田原の文殊さん・神積寺

兵庫県福崎町の西国四十九薬師霊場第24番札所・妙徳山 神積寺(じんしゃくじ)へ。 山門 車はもう少し先まで行って停めました。 弁財天社 弁財天と十五童子が祀られているそうです。 長寿地蔵さん 石段を上ります。 鐘楼 階段を上って、梵鐘を撞きました。 中に貼られていたポスターです。 手水場(水はありません) …

続きを読む

生駒聖天・寶山寺

日本三大聖天のひとつ、近畿三十六不動尊霊場第29番・西国愛染十七霊場第14番札所「生駒の聖天さん」こと生駒山 寶山寺へ。 前回の参拝は、2014年7月です。 一の鳥居 聖天さんを祀られているお寺なので鳥居があります。 境内図です。 惣門 惣門を入って、左手に地蔵堂 祀られているのは、子安地蔵尊・融通観音・修行大師・福徳地蔵尊・弘法大師・首から大師。 …

続きを読む

葛川息障明王院と地主神社

滋賀県大津市葛川坊村町にある明王院こと阿都山 葛川息障明王院(かつらがわそくしょうみょうおういん)へ。 近畿三十六不動尊27番、びわ湖108霊場18番札所で、比叡山無動寺の奥之院です。 駐車場に車を停め、ふと見ると・・・霜が降りています。 大阪は暖かいので油断していましたが、滋賀県は寒かった。 赤い三宝橋を渡ります。 政所表門(重文)から入り 納経…

続きを読む

広重に描かれた石薬師寺

三重県鈴鹿市にある西国四十九薬師霊場第33番札所・高富山 瑠璃光院 石薬師寺へ。 歌川広重が東海道五十三次の44番目「石薬師宿」に、このお寺の全景を描き 山下清も同じく東海道五十三次に「冬の寺」と題して、まさにここから見える景色をペン画で描いています。 手水場 本堂前の燈籠には「日光遍照」と「月光遍照」と書かれています。 …

続きを読む

丹生大師こと神宮寺

三重県多気町の西国四十九薬師霊場第35番札所・丹生山 神宮寺 成就院へ。 「ふれあいの館」の駐車場に車を停めました。 太子堂 仁王門は修復工事中でした。 再建以来400年ぶりの修復だそうです。 2019年10月20日に落慶法要が行われます。 弁天社 蔵かと思ったら、閻魔堂だったようです(^_^;) 鐘楼で鐘を撞きました。 …

続きを読む

ひのやくし法界寺

京都市伏見区の西国四十九薬師霊場第38番札所・東光山 法界寺へ。 「ひのやくし」として知られています。 庫裡にて、拝観料@500円を納めます。 鐘楼は境内の一番奥にあり、撞くことはできません。 まずは本堂の薬師堂(重文)へ。 秘仏のご本尊・薬師如来様(重文)と十二神将(重文)が祀られている内陣は全く見えませんが、ご本尊様の写真が飾られていました。…

続きを読む

石段は覚悟して上るべし・桑實寺

滋賀県近江八幡市の、西国四十九薬師霊場第46番札所・繖山 桑實寺(くわのみでら)へ。 標高433メートルの繖山(観音寺山)の中腹にあります。 「桑實寺会議所」の前に車を停めました。 安土町のマンホール 永楽通宝銭がデザインされています。 約400m、600段以上の石段を登って行きま~す! 山門 境内図 石橋を渡り 上ります。 …

続きを読む

頭の薬師・総持寺(長浜)

滋賀県長浜市にある、西国四十九薬師霊場第31番札所・医王山 総持寺へ。 境内の拝観は自由ですが、本堂内・客殿の庭園の拝観は予約制。 車で向かう途中に電話を入れましたら・・・通常は前日までに予約が必要ですが、 本日は私たちが到着する予定時間の30分前に、2名の予約があるので 少しご案内が前後しますが、良かったらどうぞとおっしゃっていただき、伺いました。 仁王門 参…

続きを読む

応挙一門の襖絵がいっぱい!大乗寺

兵庫県香美町の西国四十九薬師霊場第28番札所・亀居山 大乗寺(だいじょうじ)へ。 石垣 石垣前の庭 山門(門内から撮影) たくさんの彫刻がありました。 2対の阿吽の獅子 かわいいお猿さん 白象に乗って笛を吹く子供? 山門に食い込みそうな、樹齢約1200年のクスの巨木 まずは客殿へ。 正面から入ると…

続きを読む

城崎温泉守護の寺・温泉寺

兵庫県豊岡市の、西国四十九薬師霊場第29番札所・末代山 温泉寺へ。 参拝順序としては、逆になってしまうのですが・・・ 時間が遅かったので、ロープウェイに乗って、山頂へ向かいました。 増発便も満員。 途中に見えるのが「温泉寺駅」。まずは「山頂駅」まで乗っていくことに。 「山頂駅」で降りると、かに塚がありました。 慈母観音様 2010年に再建…

