岡寺・西国三十三所巡礼(6巡目)

奈良県明日香村、東光山 真珠院 岡寺(おかでら)
西国三十三所第7番札所
宗派:真言宗豊山派 開基: 義淵僧正 創建:天智天皇2(663)年
ご本尊:如意輪観世音菩薩 ご真言:おん はんどめい しんだまに じんばら うん
無料駐車場有 入山料@400円

仁王門(重文)
IMG_0630.JPG

IMG_0632-horz.jpg

IMG_0641.JPG

寺号標の「岡」の文字、笑っているように見えますね(〃▽〃)
IMG_0631.JPG

手水舎
IMG_0633.JPG

紅葉とビー玉です。
IMG_0637.JPG

新たに小さな手水鉢が設置されていました。
IMG_0635.JPG

お地蔵さん
IMG_0639.JPG

白書院
IMG_0640.JPG

鐘楼
IMG_0643.JPG

楼門
IMG_0645.JPG

高いところから拝見した、楼門・古書院(重文)・開山堂
IMG_0683.JPG

開山堂
IMG_0652.JPG
阿弥陀三尊像が拝顔できました。

IMG_0650.JPG

IMG_0649.JPG

本堂
IMG_0653.JPG

IMG_0658.JPG

高いところから見た本堂
IMG_0680.JPG

内陣に入らせていただきました(内陣参拝可能期間は、4月~12月)。
奈良時代作の御本尊は像高4.85m、塑像の如意輪観音坐像(重文)です。
二臂で結跏趺坐、弘法大師様が日本・中国・インド三国の土で造られたと言われています。
胎内に納めらていた、高さ31㎝の銅造如意輪観音半跏像は、京博に寄託。
内陣の左右上部に、脇侍の不動明王坐像と愛染明王坐像が祀られ、その下をくぐって、奥陣(宝物館)へと入らせていただきました。
神変大菩薩坐像と前鬼&後鬼、胎内仏の如意輪観音半跏像の御分身、宮殿型厨子(中央に阿弥陀如来坐像、四天王を安置)、西国三十三所の御本尊像などを拝見させていただきました。 
御本尊の如意輪観音坐像も、横から間近で拝顔させていただきました。

外陣の賓頭盧さん、ピカピカになって帰ってこられました(〃▽〃)
IMG_0657.JPG

龍蓋池
IMG_0660.JPG

奥之院へ向かいます。
IMG_0663.JPG

瑠璃井
IMG_0665.JPG

IMG_0667.JPG

修行大師像
IMG_0670.JPG

稲荷社
IMG_0671.JPG

IMG_0673.JPG

奥之院石窟
IMG_0674.JPG
石造弥勒菩薩坐像が祀られています。

災害により通行止めになっていた「しゃくなげの道」はきれいに整備され、赤い橋と舞台ができていました。
IMG_0676.JPG

義淵僧正廟所の宝塔
IMG_0677.JPG

三重宝塔
IMG_0692.JPG

四隅の軒先に琴
IMG_0695.JPG

大師堂・仁王門の隅の彫刻・枯山水の庭などについては2021年6月の日記、「天竺牡丹 華の池」については2018年4月の日記をどうぞ。

御朱印は軸装納経帳に重ね印でいただきました。
IMG_20221127_0001.jpg

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック