広島市内に現存する唯一の国宝・不動院

広島市東区の新日山 安国寺 不動院へ。 広島新四国八十八ヶ所霊場第二十五番札所です。 楼門(重文) 金剛力士像(重文) 境内図 鐘楼(重文) 梵鐘も重要文化財です。 金堂(国宝) 別の角度から。広島市内に現存する唯一の国宝です。 現在は真言宗ですが、もとは禅宗だったので、典型的な禅宗様式です。 扉の下部にはめ…

続きを読む

宮島の多宝塔と五重塔・豊国神社(千畳閣)

広島県の宮島、厳島神社と弥山山頂・大聖院と参拝し・・・次は重要文化財めぐりです( *´艸`) 大聖院から下ってきて、分岐を少しまた上ると 多宝塔(重文)があります。 厳島神社の所有で、薬師如来様は大願寺に安置されています。 手前の枝は桜の木。あと一週間もすれば、絶景でしょうねぇ! 厳島神社まで戻り、そこから3分ほどで 厳島神社の末社・豊国神社の五重塔(重文) …

続きを読む

大聖院(本坊伽藍)

広島県廿日市市宮島町の大聖院(だいしょういん)こと、多喜山 水精寺 大聖院の本坊伽藍へ。 中国三十三観音第十四番札所、広島新四国八十八ヶ所霊場第八十七番札所。 前回の参拝は、2015年9月。 さきほど登った弥山の山頂付近にある弥山本堂や霊火堂・大日堂などは、大聖院の弥山伽藍です。 仁王門 こちらも阿吽が逆ですねぇ。 仁王門の手前に手水場がありました。 …

続きを読む

宮島信仰の聖地・弥山伽藍(大聖院)

広島県宮島の中央部にある標高535mの山・弥山へ。 歩いて登るルートは「大聖院」「大元公園」「紅葉谷公園」という3つのルートがあり、どれも2.5km~3kmの道のり、2時間以上かかるということで・・・上りはロープウェイ、下りは徒歩を選択。 けれど、下調べが甘かった(^_^;) ロープウェイで行けるのは山頂ではなく、標高430mの獅子岩駅まで。 そのロープウェイ乗り場「紅葉谷駅」へ行くのも…

続きを読む

宮島の仏像が集められた大願寺

広島県・宮島の亀居山 放光院 大願寺へ。 厳島神社の拝観出口を出ると、その正面に仁王門があります。 厳島龍神 手水場 本堂 素晴らしい仏像がたくさん祀られています! 5つに区切られた部屋の、まずは中央から。 秘仏の八臂厳島弁財天様(ご開帳は毎年6月17日)と、 脇侍に阿弥陀如来様と如意輪観音様(護摩堂の元本尊)が祀られていま…

続きを読む

大鳥居は工事中・厳島神社

広島県廿日市市の厳島(通称:宮島)へ。 5:47に大阪を出発し、4時間でフェリー乗り場前に到着。 駐車場@1000円に車を停め、宮島松大汽船(船の往復+宮島ロープウェイの片道キップ@1000円)に乗りました。 宮島に行くのは三度目(2018年10月は干潮、2015年9月は満潮)。 ついに弥山に登りますよ~♪ まずは世界文化遺産・厳島神社(いつくしまじんじゃ)へ。 宮島…

続きを読む

神仏習合・清荒神清澄寺

兵庫県宝塚市の蓬莱山 清荒神清澄寺へ。 これまで何度も参拝していますが、こんなに人のいない清荒神さんは初めてです。 門前の露店 だ・・・誰もいません(^_^;) 山門 拝殿(天堂)へ向かいます。 拝殿(天堂) 三宝荒神様・大聖歓喜天様・十一面観音様などが祀られています。 「一礼三拍手一礼」をし、般若心経を読みました。 護法堂 …

続きを読む

伏見稲荷大社はハイキング

京都市伏見区の伏見稲荷大社へ。 全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社です。 前回の参拝は、2015年9月。 ここ数年、外国人の参拝者がとても多く、ちとょっと足が遠のいていたのですが、 久しぶりに行ってみると・・・新型コロナウィルスの影響で、団体の観光客やアジア系の外国人はほぼいません。 一番鳥居 二番鳥居 手水場は、新型コロナウィルス対策により、閉鎖され…

続きを読む

別宮大山祇神社

愛媛県今治市の別宮大山祇神社(べっくおおやまづみじんじゃ)へ。 四国八十八ヶ所55番札所・南光坊の隣に鎮座しています。 くわしいことはよくわかりませんが、もとは四国八十八ヶ所の札所だったようで、 今は南光坊に安置されている大通智勝仏様も、明治の神仏分離まではこちらの神社に祀られていたそうです。 手水舎 拝殿 本殿 清髙稲荷神社 …

続きを読む

今治城と吹揚神社

この日の最後に向かったのは、吹揚城こと 今治城です。 日本100名城に選ばれ、高松城・中津城(大分県)と共に日本三大水城の1つ。 第1駐車場は1時間100円(所要時間は、駆け足で観ても1時間かかりました) お堀は海水で、めっちゃ幅が広いです。攻めにくい! スズキやクロダイ・ヒラメなどがいるようです。 突き当りの正面の石垣に大きな石! 『勘兵衛石』と呼ばれている…

