酔拳、健在!!

今夜は、この話を書かずに眠れません!! 観ました。 映画『ドラゴン・キングダム』!!! いやぁ、ハリウッドの奇跡とも言われる、ジャッキーチェンとジェットリーの競演。 しかも2人とも、二役での出演。 最初から最後まで、スクリーンに釘付け。 っつーか、私はもう、ずっとニヤニヤ。手は・・・ 拍手したくてたまらないのを、なんとか我慢しながら観てました。 カンフーシーン、すごかった…

続きを読む

そこに希望があるから

 映画『ぐるりのこと。』を観ました。 木村多江と、リリー・フランキーのダブル主演。 橋口亮輔監督。 えっと・・・ 予告を見ただけで、泣いてしまったので、こりゃハンカチ2枚はいるか?? ちょっと覚悟して座ったのですが、なんというか、じわじわと しみてくる。 涙までは、いかなかったなぁ。 ごく普通の夫婦が、悲しいことや苦しいことを乗り越えて、再生していく10年間。 リリーさん演じ…

続きを読む

ハート舞いすぎ

またまた土曜日の日記ですいません。 DVDで『舞妓Haaaan!!』を観ましたぴかぴか(新しい) クドカンこと宮藤官九郎脚本のハイテンション・コメディ映画♪ 阿部サダヲ演じる舞妓大好き男が・・・ なんて説明するより 阿部サダヲと柴崎コウの『お·ま·え ローテンションガール』を見てもらったら、この映画が凝縮されておりますw ほんま、サダヲさん、かっこよ…

続きを読む

みんなで歌うって素晴らしい!

『うた魂(たま)♪』を観ましたグッド(上向き矢印) 製作発表された時から、とっても楽しみにしていた映画。 好きな男子に、歌っている顔がユーモラスだと言われ、すっかり自信を失い、合唱をやめたいとまで思ってしまった少女(ソプラノパートリーダー)が、忘れかけていた歌への思いに気づき、再び・・・ という高校生の合唱部の話 たくさんメモしたい言葉がありました。 でもやっぱり『心はフルチン!!…

続きを読む

レンズの向こう

映画『アニー・リーボヴィッツ~レンズの向こうの人生』を観ました。 アメリカで最も有名な写真家、アニーのドキュメンタリー。 映画というよりも、彼女の写真展を、ゆったり座ったまま、解説つきで見せてもらった。。。 そんな感じの作品でした。 コチラをクリックで公式HPへ。 かの有名な、全裸のジョン・レノンが、着衣のオノ・ヨーコに抱きついている写真・・・ その撮影の5時間後に、ジョンが射…

続きを読む

歓喜の歌

 映画『歓喜の歌』を観ました。 立川志の輔の、新作落語が原作だそうです。 大晦日の文化会館、「みたま町コーラスガールズ」と「みたまレディースコーラス」という、よく似た名前のママさんコーラスグループのステージがダブルブッキング。 他人に厳しく自分に甘い文化会館の主任(小林薫)の、ダメっぷりに、イライラしました(笑) そりゃないぜ~っていう、無理な設定もありましたが、まぁそれは映画ということ…

続きを読む

ジュピターさん♪

劇団ひとりの原作、映画『陰日向に咲く』を観ました。  東京で不器用に生きる9人の物語。 ギャンブル狂で借金にまみれ、オレオレ詐欺までしようとするシンヤ(岡田准一)を中心に、ホームレス、アイドル、おたく、ストリッパー、母の思い出をたどる弁護士などなど・・・ それぞれのストーリーが、途中から少しずつ、からみあっていく。 ところどころに笑いもあり、そして涙あり。 宮崎あおいちゃんの一人二…

続きを読む

死ぬまで生きる

 映画『象の背中』を見てきました。 好きなんですよねぇ、役所広司サマ揺れるハート 48歳で末期の肺がんにより、余命半年と医師に宣告されるが、延命治療を受けずに、 『死ぬまで生きていたい』 と、有意義に半年間を生きようとする主人公と、それを支える家族の愛の物語・・・ なんですが 井川遥が演じる愛人が出てくるたびに、なんだか興ざめしてしまいました。 この映画に、愛人の存…

続きを読む

二度失う苦しみ?それとも・・・

 『レナードの朝』 1990年 アメリカ映画 ずいぶん前に『ギミー・ヘブン』の日記を書いたとき、Nobusanがコメントの中でオススメしてくれた映画・・・やっと観ました!! 教えてくれてありがとうぴかぴか(新しい) 本当にいい映画でした。 オリヴァー・サックスの実話を基に、作られたというこの作品。 「眠り病」とも言われる嗜眠性脳炎(体の痙攣が徐々に進行し、数年後には脳の機能が停止す…

続きを読む

デジャヴ

 DVD『Déjà Vu(デジャヴ)』を観ました。 500名以上の犠牲者を出した、フェリー爆破事件。 捜査官のダグ(デンゼル・ワシントン)は、政府が極秘に開発したという監視システムで、『4日と6時間前』の映像を見る。 生きているかのように美しいクレア。 すでに殺されている女性を救い出し、すでに起こってしまった爆破事件を防ぐことができるのか・・・。 バック…

