雪の鞍馬寺は凍結注意

京都市左京区、鞍馬山 鞍馬寺(くらまでら)
新西国三十三箇所第19番札所・神仏霊場巡拝の道第103番
宗派:鞍馬弘教(総本山) 創建:宝亀元年(770年) 開山:鑑禎上人
御本尊:尊天(毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊)

鞍馬寺は2年半ぶりで、お正月の参拝は、実に20年ぶり。
子どもの頃は毎年、親戚一同で元日に参拝していたお寺なのですが、
こんなに参拝客の多いという認識がなくて・・・
駐車場に車を停めるのに、ずいぶん待ちました。

仁王門
IMG_0840.JPG

IMG_0843-horz.jpg

IMG_0846-horz.jpg

愛山費@300円を納め、いつもは九十九折の参道を約800mほど歩いて登るのですが、
今回は雪が残り、凍結が心配だったので、ケーブルカー@200円に乗車しました。
(ケーブルカーは20分に1本の運行ですが、この日は大増便。それでも30分ほど待ちました)

ケーブルカーを降りると、多宝塔があります。
IMG_0849.JPG
見上げると、きれいな絵天井。
4隅に色鮮やかな尊天三尊像(毘沙門天・千手観音・護法魔王)が祀られていました。

弥勒堂
IMG_0852.JPG

しばらく歩くと、徒歩の参道と合流。

巽の弁財天社
IMG_0854.JPG

まだ石段を上ります。

転法輪堂
IMG_0855.JPG

IMG_0856.JPG
丈六の阿弥陀如来坐像が祀られています。
外陣には賓頭盧さんもおられました。

寝殿(非公開)
IMG_0882.JPG

さらに石段を上り、本堂のあるエリアに到着。
すると・・・ここにも大行列がΣ(゚д゚lll)ガーン

『金剛床』のエネルギーを身体に受けようとしている方の行列でした。
IMG_0872.JPG

本殿金堂
IMG_0870.JPG

IMG_0879.JPG

狛犬ならぬ、阿吽の虎
IMG_0868-horz.jpg

本堂の外陣に入らせていただきましたが、内陣は暗くてよく見えません。
御本尊の尊天さま(毘沙門天王・千手観音菩薩・護法魔王尊)と、脇侍の役行者・遮那王尊が祀られているそうです。

こちらは納経所から見えた宝塔? 本堂の裏にあるのでしょうか・・
IMG_0860.JPG

光明心殿
IMG_0866.JPG
護法魔王尊が祀られ、毎月28日には、堂前にて護摩行が行われるそうです。

本坊(金剛寿命院)
IMG_0862.JPG

回廊
IMG_0863.JPG

前庭「瑞風庭」
IMG_0864.JPG

足元が不安なので、奥之院は断念し、揺拝所にて合掌(霊宝殿も冬季は休館)
IMG_0861.JPG

さて・・・上りのケーブルカーを降りる際に、下りのケーブルカーを待つ大大大行列を見てしまったんですよねぇ。
1時間以上の待ち時間だと言ってはった・・・。

歩いて降りることになってしまいました。

私は子どもの時から何回も参拝しているお寺やから、長い参道の地図は頭にしっかり入ってるんですね。
雪が残っているようなコンディションだと、だいたいどんな状態の足元なのか想像がつくんですよ。
石段は手すりがありますけど、足元がツルツルの坂道があるってことが・・・ (lll-ω-)ズーン

ほら!! 凍ってる!
IMG_0883.JPG

中門をくぐると、坂道ですよー。
IMG_0884.JPG
しばらくは手すりがありますが、途中からはありましぇーん(T_T)
もう写真を撮る余裕もなし。

へっぴり越しの横歩きで、なんとか進んでいきます。
正月早々、転んで骨折とか、絶対にイヤやから!!!

川上地蔵堂
IMG_0886.JPG

鎮守の由岐神社(摂社・末社については、2019年7月の日記をどうぞ)
IMG_0887.JPG

IMG_0889.JPG

IMG_0890-horz.jpg

IMG_0896.JPG

なんとか転ぶことなく、無事に降りてきた時には、心底ホッとしました。

霊宝殿・奥之院などについては、2019年7月の日記をどうぞ。

いただいた御朱印です。
IMG_20220102_0002.jpg

鞍馬駅の天狗が、新しくなっていました(〃▽〃)
IMG_0902.JPG

本日の歩数 7373歩・歩いた距離 5.1km・上った階数 21階

この記事へのコメント