熊野神社の総本宮・熊野本宮大社

和歌山県田辺市にある熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)のひとつ、熊野本宮大社へ。 大鳥居 石段を上ります。 石段の途中、まずは祓戸大神にお参りし、身を清めます。 手水舎 山門 向かって左側に、熊野那智大社でもおなじみの、八咫烏のノボリが見えます。 拝殿は、山門と同じ並びの左側にありました。 山門を入ると、神殿の…

続きを読む

熊野那智大社と飛瀧神社(那智大滝)

和歌山県那智勝浦町の世界遺産、熊野那智大社と、別宮の飛瀧神社へ。 これまでの参拝は、2018年3月、2017年4月、2012年4月、2010年10月です。 那智大社・青岸渡寺・飛瀧神社の境内図です。 まずは那智の御瀧をご神体とする飛瀧(ひろう)神社へ。 護摩木を供えるところ。 ここからでも滝を拝めますが・・・ もっと近い【滝…

続きを読む

西野薬師堂と正妙寺

滋賀県長浜市に来たら、どうしてももう一ヶ所、行きたいところが。 西野薬師堂と正妙寺です(前回の参拝は、2017年6月)。 千本の足を持っておられる観音様に会いたくて。 ネットで検索すると「2日前までに要予約」と書いてあったのですが、 ダメもとで直接お寺に行ってみることにしました。 敷地内には2つのお堂がありますが、どちらも扉が閉まっています。 やっぱダメか・・・と落胆。 と…

続きを読む

最美の国宝十一面観音様・渡岸寺観音堂

滋賀県長浜市の、慈雲山 向源寺の飛び地境内・渡岸寺(どうがんじ)観音堂へ。 前回の参拝は、2017年6月です。 手水場 受付にて仏像拝観料@500円を納め、まずは本堂へ。 外陣に入り、須弥壇上の阿弥陀如来様を拝顔させていただきました。 渡り廊下を通って、宝物館へ。 こちらの宝物館は、高月町国宝維持保存協賛会理事の方が毎日交替で維持管理をされてお…

続きを読む

鶏足寺・與志漏神社・戸岩寺・己高閣・世代閣

滋賀県長浜市の己高山 鶏足寺(旧飯福寺)へ。 現在は廃寺となっていますが、仏像は少し離れた與志漏神社の境内にある収蔵庫に安置され、地元住民の方々が管理されています。 前回の参拝は、2017年6月です。 滋賀県の中でも、特に紅葉の美しいところとして有名で、 この季節は「紅葉循環バス」やシャトルバスというのが運行されるほど。 臨時の駐車場に停め、紅葉対策協力金@200円を納め、 約1…

続きを読む

海の見える花の寺・如意寺

京都府京丹後市の、宝珠山 如意寺へ。 前回の参拝は、2016年12月です。 仁王門 曼荼羅宝壺は、上からお賽銭を入れると、とても高いいい音がします♪ 手水場 海に向かって、梵鐘を撞きます。 不動堂 内陣中央には「空海の爪彫り」と伝えられる石造不動明王像(日切不動)が祀られ、 向かって右側に薬師如来様、左側に毘沙門…

続きを読む

一枚の絵画のよう・・・安国寺

兵庫県豊岡市の但馬安国寺(あんこくじ)こと、太平山 安國禅寺へ。 期間限定で拝観できるお寺(今年は11月7日-2019年11月20日)・・・ということで、 混雑を避けるために、朝の6時に家を出て向かいました。 ひさびさの舞鶴若狭自動車道は、霧が濃くて一寸先は真っ白け。 拝観開始の8時ちょっと過ぎに到着。 駐車する場所を案内して下さる方が、早朝からたくさんおられてビックリ。 大…

続きを読む

証拠の阿弥陀・勝林院

京都 大原の天台声明発祥の地、魚山 大原寺 勝林院へ。 勝林院と来迎院を中心とした大原東部の寺院群を総称して、魚山大原寺(ぎょざんだいげんじ)というそうです。 三千院の前を通り過ぎ、末明橋を渡り 突き当りが勝林院です。 受付にて、秋季拝観料@500円(通常は300円)を納めました。 境内図 手水場・・・水はありません。 鐘楼 梵鐘(重文…

続きを読む

洛北の紅葉・古知谷阿弥陀寺

京都市左京区大原の古知谷阿弥陀寺こと、光明山 法国院 阿弥陀寺へ。 大原の三千院から更に、朽木へ向かう若狭街道を車で5分ほど走ったところに、このお寺はありました。 山門 山門横に駐車場がありますが、『上にも駐車場あり』と書かれた看板を発見し、 細い参道を車で上りました。 上に行くと、すでに数台の車が停まっていて、最後のスペースを確保(^_^)v ここからは徒歩で上ります。…

続きを読む

世界唯一の木造十三重塔・談山神社

奈良県桜井市の談山神社(たんざんじんじゃ)へ。 明治2年の神仏分離以前はお寺院で、多武峯(とうのみね)妙楽寺という名前だったそうです。 第5駐車場から歩く参道沿いに、後醍醐天皇御寄進の石灯篭(重文) 手水場 受付にて拝観料@600円を納めて、140段の石段を上ります。 境内図 石段の途中、右側に進むと東殿(重文)があるのですが、行きそびれま…

