空海 KŪKAI ―密教のルーツとマンダラ世界

奈良国立博物館へ。 空海さんの生誕1250年記念特別展 『空海 KŪKAI ―密教のルーツとマンダラ世界』 1.密教とは ̶ 空海の伝えたマンダラの世界 奈良・元興寺の弘法大師坐像(重文)、京都・安祥寺の五智如来坐像(国宝)、和歌山・金剛峯寺の大日如来坐像(重文)、京都・東寺の絹本著色不動明王坐像と大威徳明王像(国宝)など、素晴らしい仏像を拝顔させていただきました。 …

続きを読む

弘法大師空海の生涯と事績

香川県高松市、香川県立ミュージアムへ。 常設展観覧料@410円(JAF割引△80円) 駐車場25分毎100円 なんの予備知識もないまま、通りすがりで入館したら 『弘法大師空海の生涯と事績』が常設展で! さすが香川県 (〃∇〃) まずは2階の常設展から。 常設展示室3「弘法大師空海の生涯と事績」 国宝・重文などの貴重な宝物を忠実に写した複製資料が展示されていま…

続きを読む

円空仏がいっぱい♪

大阪市阿倍野区、あべのハルカス美術館へ。 『開館10周年記念 円空 ―旅して、彫って、祈って―』 修行の旅に生涯を捧げ、人々のために祈りを込めて仏を彫った円空。 生涯に12万体の神仏を彫る誓願を立てたといわれ、飛神の剣のようにノミを振るい、神仏を彫り続けました。 謎の多い一生ですが、その生きた証として、優しく微笑む観音像、迫力に満ちた護法神像など、今も5千体を超える神仏の像が伝…

続きを読む

北東北の愛しい仏たち

京都市下京区、龍谷ミュージアムへ。 秋季特別展『みちのく いとしい仏たち』 青森・岩手・秋田の3県から、小さなお堂や祠、民家の仏壇などに祀られてきた約130点の仏像・神像が大集合です。 入観料@1600円(JAF割引△200円) チラシの裏面 section1 ホトケとカミ ここでいきなり再会できたのが、岩手県・成島毘沙門堂の、尼藍婆坐像と毘藍婆坐像(複製)で…

続きを読む

承天閣美術館「若冲と応挙」

京都市上京区、相国寺の境内にあります承天閣美術館へ。 美術館へと向かう道には、石風呂のようなものや 珍しい形の灯籠がたくさん。 チケットは、伊藤若冲の「鹿苑寺大書院旧障壁画 月夜芭蕉図床貼付」 企画展「若冲と応挙  I 期」が開催中。 第1展示室は『相国寺と若冲』 伊藤若冲の動植綵絵三十幅(国宝)の、コロタイプ複製画(原画は皇居…

続きを読む

木津川市の宝さがし・コンプリート

2022年10月1日~2023年1月31日まで開催中の 『謎解き「木津川市の宝さがし」デジタルスタンプラリー』 3週間にわたって、参加してきました(笑) 今日はいよいよ完結編です。 加茂北エリアと山城エリアを謎解きしながら巡りました。 (1)海住山寺のスタンプスポットは、(2)の山城国分寺跡にありました。 (2)山城国分寺跡 「謎の案内板」は、「くにのみ…

続きを読む

木津川市の宝さがし2日目

2022年10月1日~2023年1月31日まで開催中の 『謎解き「木津川市の宝さがし」デジタルスタンプラリー』 先週は加茂南エリアで3つのスタンプをゲットしました。 (5)浄瑠璃寺、(9)クローバー牧場、(10)当尾の石仏めぐり。 2日目の本日は、加茂南エリアと木津エリアを謎解きしながら巡りました。 (6)岩船寺 (7)残念石(大阪城改修に使われる予定だった石) こ…

続きを読む

須賀川市はウルトラマンのまち

飛行機で帰阪するので、絶対乗り遅れないよう、なるべく飛行場から近いところで時間調整したいなぁ・・・。 空港まで車で約15分のところにみつけました! 福島県須賀川市、須賀川市民センターtetteです。 駐車場は2時間まで無料、拝観も無料。 1階 ひかりのまちひろばには、バルタン星人♪ レッドキングとキングジョーもいました! 5階 円谷英二ミュージアム こちらは写真撮影…

続きを読む

アジア最大規模のダリ所蔵品・諸橋近代美術館

福島県北塩原村、会津磐梯高原にある諸橋近代美術館へ。 サルバドール・ダリの作品所蔵数は340点余りに及び、アジア最大級のコレクション数を誇る美術館です。 美術館前の池には、睡蓮が咲いています♪ 2022年の開館期間は、4月27日~11月13日。 スポーツ用品小売業・ゼビオ株式会社の創立者、諸橋廷蔵氏が約10年に亘り蒐集した美術作品が展示されています。 観覧料@1300円…

続きを読む

中将姫と當麻曼茶羅&ほとけさまのかたち

奈良国立博物館へ。 入口の大きなポスター なんだかかわいいお二人は、化生童子というらしい(〃▽〃) 西新館 貞享本當麻曼荼羅修理完成記念特別展『中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―』 まずは中将姫の坐像を拝見。 朝日放送のアナウンサー・Sさんに似てます( *´艸`) 源頼朝の銘が確認できる厨子の扉(国宝)は、黒漆塗に蓮が蒔絵で描かれていてとても美しい。…

続きを読む

大津絵スタンプラリー

滋賀県大津市にて、三井寺&ギャルリーオー主催の『大津絵スタンプラリー』に参加しました(〃▽〃) 令和4年3月19日から5月8日までの開催で、 8つのスタンプをいただいたらコンプリート。 まず向かったのは、2番の関蝉丸神社下社。 次は1番の大津駅観光案内所「OTSURY」 3番、大津調進所「鶴里堂」 何か買わないと・・・と思ったのですが、混みあっていたので、スタ…

続きを読む

国芳から芳年へ展

『挑む浮世絵 国芳から芳年へ』を観に、京都文化博物館へ。 『挑む浮世絵』ということで、名古屋市博物館の浮世絵コレクションから約150点を『挑む』というテーマで展示されています。 ヒーローに挑む・怪奇に挑む・人物に挑む・話題に挑むというテーマごとに 国芳と国芳の弟子たちの作品がたくさん展示されています。 全ての作品が写真撮影OK♪ 私が好きなのは、国芳の戯画♡ 「としよ…

続きを読む

彫刻家・大森暁生展 -幻触- 

『彫刻家 大森暁生展 -幻触- 』  三重県菰野町のパラミタミュージアム@1000円 開催期間が長いと思って油断していたら、なんとあと一週間で終了!! 慌てて相方に連れて行ってもらいました(^_^;) 入口を入ってすぐ、写真撮影OKの『ぬけない棘のエレファント』 1階の第1展示室は、大森暁生先生の代表的な作品が並んでいます。 やまねこや天使のトルソーなど、個人…

続きを読む

高野山の名宝一挙公開!

ここ4年間ほど、四国八十八ヶ所・四国別格二十霊場・西国三十三所巡礼のお礼参りで、高野山へは1年に一度の頻度で参拝しています。 今回はお礼参りではなく、霊宝館開館100周年記念の特別展がどうしても見たくて。 大門(重文) 大門の近くに気温計があり、28度の表示。 大阪は34度ですから、6度違うんですね。 さっそく霊宝館へ! 『高野山の名宝 高野山霊宝館開…

続きを読む

あかん阪神 優勝してまう

今年の阪神タイガース、めっちゃ調子がいいd(-ω☆) グッ!! このままいくと、優勝してしまうかも?! それを大阪では「あかん阪神 優勝してまう」といいます(笑) 「あかん」は、ええ意味のアカン。 阪神の調子がいいと、ついつい毎日、テレビの野球中継を見てしまいます。 そして今日は、待ちに待った2年ぶり三度目の、プロ野球観戦♪ ようやく大阪府から出て、兵庫県での野球…

続きを読む

ダルマさんがいっぱい!

伊勢寺に貼られていたポスターを拝見して、高槻市立しろあと歴史館へ。 『ダルマさんが並んだ』展を観ました。 入場無料d(-ω☆) グッ!! 企画展『ダルマさんが並んだ』は、3つのテーマで展示されています。  1.ダルマを敬う 禅宗の祖・達磨大師として描かれた達磨図 2.ダルマに願う 日本各地のいろんなダルマさんが並んでいます。 …

続きを読む

ご住職は猫!にゃんにゃん寺

京都市左京区の「猫」をご本尊とした寺院型テーマパーク、招喜猫宗 総本山 猫猫寺(にゃんにゃんじ)へ♪ 受付にて拝観料@500円を納めます( *´艸`) 館内図 ハンドメイドの雑貨が販売されているコーナーがあり 千手観音猫!? 天使猫の間 『マツコの知らない世界』で紹介された「招き猫建造祭」 ギャラリーには、猫作…

続きを読む

西国三十三所の至宝が集結!

初の京都国立博物館です。 (数年前に鳥獣戯画を観たくて、博物館の前まで来ましたが、大行列に怖気づいて帰ったことあり) 入場ゲートを入ると、まずはめっちゃ広いお庭。 右手に見える明治古都館は、重要文化財です。 平成知新館にて、特別展『聖地をたずねて-西国三十三所の信仰と至宝-』を拝見しました。 4月に開催される予定でしたが、コロナの影響により3ヶ月延期され、ようやくです。…

続きを読む

彫刻家・大森暁生展

大森暁生展—作品写真集『しあわせな彫刻』刊行記念—を観に、大丸心斎橋店へ。 彫刻家・大森暁生先生の動物をモチーフとした木彫やブロンズの作品が展示され、 その場で購入も可能です。 ステンレス製の鏡に半身を映し、本当に飛んでいるかのような鳥や、 かわいい表情で座っている兎の影には、大きな角が生えていたりと 幻想的な作品にうっとり(〃▽〃) あれ? 相方がなかなか来な…

続きを読む

甲子園名物・ペットボトルビール!!

人生二度目、2年ぶりのプロ野球観戦です! 父が亡くなって、まだ1ヶ月弱・・・行ってもいいのかなぁ?と思わないでもなかったのですが、 チケットはずいぶん前にいただいていましたし、亡くなった父は阪神ファン、 そして9月1日はめちゃめちゃ阪神ファンだった義父の祥月命日(6回忌)ということとで、 行ってきました~d(-ω☆) グッ!! 座席は前回と同じ、3塁側のブリーズシート。…

続きを読む