空海が二度参拝された大龍寺

神戸市中央区の近畿三十六不動尊霊場 第9番・再度山 大龍寺(たいりゅうじ)へ。 カーナビが案内してくれたのは、再度公園の駐車場。 そこから少し歩いたところに案内があり、山に入っていきます。 10分ほど上ると、鳥居があり 鐘楼 権倉稲荷大明神 護摩場 毘沙門堂 中を見ることができませんでしたが、毘沙門天の他に三面大黒天・弁…

続きを読む

丈六の大日如来様・無動寺

神戸市北区の近畿三十六不動尊霊場 第10番・若王山 無動寺へ。 参道には、新四国88ヶ所霊場のご本尊様とお大師様が祀られています。 手水場 近づくと、自動的に水が出てきます。 苔むした石段を上ります。 鐘楼 「福を呼ぶ鐘」を撞きました。 一願大師像 お大師様の後ろに見える茅葺屋根の庫裡に行き、拝観を申し出ました。 本堂 …

続きを読む

黒光りのお不動さん・鏑射寺

神戸市北区の近畿三十六不動尊霊場 第11番・獨鈷山 鏑射寺(かぶらいじ)へ。 創建は581年、開山は聖徳太子様です。 参道の右側に石段があり 石段の隣に、大きな桶のような、祠のような??? 石段の上に、弁天堂 扉を開けて、内陣を拝むことができましたが、弁財天さんは閉まったお厨子の中でした。 石段を降り、本堂へ向かう途中に、護摩堂 蟇股は、…

続きを読む

黄金と白金のお堂が輝く霊山寺

奈良市中町にある西国四十九薬師霊場第2番札所・登美山 鼻高 霊山寺(りょうせんじ)へ。 鐘楼(幸せを呼ぶ鐘)は、コロナ感染予防のため撞けません。 受付にて入山料@500円を納めました。 山門はなく、朱塗りの鳥居をくぐります。 鳥居の扁額には「大辯財天」の文字。 手水場(現在は使用不可)の奥は、八体仏霊場 八体仏というのは、十二支の守り本尊のことです(四体は…

続きを読む

蘇る東塔・薬師寺

奈良市の世界遺産・西国薬師四十九霊場第1番札所・薬師寺へ。 駐車場@500円に車を停め、まずは鎮守の休ケ岡八幡宮(重文)を参拝します。 拝殿と本殿の修復工事が終わり、美しくなっています。 薬師寺の南門(重文)も修復完了。 受付にて「白鳳伽藍」の拝観券@800円を購入。 (玄奘三蔵院伽藍・西塔・東塔・食堂は非公開) 中門の二天は向き合っているので、今回は横か…

続きを読む

上之太子・叡福寺

大阪府太子町の新西国霊場・客番、河内西国三十三所・第21番札所 磯長山 叡福寺へ。 駐車場代・拝観料は無料です。 南大門 手水場 大阪で花手水は珍しいですね! お花がぎっしり・・・ではありませんが、青もみじが爽やかな印象です。 多宝塔(重文) 東面に釈迦三尊像、西面に金剛界の大日如来様が安置されています。 金堂 向拝から暗い中をジーッと見…

続きを読む

日本三不動の一つ・瀧谷不動尊

大阪府富田林市の近畿三十六不動尊霊場第32番札所・瀧谷山 瀧谷不動明王寺へ。 駐車場代・入山料は無料です。 境内は、道路をはさんで本堂のあるエリアと、滝行場のあるエリアに分かれます。 まずは本堂のある方へ。 手水場はコロナの影響で使用不可 鐘楼 弘法大師様のお加持水がいただけます。 眼病平癒の霊泉です。 本堂 向拝から中を拝みます…

続きを読む

葛川息障明王院

滋賀県大津市葛川坊村町にある近畿三十六不動尊霊場第27番札所・明王院こと阿都山 葛川息障明王院(かつらがわそくしょうみょうおういん)へ。 大津市園城寺町から、近畿三十六不動尊霊場のまだ行っていないお寺を目指して、 1時間近く車で移動し、駐車場に到着する直前・・・思い出しました。 ここのお寺、来たことあるやん!!Σ(・ω・ノ)ノ! 2019年3月に参拝しておりました。 その時も書いて…

続きを読む

圓満院門跡(大津絵美術館)

滋賀県大津市、三井寺のすぐ隣にある近畿三十六不動尊霊場第25番札所・本山 圓満院門跡へ。 『大津絵美術館』も併設されており、境内の中に無料の駐車場があります。 勅使門を入ると、すぐ右に「開運そば」のお店があり、 左折して石段を上ると、宿坊・三蜜殿があります。 鈴鳴地蔵さんの前を通って 拝観受付にて、大津絵美術館の入館料@400円(JAF割引@100円あり)を…

続きを読む

青壁に描かれたお不動さん・不動寺

大阪府豊中市の近畿三十六不動尊霊場第8番札所・大聖山 不動寺へ。 階段を上ると 大師堂と 鎮守堂 さらに上ると、本堂 外陣に入ると、正面の壁が青く塗られ、大きな不動明王様が描かれています。 脇には木像の五大明王様と十一面観音様・地蔵菩薩様・阿弥陀如来様・弘法大師様が祀られているそうなのですが、外陣からは拝見することはできません。 毎月28日のお不…

