コスモスの名所・般若寺

奈良市般若寺町の西国四十九薬師霊場第3番札所・法性山 般若寺へ。 楼門(国宝) ここからは入れません。 駐車場に車を停め(通常は無料。コスモス期のみ@500円) 拝観受付にて@500円を納め、境内へ。 一歩入ると、まるでお花畑♡ 約15万本30種類のコスモスが咲き乱れています。 境内図です。 カンマン石(カンマンとは、不動明王様を象徴する梵字) …

続きを読む

比叡山スタンプラリー

滋賀県大津市の比叡山延暦寺へ。 これまでの参拝は、2012年4月、2013年1月、2015年8月、2016年7月、2017年1月で 比叡山へは、延暦寺への参拝だけではなく、ボーイスカウトで数回、登っています。 2006年2月、2007年1月、2007年2月。 新西国三十三箇所第18番札所・西国四十九薬師霊場第49番札所。 今日は『第24回 比叡山スタンプラリー』に参加です。 …

続きを読む

播磨高野・光明寺

兵庫県加東市の新西国三十三箇所28番・五峰山 光明寺へ。 駐車場からかなり急な坂を上ります。 石柱門 手水場と地蔵堂 坂の途中には、このような小さな祠がたくさん。 恐らく四国八十八か所霊場のご本尊様とお大使様でしょうね。 途中、光明寺の塔頭が4ヶ院ありますが、まずは本堂を目指します。 駐車場から約400mほど坂を上り、息を切らしていると、ようやく仁王…

続きを読む

酒見寺と住吉神社(加西市)

兵庫県加西市の新西国第29番札所・泉生山 酒見寺(さがみじ)へ。 仁王門 仁王門をくぐると金堂まで、飾り灯篭の並ぶ参道が続きます。 手水場には水がありませんでした。 参道の左側に、引聲堂(常行堂・阿弥陀堂) ご本尊の阿弥陀如来様は、毎年9月10日にご開帳されるそうです。 右側には地蔵堂 多宝塔(重文) 四天柱や来迎壁には両界諸仏が描…

続きを読む

植髪の聖徳太子を祀る斑鳩寺

兵庫県太子町にある、新西国第32番札所・西国四十九薬師霊場第23番札所の斑鳩山 斑鳩寺へ。 今から1400年以上前に、聖徳太子が建立したといわれています。 駐車場と境内の拝観は無料です。 仁王門 愛嬌のある金剛力士像 門を入ると、聖徳太子の2歳像がありました。 手水場 鐘楼 大講堂(本堂) 丈六で木造の 釈迦如来様、薬師如来様、如…

続きを読む

津市の四天王寺

大阪に住んでいる私にとって、四天王寺といえば大阪なんですが・・・ 三重県津市の西国四十九薬師霊場第34番札所・塔世山 四天王寺へ。 推古天皇の勅願により、聖徳太子が全国に建立した四つの四天王寺のうちの一つと言われています。 門を入ったすぐ右手に、お稲荷さんがあります。 こちらは何のお堂か不明。 そしてこれが山門です。 右手を見ると、鐘楼門もありました。…

続きを読む

奥河内の秘宝・金剛寺

大阪府河内長野市にある真言宗御室派の大本山で新西国霊場第7番札所の天野山 金剛寺へ。 とても広い境内の最北にある駐車場に車を停め、総門へ。 傷みが激しく、立入禁止のロープが張られていたので、門をくぐることは出来ませんでしたが、 近くから金剛力士像を拝見することはできました。 寺務所の拝観受付にて、拝観料と駐車場代@500を納めます。 拝観料は、本坊(庭園・宝物館)が400円…

続きを読む

聖徳太子御廟所・叡福寺

大阪府太子町の新西国霊場・客番 磯長山 叡福寺へ。 駐車場も拝観も無料です。 南大門 こちらの金剛力士像は、ちょっと細身です。 南大門をくぐると、静かな広々とした境内が広がっています。 手水場は、憩いの場になっていました(〃▽〃) 金堂 ご本尊は如意輪観世音菩薩様で、脇侍は不動産明王様と愛染明王様。 ネット情報なので…

続きを読む

西国三十三所(三)・番外札所 花山院

兵庫県三田市にある西国三十三所・番外札所 花山院菩提寺へ。 西国四十九薬師霊場第21番札所でもあります。 これまでの参拝は、2011年5月と、2017年5月です。 西国三十三所観音霊場は、718年に徳道上人により開創され、 約300年後、花山法皇が世に広めたといわれており こちらの花山院は、花山法皇が崩御されるまで住んでおられたということで、番外寺院となっています。 拝観受付…

続きを読む

親切な檀家さんがいっぱい・金剛城寺

兵庫県福崎町の七種山 金剛城寺へ。 新西国三十三霊場の第30番札所です。 午前9時から拝観できるお寺が多い中で、こちらは午前8時からOKです(午後4時まで)。 駐車場も拝観料も無料で、パンフレットは1部100円で販売されています。 597年に約4kmほど離れた七種の滝の近くに「滋岡寺(しげおかじ)」という寺号で創建されました。 その後 寺号を「金剛城寺」と改め、江戸時代には…

