四国別格二十霊場・第3番札所 慈眼寺

最後に向かったのは 徳島県上勝町にある四国別格第3番札所・月頂山 宝珠院 慈眼寺(じげんじ) 四国八十八ヶ所第20番札所・鶴林寺の奥の院でもあります。 こちらも車1台がやっと通れるような山道。 参拝車道が完成した昭和56年以前は、山の入口から2時間ほど歩いて登っていたそうです。 駐車場からは急な舗装道路を登り、境内へ。 石柱門の横には、とても大きな銀杏の木。 石の祠…

続きを読む

四国別格二十霊場・第2番札所 童学寺

2ケ寺目は、徳島県石井町にある四国別格二十霊場 第2番札所・東明山 童学寺へ。 弘法大師様が7歳から15歳までを過ごした場所だそうです。 遠くから見ると、顔のように見える山門。 内側の壁には落書きがたくさんありました(T_T) 石柱門のあいだを通り 手水場へ 蓮の形です。 石段を登った正面にある大聖歓喜天堂の柱に「本堂」の札がつけてあったので …

続きを読む

四国別格二十霊場・第1番札所 大山寺

四国は弘法大師様のご生誕の地ということで、四国八十八ヶ所のほかにもたくさんの霊場があります。 その中でもお遍路さんに親しまれてきた、弘法大師様とご縁の深いお寺で構成される 四国別格二十霊場というものがあります。 四国八十八ヶ所と組合わせて巡ってもよし、 八十八ヶ所の巡拝を終えてから改めて二十ヶ寺を巡り、あわせて百八ヶ寺=108の煩悩を滅するのもよし! 前置きが長くなりました。 西…

続きを読む