになる。+活動に参加のつど実費(交通費・入場料・宿泊費・材料代など)。
この年会費を分割にしてくれとか、高いっていう人がいる。細かいことを言えば、制服代や用品代も、けっこうかかるといえばかかるわね。
だけど、他の習い事に比べたら、全然お安いんよ!?

さらに言えば、うちらリーダーは、なにがしかの報酬を得ていると勘違いされている場合も!?
あらためて言うことでもないですが、一銭ももらってませんから!!
交通費や宿泊費などは、実費を払って、参加してますから!!
それでも、子供たちの笑顔っていう、報酬以上のご褒美をいただいてるので、不満不服は全くない(。・ω・。)bグッ

身体が2つあったら・・・私はリーダーを続けたいよぉ~。
子供たちが喜んでくれるような、もっとおもしろい企画を考えたいし、おいしいオヤツも作ってあげたい。
スカウトたち、大好きだぁ~!!!
大きくなっていく隊員たちを見届けたいし、小さい隊員といっぱいハグハグして、門真1団の家族に早く溶け込めるようにしてあげたい。

本当に、この活動をしていく中で、一番変わったのは
自分だという気がする。
「しんどいこと」「やりたくないこと」から逃げないで、頑張ってこそ、見えてくるものがある。
限界を超えると、一回り大きくなった自分と会えるw

う~ん。熱くなってすんまへん。

追記:昨日の日記、だいぶ書き直しました。

この記事へのコメント

  • きんかん

    子育て自体が「親も一緒に成長する」って言いますモンね。
    たくさんの子供たちと過ごすことで、自分も成長するんだろうなぁ。

    そういう役割を、夫婦でされてるって言うのがすごいと思います。
    (奥さん任せって言うところが多いモンね)
    旦那さんも素晴らしいなぁ~って思いました
    2007年07月18日 06:57
  • のりぽん

    きんかんさん>
    そうですねぇ。
    子供たちの前では、どんなに辛くても、しんどい顔は見せられないですもんね。
    苦手だった山も、どんどん好きになりました。

    相方は、私よりリーダー歴が長い(私は6年、相方は11年)し、なんせ隊長やからねぇ。
    大変だと思うんですが、まだまだ相方は、制服を脱げないみたいですよぉ~!
    2007年07月18日 21:25
  • バロン

    事情をよ~く分かってるバロンです(爆)
    うちの場合は母親がよく来てくれて、毎年やってた芦屋村(芦有ゲート近く)でのキャンプの時は大雨だろうが手伝いに来てくれてました。心臓弱いのに・・・
    当時も今も感謝してます(^o^)

    「託児所」と勘違いしてる親が信じられん・・・(ー'`ーメ) ムカッ
    2007年07月18日 22:23
  • のりぽん

    バロンさん>
    おぉ~!!!
    いいお母様ですねっ。
    うちも、いつかは息子たち・・・感謝してくれるんだろか。

    ボーイスカウト運動の意味を、勘違いしてる親が多すぎますね。
    2007年07月18日 22:37