萩の古刹・東光寺

山口県萩市の、護国山 東光寺(とうこうじ)へ。
宗派:黄檗宗 開山:慧極道明禅師 開基:毛利吉就公 創建:元禄四年(1691年) 本尊:釈迦牟尼仏

総門(重文)
IMG_6430.JPG

IMG_6429.JPG

棟の四端に、インド神話に登場する怪魚の摩伽羅(マカラ)
IMG_6431.JPG

扁額は、慧極禅師筆の「護国山」
IMG_6433.JPG

受付にて拝観料@300円を納めました。

宝篋印塔は珍しい形をしています。
IMG_6435.JPG

IMG_6436.JPG

六地蔵さん
IMG_6437.JPG

三門(重文)
IMG_6438.JPG

門の中央に立ち、横を向いて見上げたところ
IMG_6442.JPG

初階の扁額は「解脱門」
IMG_6440.JPG

二階の扁額は「最勝閣」
IMG_6439.JPG

振り返って見た、三門
IMG_6444.JPG

こちらの扁額は「布金祇園」
IMG_6445.JPG

緑がいっぱいの参道は・・・セミもいっぱい(^_^;)
IMG_6443.JPG

参道の途中、左側に鐘楼(重文)
IMG_6450.JPG

大雄宝殿前の燈籠
IMG_6448.JPG

大雄宝殿(重文)
IMG_6451.JPG

IMG_6452.JPG

入堂はできませんが、こちらから内陣を拝見することができました。
IMG_6457.JPG
須彌壇上にご本尊の釈迦如来坐像、脇侍の迦葉尊者立像と阿難尊者立像が拝顔できました。

IMG_6463.JPG

大雄宝殿前には、「月台」という広場があります(立入不可)。
IMG_6456.JPG
行事や法要の時など堂内に入りきれない人々の為に設けられ、中央の大きな石(梵壇石)には、戒律を破った僧が懺悔のため坐らされたそうです。

方丈には二つの玄関があり、向かって左側は殿様用
IMG_6453.JPG

右側は家臣用の玄関です。
IMG_6473.JPG

庫裡の廊下に、開梆
IMG_6472.JPG

IMG_6469.JPG

位牌堂
IMG_6467.JPG

位牌堂前に、JR西日本のDISCOVER WESTキャンペーンのポスター(東光寺の三門)が貼られていました。
IMG_6474.JPG

境内の一番奥に、萩藩主毛利家墓所(国の史跡)
IMG_6461.JPG
三代から十一代までの、奇数代の藩主と夫人や藩士の墓石があります。
初代と偶数代の墓所は、さきほど参拝した大照院にありました。

黄檗宗といえば、布袋さんだと思っていたのですが、こちらではお祀りされていませんでした。
文化文政年間の大伽藍には、天王殿があったので、もしかしたらそちらに祀られていたのかも・・・と想像。

いただいた御朱印です。
IMG_20210724_0008.jpg

余談ですが・・・
萩市から島根県方面に車を走らせていると、阿武町を通り抜けたら、また萩市。
萩広域の合併のために、阿武町は萩市に囲まれた地形になっているんですね!
IMG_2760.PNG

この記事へのコメント