続きを読む

丹波の古刹・天寧寺

京都府福知山市の西国四十九薬師霊場第27番札所・紫金山 天寧寺へ。 山門を入ると、左側に五輪塔がずらり。 橋を渡ります。 鐘楼は撞けませんでした。 蔵が二つあり 地蔵堂 研修道場 方三間もこし付の、薬師堂へ。 格子戸から中をのぞくと・・・ 床は一見すると、瓦の四半敷き(禅宗様)に見えますが、よく見ると絨毯でした…

続きを読む

丹波の古刹・長安寺

京都府福知山市にある西国四十九薬師霊場第26番札所・医王山 長安寺へ。 駐車場のすぐ近くには、鹿よけの門扉が。 境内図です。 西国三十三所の観音像が、5~6体ずつ、円形に祀られています。 石段を上ると 地蔵菩薩様と 不動の滝石庭 不動明王様は、藁をかぶっています( *´艸`) さらに石段を上ると、山門 手水場 鐘…

続きを読む

丹波の正倉院・達身寺

兵庫県丹波市にある西国四十九薬師霊場第25番札所・十九山 達身寺(たっしんじ)へ。 苔をよく見ると 霜が降りて、なんだかとても可愛いです♡ 境内図 石段を上ると、小さな祠と 蔵があります。 茅葺き屋根の本堂(拝観料400円)へ。 拝観は9時からですが、早く着いた私たちのために、10分早く開けて下さることに(すいません)。 毛…

続きを読む

高室院(高野山)

高野山にある西国四十九薬師霊場第11番札所・高室院(たかむろいん)へ。 庫裡にて拝観を申し出ると、長い廊下を通って 本堂の鍵を開けて下さりました。 本堂の真ん中にはとても立派な須弥壇があり、 お厨子の中に秘仏の薬師如来様が祀られているそうです。 お姿の写真を置いて下さっているのが嬉しい。 左側の部屋は護摩堂になっていて不動明王様、右側の部屋には阿閦如来…

続きを読む

龍泉院(高野山)

四国別格のお礼参りを終え、高野山にある西国四十九薬師霊場第10番札所・龍泉院へ。 この門は、隣の光臺院と共通です。 帰ってからわかったのですが、光臺院には快慶作の阿弥陀三尊像が祀られているそうです。(拝観予約要) 門を入った右側に駐車場があり、とてもお若い小坊主さんが二人、お掃除をされていて 私たちが車を入れると「ご予約の方でしょうか?」と。 「いえ・・・予約していないのですが…

続きを読む

新西国三十三所結願・摩耶山天上寺

神戸市灘区の新西国三十三箇所第22番・西国愛染十七霊場第4番・摂津国八十八所第80番札所、摩耶山天上寺へ。 摩耶夫人(お釈迦様の生母)をご本尊とする日本唯一のお寺です。 掬星台駐車場@500に車を停めました。 石段を上った先に 西山門 漱水舎 龍がこんなふうに立ち上がっているのは珍しい♡ 漱水舎の向かい側に、天竺堂 インドより贈られたと…

続きを読む

兵庫大仏・能福寺

淡路島でランチを食べたあと、すぐにまた明石海峡大橋を渡って、 神戸市の新西国三十三箇所第23番札所の宝積山 能福寺へ。 正門より、車で中に入り、兵庫大仏の裏手の駐車場(4台駐車可)へ。 手水場 本年11月に完成したばかりの鐘楼 1995年1月の阪神大震災で倒壊したものが再建され、今年の年末は初の除夜の鐘がつかれるそうです。 備前藩士・瀧善三郎正信(神戸…

続きを読む

伽耶院にてヒカリモと遭遇

兵庫県三木市にある、新西国三十三箇所第26番札所の大谷山 伽耶院へ。 仁王門 ほとんどの部分が焼失してしまった仁王像。 痛々しいです。 少し先で車を停めると、川岸に露出した断層(柱状節理の岩石)がありました。 かつての大地震のあとだそうです。 山門 ここからは入らず、さらに先に進みます。 中門(二天堂) こちらから入ります。 持国天・多…

続きを読む

運慶作の仁王像がおわす多禰寺

舞鶴市の大浦半島にある、1300年の歴史を持つ京都北部最古のお寺、西国薬師四十九霊場第30番札所・醫王山 多禰寺(たねじ)へ。 舞鶴平湾に架かる美しい白い斜張橋「舞鶴クレインブリッジ」を渡っていきます♪ 山門 鐘楼門というより、山門にそのまま梵鐘が釣り下がっています。 「冥加料一打100円」と書かれているので、100円を納めて撞きました。 金剛力士像は、写真…

続きを読む

護摩焚きに参加・聖護院

京都市左京区の近畿三十六不動尊霊場第18番聖護院門跡へ。 通常は、こちらが拝観の入口となり 庭を通って本堂まで無料で拝観出来ますが、 平成30年9月15日〜11月25日は特別拝観ということで 拝観料@800円を納め、表玄関から入らせていただきました。 玄関から宸殿へ向かう途中には、2種類の輿が展示されていて 網代輿(あじろごし)の方は、皇族の方がご使用…

続きを読む