続きを読む

北向のお不動さん

京都市伏見区の近畿三十六不動尊霊場第22番札所・北向山 不動院へ。 山門は南向き。 近くに有名なハンバーグやさんがあるので、かすかにいい匂いが漂っています( *´艸`) 鐘楼 興教大師を祀る開山堂と、手水場 開山堂も本堂も、北(皇居の方)を向いています。 本堂 手前は拝堂で、奥堂とつづいています。 賽銭箱の模様 外陣に入らせて…

続きを読む

大石内蔵助ゆかりの岩屋寺

京都市山科区の近畿三十六不動尊霊場第34番札所・神遊山 金地院 岩屋寺(通称:大石寺岩屋禅寺) 境内図 納経所のところに 『本堂裏で草をとっておりますのでお電話ください』の貼り紙があり、 電話をかけてみると、すぐにお寺の女性が来て下さいました。 本堂の扉を開けて下さったので、内陣へ。 中央の須弥壇上に、ご本尊の大聖不動明王様。 像…

続きを読む

国宝大塔内に入れる根来寺

和歌山県岩出市の近畿三十六不動尊霊場第34番札所・一乗山 大伝法院 根来寺へ。 これまでの参拝は、2018年1月と、2013年9月です。 伽藍はとても広く、無料で拝観できる大門エリア・不動堂エリアと、 有料拝観の大塔エリア・光明殿エリアがあります。 まずは少し離れたところにある大門へ。 上層には釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されているそうです。 車で移動…

続きを読む

高津の北向不動尊・報恩院

大阪市中央区の近畿三十六不動尊霊場第5番・高津山 報恩院へ。 山門 手水場 山門の正面に、北向不動尊 毎月1日は、北向不動尊の前で護摩供法要が行われます。 北向不動尊の裏側には、大阪空襲で焼けたあとが痛々しい南向不動尊(もともとは北向不動尊) 本堂 お願いして、外陣に入らせていただきました。 中央に不動明王様、向かって右側に弘法…

続きを読む

くわづ不動尊・京善寺

大阪市東住吉区にあります近畿三十六不動尊霊場第4番札所・心王山 京善寺へ。 金剛力士像の写真は、うまく撮れず(^_^;) 門の内側には、狛犬が。 さらに門の横に、龍などの彫刻。 尋ねてみると、本堂を建て直した時に、残った材木で大工さんが作られたそうです。 ところが作られた方が、途中で体調を悪くされて、そのままになってしまったのだとか。 手水場 …

続きを読む

たなべ不動尊・法楽寺

大阪市東住吉区にあります近畿三十六不動尊霊場第3番札所・紫金山 小松院 法樂寺へ。 駐車場に、愛知地蔵尊と法界地蔵尊。 山門のすぐ向こうに三重塔が。 手水場 鐘楼 鐘楼と三重塔の間を進むと、樹齢八百年以上の大きな楠の前に 阿吽の狛犬と 水かけ不動尊 稲荷社 本堂へ。 中央の部屋は須…

続きを読む

紅葉の金剛寺

大阪府河内長野市の新西国霊場第7番札所・天野山 金剛寺へ。 前回の参拝は、2018年8月。 主要な伽藍が戦火にかからなかったため、5つの国宝と28の重要文化財を保有され、 境内は国の史跡の指定を受けています。 総門(重文) こちらは立入禁止になっていて、くぐることは出来ませんが、 近くまで行くことができます。 境内図 総門の隣の門から車のまま入り、…

続きを読む

紅葉の三千院

京都・大原の西国四十九薬師霊場第45番&近畿三十六不動尊霊場第16番札所・魚山 三千院へ。 このブログでも何度もお正月に行ったことを書いていますが、 実は参道だけを堪能して、お寺の中に入って参拝していないことも多々あり(^_^;) お寺の参拝をしたのは、2017年6月、2017年1月、2016年1月、2015年1月、2014年4月、2010年1月。 お正月以外は、紫陽花と石楠花の季節に行…

続きを読む

7年ぶりの薬師寺

奈良市の世界遺産・法相宗 大本山 薬師寺へ。 2012年9月に参拝して以来なので、7年ぶり! 駐車場@500円に車を停め、まずは薬師寺鎮守の休ケ岡八幡宮(重文)。 あいにく拝殿・本殿は工事中で、仮殿にて参拝。 薬師寺の南門(重文)も工事中です。 南門の横から入り、受付にて「白鳳伽藍・玄奘三蔵院伽藍」「西塔」「食堂」の全てを拝観できる共通券@1600円を購入。 …

続きを読む

五智如来様が迎えてくれる蓮華寺

京都市右京区の、近畿三十六不動尊霊場第15番札所・五智山 蓮華寺(れんげじ)へ。 仁和寺の駐車場に隣接しています。 鐘楼 木喰上人が作られたという五智如来(大日如来、阿弥陀如来、釈迦如来、薬師如来、宝生如来)石像 不動堂 石像の五智不動明王様が祀られていて、間近で拝顔させていただきました。 毎月28日は不動堂内で護摩炊きをされ、12月13日と大晦日…

続きを読む