続きを読む

普賢院(高野山)

高野山に117ある塔頭のひとつ、普賢院へ。 楼門 鐘楼門になっています。 扉の彫刻がいいですね~(〃▽〃) 本堂 扉が閉まっているので、中は拝見できませんが、普賢菩薩様が祀られています。 本堂の右側にある位牌堂で、僧侶の方が読経されているのが聞こえました。 摩尼殿 こちらは開いているので、金剛薩埵様が拝顔できました。 地下…

続きを読む

高野山の前に、丹生都比売神社

この3連休は、8月に亡くなった父の納骨や、怪我で入院していた次男の退院などがあり、ようやく3日目、自由な時間が出来たので、高野山に向かいました。 今回はまず朝一番に、和歌山県かつらぎ町の、世界遺産(紀伊山地の霊場と参詣道)・丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)へ。 弘法大師様に高野山を授けた神の社とされ、高野山を参拝する前に、まず丹生都比売神社にお参りに行くという習わしがあるそうなんです。 …

続きを読む

淡路島唯一の尼寺・東山寺

弘法大師様が開かれたという淡路島の平生山 東山寺(とうさんじ)へ。 地蔵尊 山門 山門と本堂は、淡路島最古(室町時代)の木造建造物と言われています。 石段を上ります。 手水場 鐘楼は建築中です。 本堂 御本尊は千手観音様。脇侍は不動明王様と毘沙門天様です。 賓頭盧さん 護摩堂 猫が♡ …

続きを読む

吉野川を借景にした枯山水の庭・本楽寺

徳島県美馬市の蓮華山 本楽寺へ。 歩道橋を渡ります。 拝観料@300円を山門前のポストのようなところに納めました。 境内図 山門をくぐった瞬間「うわ~っ!」と、思わず声が。 塀が取り払われ、吉野川と阿讃山脈を借景とした枯山水のお庭が。 まずは手水場 客殿にて声をかけましたら、女性の方が出てきて下さったので、 お抹茶@300円…

続きを読む

一番好きな仏像に会いに行く(円成寺)

奈良市忍辱山町の忍辱山 円成寺へ。 これまでの参拝は、2018年4月、2018年10月、2019年4月です。 浄土式庭園(国の名勝) 楼門(重文) 正面からは入れません。 本堂側から 受付にて拝観料@500円を納めます。 不動堂 中央に不動三尊像、右に弘法大師様、左に僧形文殊菩薩坐像が祀られています。 多宝塔 平成の大日如来様が…

続きを読む

国宝の拝殿・櫻井神社

大阪府堺市の櫻井神社へ。 鳥居は再建されたばかりなので、ピカピカです。 神門 手水舎 拝殿(国宝) 神社で本瓦葺きというのは珍しいですね。 こちらの拝殿は鎌倉時代に建てられたもので、中央の土間を馬道(めどう)とする割拝殿になっています。 そして内部は天井を張らない化粧屋根裏。 本殿 白福稲荷…

続きを読む

大阪随一の紅葉の名所・大威徳寺

大阪府岸和田市の牛滝山 大威徳寺(だいいとくじ)へ。 駐車場はありませんので、近くの牛滝温泉 四季まつりの駐車場を利用します(30分以内無料)。 彼岸花がきれい。 3分ほど歩くと、伸縮門扉があります。 17時に閉まるそうです。 山門 愚痴聞き地蔵さん 不動明王尊 祀られているのは、地蔵菩薩様でしょうか・・・ …

続きを読む

魅惑の十一面観音様・慈光円福院

和歌山市の清涼山 慈光円福院へ。 事前連絡が必要とのことで、朝に電話をし、午後から拝観させていただきました。 大黒天堂 地蔵堂 本堂へ お寺の方がお厨子を開けて下さり、十一面観音様(重文)をすぐ近くで拝ませていたただきました。 お顔はぽってりとしていて美しいのですが、見る角度によると厳しくも見え、いつまでも拝んでいたくなります。 …

続きを読む

枕・寝床を守護する日根神社

大阪府泉佐野市の慈眼院に隣接している、日根神社へ。 一の鳥居 二の鳥居 比賣神社 丹生神社(野々宮) 恵毘須宮 向かって右が岡前神社、左は不明。 三の鳥居 手水場 拝殿 本殿 日根神社は日本で唯一、枕・寝床を守護してくれる神社だそうです。 境内社…

続きを読む

日本三名塔の一つ!慈眼院

大阪府泉佐野市の大悲山 願成就寺 慈眼院(じげんいん)へ。 石柱門の手前に鐘楼があります(撞けません)。 まずは多宝塔の拝観を申込に、庫裡へ向かいます。 事前予約が必要だったようなのですが、拝観料@200円を納め、案内していただくことができました。 苔がいい感じです(〃▽〃) 金堂(重文) 毘沙門堂・一願薬師堂ともいわれ、薬師如来…

続きを読む