続きを読む

想いはどこにもつながらない

 『バベル』 アカデミー助演女優賞に、菊地凛子がノミネートされてから、ずっと気になっていた映画。 3大陸4言語というスケール。143分、長いと思わんかったよ。 たぶん評価は、すごく分かれると思う。 でも、私は見てよかった。忘れられない映画の1本になると思う。 少年の放った一発の銃弾が・・・思いもかけない世界でつながっている。 菊池凛子の存在感はすごかった。体をはった演技。 …

続きを読む

咲かぬ桜はないんじゃよ

 今日は19回目の結婚記念日で、相方の誕生日で、お彼岸の中日だったのですが・・・ どうしても映画館で観たい映画があって、相方を置いて電車でGO! 『さくらん』でありんす。 私の大好きなフォトグラファー蜷川実花さんが監督、原作は安野モヨコのマンガ、音楽は椎名林檎、そして主演は土屋アンナ。 もぉね~、ニナミカワールド満喫してきましたよ!!! どこを切っても、蜷川実花。豪華絢爛、鮮やかな…

続きを読む

夢は永遠に・・・

本年度アカデミー賞最有力候補『ドリームガールズ』を観てきました。 私の人生では、2本目のミュージカル映画です。 (以前、ビョーク主演の「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を観たときは、号泣&嗚咽で、なかなか劇場から出れませんでした) いやぁ~、良かったっ。 ニューヨークのブロードウェイで人気だったミュージカルの映画化で、ザ・シュープリームスとダイアナ・ロスをモデルに作られたこの作品、全編に…

続きを読む

無実≠無罪

『それでもぼくはやってない』 監督:周防正行 主演:加瀬亮 143分という、かなり長い作品で、内容もかなり重かったです。 たまたま乗った電車で、痴漢と間違われてしまった青年。 拘置所での10日間、そして12回に及ぶ裁判の様子。観ている間、ずっと胸の奥が痛み、観終わったあとは、なんとも言えんやるせなさ。 ずし~ん。。。 最後のエンディングテーマが流れたとき「あれ? この映画、こ…

続きを読む

さみしくて 恋しくて 君への想い 涙そうそう

 泣いてきましたたらーっ(汗) 映画『涙そうそう』を観てきました。 公開初日の舞台挨拶で、涙ぐみながら「今まで育ててくれてありがとう」と両親に告げた妻夫木くんの姿をTVで見て、この映画を絶対に観たいって思ってたのよねぇ。 妻夫木くん、いいなぁ~|ω-*)ポッ ストーリーは先が読めるような素直な話で、泣かされるとわかっていて、やっぱ泣いてしまう。 最後は鼻水が止まらず、持参し…

続きを読む

今日から夏休み

       昨夜は・・・早く寝るつもりだったのですが、相方がケーブルテレビのチャンネルを変えている時に『17歳のカルテ』をやっているのを発見!!! 普段は、私にチャンネル権がないのだけれど、強引に見せてもらいました。 かなり好きなんですよねぇ。 精神病院で2年の歳月を過ごしたスザンナ・ケイセンの自伝的映画。主演だけでなく製作総指揮も担当してたウィノナ・ライダーは、自らも20歳のとき…

続きを読む

大きな雨はガーベラ

    『ギミー・ヘブン~共感覚デヴァイン・スリラー~』 監督:松浦徹 出演:江口洋介、安藤政信、宮崎あおい、小島聖、鳥肌実、石田ゆり子、松田龍平etc 3連休の初日。布団カバーを洗って、掃除して・・・34℃の室内の中で、DVDを観ました。 人がバタバタ死んで、マーキングで残されるマークとかが気持ち悪かったりしましたが、「共感覚」について、ものすごく興味深い映画でもありました…

続きを読む

愛が全てを変えてくれたら 迷わずにいれるのに

   水曜日はレディースディ♪ 映画が1,000円で観れちゃいます。なので・・・ 『陽気なギャングが地球を回す』 原作:井坂幸太郎。主題歌:Skoop On Somebody 4人の特殊な才能を持つギャングたち(ウソがわかってしまう・大沢たかお+体内時計を持つ女・鈴木京香+天才スリ少年・松田翔太+演説の達人・佐藤浩市)が結成した犯罪ドリームチームの、派手派手で、とっても楽しい…

続きを読む

哀しみの向こう岸に 微笑みがあるというよ

      子供の日♪ このこいのぼりは、ビーバースカウトの隊長をしている相方が、以前に隊集会で作ったものでぇす。 今日は・・・DVDで『がんばれ!ベアーズ』を観ました。これ、30年前に映画館に観に行った作品で、とっても大好きなんです。

続きを読む

誰かや何かに怒っても 出口はないなら

昨日はまたまた京都へ~♪ 2005年のアメリカ映画『ラストデイズ』を観てきました。 27歳で猟銃自殺したNIRVANAのカートコバーンをモデルに、リハビリ施設を抜け出し、ロックミュージシャンの人生最後の2日間の姿を描いたっていう映画。 カートコバーンは関係ないにもかかわらず、マイケル・ピット演じるブレイクが、あまりに似すぎていて、ついついカート・コバーンの最期の記録として観てし…

続きを読む