神呪寺(融通観音大祭)

兵庫県西宮市、甲山 神呪寺(かんのうじ)
摂津国八十八箇所第75番・新西国三十三箇所第21番・仏塔古寺十八尊第17番札所
宗派:真言宗御室派(別格本山) 創建:天長8年(831) 開基:如意尼公(真名井御前)
無料駐車場有

毎年5月18日は、融通観音大祭(開帳法会)が開催され、全ての仏像が公開されます(拝観料は無料です!)。
なかなか土日と重ならないので、5年ぶりの参拝です。

駐車場の手前に山門
IMG_8012.JPG

IMG_8013.JPG

二天像
IMG_8017-horz.jpg

石段の左右に
IMG_8018.JPG

IMG_8020-horz.jpg

道路を渡ると、石柱門
IMG_8021.JPG

参道の脇には、たくさん塚があります。
盲杖塚と花塚
IMG_8025.JPG

魚鳥塚
IMG_8024.JPG

弁天池に
IMG_8027.JPG

弁財天社
IMG_8023.JPG

IMG_8028.JPG

石段の途中、右側にも
IMG_8031.JPG

扇塚や俳人塚
IMG_8070.JPG

不動三尊像
IMG_8068.JPG

役行者三尊像
IMG_8069.JPG

お地蔵さんがたくさん。
IMG_8035.JPG

IMG_8036.JPG

地蔵堂
IMG_8032.JPG

石段の上に、手水場
IMG_8037.JPG

鐘楼@100円
IMG_8044.JPG

左から大師堂・弁天堂・本堂・不動堂・恵光堂が並んでいます。
IMG_8051.JPG

大師堂の向かって左側の入口から靴を持って入り、受付にて拝観名簿に記載し大師堂内へ。
大師堂.JPG

堂内は大師堂の奥へ続く行列と、本堂後陣から折り返してきた行列があり、たくさんの人です。
大師堂の手前は護摩壇があり、毎月21日に大師護摩供養が行われます。
奥殿に弘法大師坐像(重文)が安置され、間近で拝顔させていただきました。
お大師様は鎌倉時代後期の作で、像高81.2cm、58歳のお姿。

大師堂と本堂をつなぐ場所に、弁天堂があります。
弁天堂.JPG
八臂の弁財天坐像が拝顔できました。

弁天堂から本堂内へ。
本堂 (2).JPG

本堂 (1).JPG

本堂 (6).JPG

本堂 (5).JPG

本堂内陣、向かって左側の後陣へ。
役行者像・釈迦如来像などが祀られています。
そして歓喜天様を祀る円柱型厨子も、扉を開けて下さっています。
歓喜天様は象頭人身の2躯が抱き合い、正面に顔を向けておられます。 

このままご本尊の前に行けたらいいのですが、いったん行列は大師堂の外陣へと戻るように折り返します。
そして再び弁天堂を通り、中央のご本尊を祀る大きなお厨子の真ん前へ。

ご本尊・六臂の如意輪観音坐像(重文)を拝顔させていただきました。
桜の寄木造りで像高は98.7cm。
左足はあぐらをかくように曲げ、その上に右足を斜めに乗せた珍しい座り方です。
如意尼(真名井御前)がモデルとされています。
真名井御前は承和2年(835年)3月20日に33歳で亡くなられました。
その翌日にお大師様は高野山の奥之院で入定されています。
真名井御前はお大師様の人生において、深い絆で結ばれた唯一の女性(ご母堂以外)と言われています。

本堂内陣、向かって右側の後陣は、毘沙門天像・荼枳尼天像などが安置されていました。

本堂前の狛犬さん
本堂 (3).jpg

向拝の賓頭盧さん
本堂 (4).JPG

不動堂
不動堂.JPG
弘法様式の不動明王坐像(重文)が拝顔できました。

恵光堂(納骨堂)
恵光堂.JPG
藤原時代初期の作の聖観音立像(重文)は、檜の一木造りで像高206cm。
素朴な抑揚の少ない体躯です。

茶堂には阿弥陀如来立像が祀られています。
IMG_8060.JPG

IMG_8061.JPG

多宝塔
IMG_8062.JPG

稲荷社
IMG_8065.JPG

IMG_8063.JPG

白髭大明神社と善女龍王社
IMG_8064.JPG

展望台から見えた景色。
IMG_8066.JPG

いただいた御朱印@300円です。
IMG_0002.jpg

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック