氷点下54℃の料理人

昨夜、DVD『南極料理人』を観ました。 2009年夏公開の日本映画。 主演は堺雅人。 南極のドーム基地に派遣された料理人が主人公。 原作は、実際に南極で料理人をしていた西村淳の 「面白南極料理人」コチラで、立ち読みができます。 この映画に出てくるお料理が、どれもとってもおいしそうなんですわーい(嬉しい顔) ローストビーフ、伊勢海老のフライなどは、見ているとヨダレたらーっ(汗) いろんな具の入ったオニ…

続きを読む

人生最大の蜃気楼

昨日の日記です。 映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』を観ましたー。 いろいろ評価は分かれているようですが・・・ 私は、めーーーっちゃ好きわーい(嬉しい顔) 作家のキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)は、結婚生活にいろいろと疑問を感じ (ベッドルームのテレビ設置については、私は激しく同意!!) シャーロット(クリスティン・デイビス)は子育てについて悩み、 弁護士のミラン…

続きを読む

アリスインワンダーランド

    映画『アリス・イン・ワンダーランド』を観てきましたぁexclamation×2 めっちゃくちゃ 良かったです。 ずっとニヤニヤしながら、観てしまいました。 私の大大大好きな映画になりました揺れるハート 公式ホームページで予告編が見れます→コチラ 監督:ティム・バートン アリス(ミア・ワシコウスカ)、帽子屋マッドハッター(ジョニー・デップ)、赤の女王(ヘレナ・ボナム=…

続きを読む

ただ、いっさいは過ぎていきます

映画を観ました。 『人間失格』 原作は、言わずもがなの太宰治。 子供の頃、何回 読んだかなぁ・・・ 最近では、1年前に直筆本を読んでます。 亡くなられてから50年を過ぎ、著作権が消滅したので 青空文庫で、全て読めます。 横書きだから、感じが違うけどね。やっぱ縦書きがいい。 映画の話に戻すと、すごく思い入れのある作品なので 半分期待、半分不安な感じで映画館に向かったのですが …

続きを読む

取り戻せない時間

映画『今度は愛妻家』を観ました。 主演:豊川悦司・薬師丸ひろ子 監督:行定勲 いやぁ~、映画が終わるころには 私のタオルハンカチ、ベチョベチョになってました。 まだ公開中だし、オススメしたい映画なので ネタバレになるようなことは書きませんが ぜひ 結婚されている方は、ご夫婦で観て欲しいなぁ~と思います。 私は1人で観ましたけどね(笑) 本当に大切なことは ち…

続きを読む

残念やなぁ

今日は公休日。レンタルで借りたDVDを観ました。 『ブラブラバンバン』 2007年 日本映画 いやぁ、なんの下調べもなく、 「スウィングガールズ」とか「うた魂♪」みたいな 吹奏楽部の根性モノかと期待して、ジャケ借り(そんな言葉あるのか?)したんですが・・・ これ、週刊ヤングサンデーに連載されていたコミックの映画化だったんですねぇ。 音楽に共感すると、なぜか発情して、男子を押し…

続きを読む

アバター

     本日公開の3D映画『アバター』を、観てきました!! 「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督、12年ぶりの作品。 なんせ、公開したばかりなので、ネタバレになることは書きませんが 舞台設定は22世紀、惑星パンドラ。 原住民のナヴィという生物がいて、人間よりも背が高く、青い肌、高い眉間、尻尾、強靱な肉体を持つ。 主人公の人間は、MRIのような装置に入ることで、ナヴィ…

続きを読む

テルマ&ルイーズ

DVD『テルマ&ルイーズ』を観ました♪ 1991年のアメリカ映画。 第64回アカデミー賞と、第49回ゴールデン・グローブ賞で、どちらも脚本賞を受賞・・・ いやぁ~、おもしろいっ。 私の好きな洋画、ベスト10に入るなわーい(嬉しい顔) 監督は「ブラック・レイン」(これまた、私の大好きな映画だ)のリドリー・スコット。 興味のある人には、ぜひ観て欲しいので、ネタバレになるようなことは…

続きを読む

ハムカツ、食べたぁい!

映画『なくもんか』を観ました! 公式HPはコチラ。 クドカン脚本・水田伸生監督・アベサダ主演。 阿部サダヲが好きなんですよね~揺れるハート 内容は、生き別れになった兄弟の話しなんですが 「舞妓Haaaan!!」スタッフによる2作目。 前半は、かなり笑えるところもあって、 めっちゃいいテンポですすみます。 後半、オチが中途半端・・・なのは、惜しいところですが 阿部サダヲが…

続きを読む

インフル休暇最終日

思いがけない休暇をいただきまして 今日まで1週間、のんびり過ごさせてもらいました。 新型インフルエンザは、もうすっかり治ったはずなんですが なかなか痰が切れず、微熱が続いています。 風邪をひくと、いつもこじらせる私なので 風邪様症状がすっかりなくなるのには、まだ数日かかりそう・・・ 休みのあいだ、一人ぼっちの昼食は、パスタばかり食べてましたw      左の写真は、市販のミー…

続きを読む

生きていさえいればいい

映画『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ』を観ました。 原作・太宰治  監督・根岸吉太郎  脚本・田中陽造 小説家の大谷・浅野忠信、その妻の佐知・松たか子。 椿屋の主人・伊武雅刀、その妻・室井滋。 佐知に憧れる若き工員・妻夫木聡。 佐知の元カレ弁護士・堤真一。 太宰治生誕100年記念作品なんですよねぇ。 元 文学少女の私としては、見ないわけにいかないw 映画化にあたり、多少 …

続きを読む

木の声を聴く

映画『火天の城』を観ました。 織田信長(椎名桔平)から、五重の城の建設を命ぜられた宮番匠、岡部又右衛門(西田敏行)が城を建てる・・・ そう、まさに匠のお話なんですねー。 写真は、奈良の東大寺や京都の金閣寺を建てた番匠たちとの指図争いのシーン。 ちょっと調べてみたのですが、この安土城・・・ 築城総製作費は、現在の金額に換算して1000億円以上、大工・職人ら100万人以上が動員…

続きを読む

たそがれたい

癒し系映画の第2弾、『めがね』をDVDで観ました。 2007年9月公開。 先日見た「かもめ食堂」と同じ荻上直子監督。 小林聡美・もたいまさこ主演。 スタッフも同じメンバーが多い。 題名の「めがね」には、特別な意味はないようです。 都会から、目的も無く、南の島にふらりとやってきた小林聡美。 浜辺の宿「ハマダ」の宿主は、たそがれることにかけては天才。 春になると島に訪れて、…

続きを読む

日本のソウルフード

2006年の映画 『かもめ食堂』のDVDを観ました。 フィンランドで、日本人女性が開店している食堂が舞台。 小林聡美、いいですね~。 なんというか・・・素朴な感じなんやけど、きっちりしてて。 片桐はいりは、期待を裏切らず、いい味出してるし。 後半、登場してくる もたいまさこは、めっちゃオシャレだ。 さてさて、かもめ食堂では、日本食のメニューが並びます。 豚のしょうが焼き、ト…

続きを読む

愛は、撮るほどに奪われる

  映画『ゼラチンシルバーLOVE』を観た。 90分の映画なんやけど、セリフは数えるほどしかない。 24時間撮られる女に、宮沢りえ。 女から一時も目を離さない男に、永瀬正敏。 500ccの水で、きっちり12分30秒ゆでた卵を、官能的に食べる宮沢りえは、画面からはみ出すほどのドアップに、じゅうぶん耐えられるほど美しく、そしてエロチック。 セックスシーンなどは一切出てこないのに、…

続きを読む

ポップアップ↑↑

先週の話しなんですが 『パコと魔法の絵本』のDVDを観ました。 監督は中島哲也。 一風変わった患者さんたちが入院している病院でのお話。 偏屈で誰にでも怒鳴り散らす大貫の前に現れた少女パコ。 パコは、いつも同じ飛び出す絵本「ガマ王子対ザリガニ魔人」を読んでいる。 なぜならパコの記憶は、1日しかもたない。 パコと出会って、ガンコだった大貫が、変わっていく・・・ 大貫役は、役所…

続きを読む

おしおきだべー

半年ぶりに、映画を観ましたぁ。 『ヤッターマン』!!! 昨夜は『チェンジリング』か『ホノカアボーイ』を観たいと思ってたんやけど、なぜか 今朝起きたら 『ヤッターマン』気分になってました(笑) それでも 上映時間ギリギリまで、迷ったんやけどね。 これを一人で観るのって、どうなん??と思いつつ・・・ とにかく楽しかったです~グッド(上向き矢印) 始まってすぐ、ニタニタ笑いがとまりませ…

続きを読む

キョンキョン

週末、書きそびれてましたが DVDを観ました。 『グーグーだって猫である』 2008年9月公開の作品ですね。 ちょうどそのころ『闇の子供たち』と『おくりびと』を観たので、グーグーは観そびれたんです。 さて 猫好きな人には、たまらない映画かも。 私みたいに動物が苦手(恐怖症)でも、たまらんかったです。 実家には猫がいるんですけど、めったに帰らないので、全然慣れませんねー。 …

続きを読む

旅立ちのお手伝い

 映画『おくりびと』を観ました。 先日、劇場で予告編を見て、絶対に観たい!!!と思い。   いやぁ~。 映画って、本当にええね。 できればみんなに見て欲しい作品なので、あまりネタバレになるようなことは、書きませんが 意外と笑う場面がたくさんありました。 もちろんいっぱい泣いて、鼻水ジュルジュルゆわしてしまいましたたらーっ(汗) 納棺師を演じる本木雅弘さんが、とてもとても美し…

続きを読む

値札のついた命

映画『闇の子供たち』を観ました。   重かったです。 途中、何度か気分が悪くなり、 ラストシーンには鳥肌・・・ 観終わったあと、気持ちがどっぷりと沈んでしまい、 しばらく途方に暮れました。 平日だというのに、ほぼ満席の場内が明るくなって、出口に向かう人々は、 みんな無言でした。 観てよかったし、観るべき作品だと思う。 タイを舞台にしたこの映画のテーマは、幼児売買春・人身売…

続きを読む