続きを読む

千手尊五尊曼荼羅・三十三間堂

京都市東山区の三十三間堂こと、蓮華王院 本堂(妙法院に所属する仏堂につき、山号はなし)へ。 ここはいつ来ても、団体客で溢れかえっているのですが・・・ 新型コロナウイルス肺炎の影響で、駐車場に大型バスは1台も停まっていません! 普門閣(拝観受付) 拝観料@600円を納め、巨大な玄関(下足室)で靴を脱ぎ、本堂(国宝)へ。 お堂の東南部分(外部)は、修…

続きを読む

狸がいっぱい!狸谷山不動院

京都市左京区の真言宗 狸谷山修験道 大本山 狸谷山不動院(たぬきだにさんふどういん)へ。 詩仙堂の前を通り過ぎ、急坂を上って行きます。 まずは交通安全自動車祈祷殿があり もう少し上ると、石柱前に駐車場があります。 たくさんの信楽焼の狸と、阪神タイガースが優勝した1985年に 監督をされていた吉田義男氏の優勝記念石碑! なんだか縁起のいいものを拝見してしまいまし…

続きを読む

ドクロの御朱印・宝蔵寺

京都市中京区の無量山 如輪院 宝蔵寺(ほうぞうじ)へ。 山門 本堂 あいにく扉が閉まっていて、中を拝見することは叶いませんでしたが、 阿弥陀三尊像と、その両脇に法然上人像・善導大師像が祀られているそうです。 今年は2月7日〜11日に寺宝展が行われ、その際には本堂の内拝も出来たとのことでした。 八臂辨財天社 天道大日如来像が祀られている祠 …

続きを読む

山門に見惚れる圓通寺

香川県宇多津町 真言宗御室派 準別格本山 讃岐三十三観音霊場第三十番・青松山 観音院 圓通寺 山門 手水場 『細川頼之公館跡』の石碑 本堂 扉は閉じられていて、全く中は見えません。 御本尊は、如意輪観音様です。 左手前の小さなお堂にも、如意輪観音様の石像。 護摩堂 高野山奥之院・千年不滅之聖燈 …

続きを読む

閻魔大王と眷属が迫力!宝積寺

京都府大山崎町の真言宗智山派、宝寺こと天王山 宝積寺(ほうしゃくじ)へ。 天王山の中腹にあるので、登山途中に立ち寄られる方を、何人もおみかけしました。 仁王門 金剛力士像(重文) 仁王門を入ると、右手に墓地、左手に駐車場があります。 駐車場に、鐘楼と 不動堂 参道に戻り、右側に 三重塔(重文) 豊臣秀吉が一夜にして建立したと言われています。…

続きを読む

黄檗宗の大本山・萬福寺

京都府宇治市の黄檗山 萬福寺へ。 これまでの参拝は、2015年10月、2014年1月、2012年7月、2011年8月、1986年です。 中国明朝様式の伽藍建築で、とても好きなお寺なのですが、4年半ぶりの参拝です。 駐車場は、最初の90分@500円。 総門(重文) 屋根の上に乗っているのは鯱ではなく、摩伽羅という想像上の生物で、ヒレの代わりに足が生えているそうです。 三門(…

続きを読む

下の太子こと大聖勝軍寺

大阪府八尾市の河内西国三十三所巡礼第1番札所・神妙椋樹山 大聖勝軍寺(だいせいしょうぐんじ)へ。 当時十六歳の聖徳太子が仏教伝来をめぐり、物部守屋との戦に勝ち、この寺を建てたと伝えられています。 「聖徳太子古戦場」の碑。 門前に安置されている聖徳太子像と四天王像 山門 手水場 鐘楼 本堂(太子堂) 中央に二臂の如意輪観音思惟…

続きを読む

満願滝弁財天

大阪府和泉市の施福寺を参拝後、参道にある満願滝弁財天へ。 手水場 境内図 弁財天本堂 橋を渡った先に、稲荷大明神 満願滝です。 弘法大師様が祀られている小祠 こちらには役行者さま 子安観音さまが祀られています。 階段を上っていくと、白龍大神 どなたもおられなくて、御朱印はいただけませんでし…

続きを読む

立体涅槃図!さぬきの法然寺

香川県高松市の、法然上人二十五霊場第2番・浄土宗 仏生山 来迎院 法然寺(ほうねんじ)へ。 総門 十王堂 黒門 黒門を入ったところに駐車場がありました。 境内図 ここからは白壁に囲まれ、横一列に3つの門があります。 來迎堂へと続く、仁王門 三仏堂へと続く、涅槃門 本堂へと続く、本堂門 本堂門から入ってすぐ、左…

続きを読む

貴重な食堂が残る法道寺

大阪府堺市の鉢ヶ峯寺こと、鉢峯山 閑谷院 法道寺へ。 創建当時は長福寺と号し、子院を49も持つ大寺院だったそうです。 中門 中門の表側に、仁王門におられた金剛力士像を祀り、 裏面には中門のもともとの二天が祀られています(二天は見ることができません) 手水場 境内図 手入れが行き届き、整然としていて、とても静か。 正面に金堂。 …

続きを読む