続きを読む

新京極のお寺・誓願寺

京都市中京区新京極にある新西国霊場第15番札所誓願寺へ。 なんと新京極六角公園の真ん前です。 門扉 手水場 鐘楼(撞けません) 本堂へ こんなところにっ!?と、驚くほど(ごめんなさい)、大きな丈六の阿弥陀如来様。 もとは石清水八幡宮に安置されていましたが、明治2年の神仏分離により、こちらに移安されたそうです。 お寺の宝物としては、木造毘…

続きを読む

鹿に乗ったお大師様・立木観音

滋賀県大津市の立木山寺こと立木山 安養寺へ。 新西国三十三箇所の20番札所です。 瀬田川沿いにある無料駐車場に駐車しました。 参道を少し登ると、手水場があります。 すごい石です。 ここから約800段の石段を登りま~す! まずは修行大師様がお出迎えして下さいます。 途中には、水掛地蔵さんも。 あと少し。 右側の建物は…

続きを読む

十二神将と再会・新薬師寺

十二神将様に会いたくて、奈良市の日輪山 新薬師寺へ。 ちょうど1年前に参拝しているので、ほとんど同じような写真で、すみません(^_^;) 南門(重文) 門の手前で、拝観料600円を納めます。 ご朱印をいただく場合は、ここで先に代金をお支払いし、引き換え札を預かり 本堂内で、引き換え札を渡して、ご朱印を書いていただくことになります。 会計を1本化して、とても合理的なやり方だなぁ…

続きを読む

国宝の宝庫・浄瑠璃寺

木津川市の西国四十九薬師霊場第37番札所・小田原山 浄瑠璃寺へ。 前回の訪問は、2014年11月です。 山門を入って、すぐ左手に鐘楼があります(撞けません) そのまま左に進むと、三重塔(国宝)があります。 薬師如来様(重文)が祀られていて、毎月8日(好天日のみ)にご開帳されます。 このあたりは、つつじがきれいでした。 三重塔から見た本堂。 …

続きを読む

日本最古のお寺・飛鳥寺

奈良県明日香村の新西国第9番霊場・鳥形山 安居院 飛鳥寺へ。 蘇我馬子の発願により、西暦600年前後に建てられたという日本最古のお寺です。 手水場はなく、飲料水が飲めるところと、ポストがありました! 境内は無料です(駐車場は500円) 池の前には、水掛け石像が3体並んでいます。 立て看板の説明によると、右から 弘法大師様(1回かけて 交通安全 子ども安全 学業成就…

続きを読む

聖徳太子生誕の地・橘寺

奈良県明日香村にある新西国三十三霊場第10番・仏頭山上宮皇院 橘寺(別名・菩提寺)へ。 お寺の創建は不明ですが、572年に聖徳太子様が生誕された場所だそうです。 駐車場のある西門から入りました。 手水場 掲示されている境内図には、当初の建物の配置も重ねて表示されていました。 当初は、東を正面として、中門・塔・金堂・講堂が一直線に並ぶ、四天王寺式だったようです。 …

続きを読む

おかめの寺・千本釈迦堂

京都市上京区にあります新西国第16番・瑞応山 大報恩寺(通称・千本釈迦堂)へ。 境内は無料なのですが、本堂内と霊宝館は拝観料600円が必要です(境内の駐車場も無料)。 国宝の本堂は、1227年に創建された当時そのまま。 側面の出入口から外陣へ。 シンプルなお堂の真ん中に、須弥壇・厨子・天蓋がとても豪華で際立っています。 ご本尊は秘仏で、快慶の弟子である行快の作・…

続きを読む

歴代赤穂藩主の菩提寺・花岳寺

兵庫県赤穂市の台雲山 花岳寺(かがくじ)へ。 新西国第31番・瀬戸内観音第7番霊場です。 車のまま、山門をくぐり、境内の一番奥に駐車します。 山門は、もと赤穂城の塩屋惣門。 手水場 右端に水琴窟があり、そこに水をかけると、涼やかないい音が響きました♪ 鳴らずの鐘 二代目大石名残の松 まずは釈迦如来様が祀られている本堂へ。 外陣…

続きを読む

瑠璃寺の奥之院は、まるっきり登山!

兵庫県佐用町にあります船越山 南光坊 瑠璃寺(るりじ)へ。 新西国第三十三番霊場・播磨西国四十一番霊場。 仁王門 さらに車で山の方へ進むと、モンキーパークと共通の駐車場があり、そこに駐車します。 (瑠璃寺の参拝者は無料、モンキーパークに入場する人は有料) 「のぞみ橋」を渡って まずは本坊へ 本坊内には、弘法大師様が祀られています。 『地…

続きを読む

高槻観音こと安岡寺

新西国霊場客番&近畿三十六不動尊霊場第12番札所の高槻市にある南山高槻観音 安岡寺(あんこうじ)へ。 裏参道の西門から行けば、車で境内まで行けるのですが、私たちは表門から行きました。 阿吽の金剛力士像 表参道には、墓所と竹林が広がっています。 石段を登り、手水場へ。 鐘楼は、一打100円です。 まずは本堂へ。 ご本尊様は、秘仏の如意輪観音…

続きを読む